「斎藤裕のダイレクトリマッチが正しい筋」大晦日RIZINで朝倉未来と斎藤裕が再戦!勝敗に関わらずフェザー級挑戦者は斎藤に決定?!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、RIZINが12月31日に開催するさいたまスーパーアリーナ大会『Yogibo presents RIZIN.33』に関する記者会見を実施し、斎藤裕vs朝倉未来のカードが発表された。

 斎藤と未来は昨年11月の大阪城ホール大会にて初代RIZINフェザー級王者決定戦を行い、判定3-0で斎藤が勝利し王座を戴冠。未来によるリマッチが期待され続けていたが、斎藤は今年10月のぴあアリーナMM大会で牛久絢太郎を迎え撃った際に流血によるドクターストップという不完全燃焼の形で敗れ王座陥落。
 牛久は今月12日にホームのDEEPでフェザー級タイトルマッチが組まれていることから大晦日RIZINへの参戦は考えにくく、タイトル挑戦の最有力候補たる2人がどのようなカードを組まれるのかに注目が集まっていたが、まさかの直接対決という形となった。

 会見に出席した未来は「大晦日は格闘技が一番盛り上がる日だと思うんで、盛り上げるために出場を決めました。斎藤選手とは1年越しなんですが、どちらも強くなってて、すごく勝負論のある試合になると思いますんで楽しみにしといてください」と淡々と語る。
 対する斎藤も「色んな事情がある中でRIZINだったり、ファンの方たち、僕と朝倉選手の試合を望むのであれば、それが盛り上がるのであればやる意味があると思いますし、1年前にやってますけど、今回全く違う展開になると個人的には思っていて。そういう意味でも盛り上がるなと思ったんで、出場することを決めました」と淡々と話すなど静かな立ち上がり。

 怪我の具合を聞かれた未来が「えっ、怪我ですか?怪我なんてありましたっけ?僕のことより斎藤選手の眉毛の傷が開かないか聞いてください」と挑発して心理戦を仕掛けるも、斎藤は「傷は見て分かると思うんですけど傷跡が残ってます。けど、開いたらしょうがないと思いますし、練習でも開く可能性ありますけど、それも込みでやるって言ったんで問題ないです」と冷静に流した。

 このカードについて、榊原信行CEOは、未来のカードについて「11月の早い段階でクレベル選手(クレベル・コイケ)との和解に向けて話をした時点では『クレベルで大晦日お願いします』ということでクレベル選手にオファーをして、クレベル選手からの返事が……和解したはずなのにいただけなくて。やるともやらないとも無い状態で、我々も難しいのかなあというところで斎藤選手と」と斎藤戦が決まるまでの経緯を明かした。

 そして未来vs斎藤の勝者が次期タイトル挑戦者になるのかを問われると、「ここまでの斎藤選手と現王者のクレベル選手のことも含め、僕らが斎藤選手にだいぶ無理させて10月の横浜でああいう結果なんで。12日の牛久選手がDEEPの試合でどういう形で、その勝った負けたはいいんですけど怪我の状況下にもよると思うんですけど、タイトル戦としては斎藤裕のダイレクトリマッチが正しい筋。斎藤選手にそういう機会を作ってあげるべきという前回の試合の状況、試合内容だったかなと思ってます」と斎藤の前王者としての貢献を買う形で斎藤のリマッチを推した。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る