FMW対大日本の対抗戦第1ラウンドは大日本軍が先勝!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 FMW-Eが24日、神奈川・鶴見爆破アリーナ=鶴見青果市場)で第4戦「SKY HIGH」を開催。セミファイナルで行われたFMWと大日本プロレスの対抗戦は大日本軍が先勝した。

 FMW軍からは雷神矢口、リッキー・フジ、ザ・シューターが、大日本軍からは神谷英慶、星野勘九郎、兵頭彰が出陣し、「エニウェア電流爆破バットデスマッチ」で激突した。

 この試合形式は会場内のどこでも電流爆破バットでの攻撃が可能な前代未聞のルール。のっけから場外での大乱闘となり、矢口が星野を爆破バットで一撃。前半はFMW軍が優位に進めたが、神谷がシューターにブレーンバスターを見舞うと、兵頭、星野が立て続けにセントーンを放った。そして、神谷が爆破バット攻撃でシューターをぶっ叩いて3カウントを奪った。

 神谷は「FMW、全面対抗戦だ。大日本がオマエらをぶっ潰してやる」とマイク。バックステージに戻っても、神谷は「大日本はリング上でウソはつかない。大仁田に言っとけ。全面対抗戦スタートだ」と息巻いた。控室で大日本軍と鉢合わせしたFMWの矢口、リッキーは「(グレート)小鹿に言っとけ。勝負してやるよ」と口を揃えた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る