ゲーオが4.19K-1代々木大会を欠場のため、野杁の対戦相手がオランダの名門Mike’s Gymのマサロ・グランダーに変更

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

4月19日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催する『K-1 WORLD GP 2015 〜-55kg初代王座決定トーナメント〜』に出場予定だったゲーオ・フェアテックス(タイ/FAIRTEX)が負傷欠場することになったため、変更となった野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)の対戦相手が、マサロ・グランダー(オランダ/Mike’s Gym)に決定したことが発表された。
これにより、プレリミナリーファイト4試合を含む全16カードが決定。試合順は近日発表される。

“オランダの黒豹”
マサロ・グランダー Massaro Glunder
生年月日/1994年8月15日(20歳)
出身地/オランダ・アムステルダム
身長/173cm
所属/Mike’s Gym
通算戦績/18戦16勝(8KO)2敗
主な獲得タイトル/King of Kings -65kg級王者
バダ・ハリやメルヴィン・マヌーフを輩出した、オランダの名門「Mike’s Gym」に所属する20歳の新鋭ファイター。黒人選手特有の身体のバネから繰り出す破壊力抜群のパンチを武器に、現在は「King of Kings」の王座を保持している。野杁には「Krush.51」2.6後楽園大会で同門のイリアス・ブライドが敗れていることもあり、急遽舞い込んだ野杁との対戦に燃えているようだ。なお、グランダーの父はかつてリングス・オランダで活躍し、PRIDE武士道にも出場経験があるロドニー・ファベイラス(ロドニー・グランダー)で、オランダの二世ファイターがK-1のリングに立つことになった。

マサロ・グランダー「チャンスはいつどこに転がっているか分からない。だから俺はいつだって試合できる状態で準備しているし、小さなチャンスでも、きちんと捕まえればこうして大きなチャンスにつながるんだ。K-1は誰もが夢見る場所で、それは俺にとっても同じだ。マイク会長やMike’s Gymの先輩たちからは色々とアドバイスをもらったったけど、一番は“K-1という大舞台での試合を楽しんでこい”ってことだった。俺の全てはMike’s Gymから始まり、Mike’s Gymのファイトスタイルが俺のルーツだ。日本のファンには、それを見せたいと思う。ノイリは経験豊富でとても良い選手だし、そして強い。だが、バダ(・ハリ)がいつも言っているように、相手を絶対に甘く見てはいけないし、決して過大評価もしない。ノイリは日本でモンスターと呼ばれているそうだが、俺もノイリも同じ人間だ。当日は日本のファンが望むような激しい試合を見せる」

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る