アイドルを盾にしたクロちゃんの顔面を大仁田厚が電流爆破!クロニタ軍団を結成し“プロレスラー”クロちゃん第二章スタート!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、神奈川・富士通スタジアム川崎(旧:川崎球場)にて『WRESTLE PETER PAN 2021』が開催。第0試合では『電流爆破マッチ』大仁田厚&高木三四郎&彰人&伊藤麻希vsクロちゃん&スーパー・ササダンゴ・マシン&黒田哲広&乃蒼ヒカリが行われた。

 大仁田厚がFMWの聖地として電流爆破を行ってきた川崎球場。DDT初進出となる同会場で、昨年から因縁を深めている大仁田厚と安田大サーカス・クロちゃんが電流爆破最終決戦を行う事となった。

 としまえん、スカイツリーでの爆破マッチを経て1勝1敗のイーブンとなっている2人。
 クロちゃんは黒田の背中に隠れながら入場するが、大仁田に襲われると「何だよお前来いよ弱虫!お前の人工関節俺のヒザ舐めで溶かしてやるからな!」と開き直って大仁田のヒザに食らいついていく。
 大仁田は意に介さずに有刺鉄線電流爆破バットを手に持つと、クロちゃんは味方であるはずのヒカリを羽交い締めにして盾に。女性を盾にする行動に躊躇した大仁田を、ササダンゴが背後から羽交い締めにしてクロちゃんがササダンゴごと大仁田を電流爆破!

 リングに倒れた大仁田を三四郎が助けに入るが、ヒカリが三四郎の頭にイスを叩き込み、さらに「ころすぞー!」と叫ぶと電流爆破バットで三四郎を爆破!
 そのヒカリへ電流爆破バットを手に持ち伊藤が向かい合い、お互いフルスイングするとバットが交差した瞬間大爆発が起き両者吹っ飛ぶ!

 リングに戻ったクロちゃんが「涙のカリスマ!負けても泣くなよ!」と挑発していくと、大仁田は電流爆破バットを手に持つ。だがクロちゃんがスキを突き大仁田の顔面にイスを叩き込もうとするも、伊藤がクロちゃんの背後から急所攻撃を叩き込み、股間を押さえてヒザをついたクロちゃんが大仁田を見上げながらイスで顔面をガードするも、大仁田は容赦なくイスごとクロちゃんの顔面を爆破し勝利した。

 火傷したクロちゃんの頭に大仁田は水をかけながら「悪いけどコイツ、レスラーの素質があるよ!だからプロレスラーになれ。お笑い辞めろ」と要求。
 DDTの社長である三四郎も「大仁田さんに育ててもらうなんて中々無いぞ!」と後押しするが、クロちゃんは「いや誰も育って無いじゃんコイツの!マジで!全員体壊して辞めてんだよ!」と暴言を吐きながら拒否。
 大仁田はクロちゃんの頭をはたきながら「ちょっと案を考えてある」と『「クロニタ軍団」「ニタクロ軍団」』と書かれたパネルを取り出し、試合を行った8人でクロニタ軍団を結成することに。
 松竹芸能のマネージャーもこれにOKを出し、クロちゃんのプロレス正式参戦が決定する。引き返せないとわかったクロちゃんは「だったら見とけよ、この最高の8人で末広がり、幸せを届けるからな!クロニタ軍団!覚えとけよー!第二章の始まりじゃー!」と叫びクロニタ軍団でポーズをきめた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る