初代タイガーマスク40周年記念大会でジャガー横田&伊藤薫が対戦相手の雪妃真矢&安納サオリに試練!「『伊藤薫の攻撃に負けない体を持っているか』が試される」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、都内某所にて4月22日に後楽園ホールにて開催される『ストロングスタイルプロレスVol.10 ~初代タイガーマスク40周年記念大会第1弾~』についての記者会見が行われた。

 初代タイガーマスク率いるストロングスタイルプロレスでは、旗揚げ15周年を迎えた昨年から新たな試みとして女子プロレスの試合を大会に組み込んでおり、昨年3月に初の女子マッチを開催して以降すべての大会で女子によるストロングスタイルの試合が行われている。
 今大会では、ジャガー横田&伊藤薫vs雪妃真矢&安納サオリのタッグマッチが実施。3大会連続出場のジャガーのパートナーを務めるのは、今月18日のカルッツかわさき大会でディアナを離れてフリーとなる伊藤。ジャガーは雪妃&安納を「すごくいい選手で人気も最高。まだまだこれからの選手」と評価しており、前回大会に引き続きの参戦となった。

 ストロングスタイルプロレス初参戦となる伊藤は「この22日というのは私にとってフリー第1戦となります。その大事な試合で“ストロングスタイル”という自分の闘い方にぴったりな団体さんに上がらせていただくことを非常に感謝しているので、その名前の通りストロングスタイルを前面に出して闘っていきたいと思います」と意気込んだ。

 全日本女子プロレス時代からコーチとして伊藤を見てきたジャガーは「フリーとしての第1戦で組むってことは師匠としても本当に嬉しい限りで、今後のフリーとしての闘いにエールを贈るという気持ちを込めて一緒に組むつもりです。彼女は私の教え子でしたが、彼女も教え子を持つほどに成長しておりますので、安心して見られる教え子の1人ですから」と伊藤を評価しつつ、「彼女はなんせ身体が大きいので、彼女と闘って壊れてしまうレスラーも少なくないんですね。なので、まずは勝つ・負けるだけじゃなくて、雪妃&安納がこの伊藤薫の攻撃に耐えられる体を持っているかというのも私は楽しみだと思っています。やっぱり誰にも負けない体を持つってことがレスラーとして1番最高なことだと思いますので」と、期待をかける2選手に試練を課した。

 これに対し、安納は「私は怪我というものを、自分はありがたいことにしたことが今まで無いので、変わらず同じ気持ちで柔軟性を持って挑んでいきたいと思います。あまり気にしていません!(笑)」と自信に裏打ちされた余裕の笑みを見せ、雪妃は「自分が試合で怪我をすることへの不安を持っていた時期もありました。試合中に奥歯が砕けたりとか、今でもそういうこともありますけど、そういうことを怖いとも思わないですし、『怪我したらどうしよう』なんて不安を持ってリングに上がることは今は絶対にないので、そういった意味では不安はないですね。大丈夫です!」とデビュー1年目から幾度も骨折を重ねたことで怪我の恐怖を知った上でもなお立ち向かう姿勢を見せた。

『ストロングスタイルプロレスVol.10 ~初代タイガーマスク40周年記念大会第1弾~』
日程:2021年4月22日(木)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼女子スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
ジャガー横田(ワールド女子プロレス ディアナ)/伊藤薫(フリー)
vs
雪妃真矢(アイスリボン)/安納サオリ(フリー)

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る