【#プロレス今日は何の日】1994年2・24 日本武道館 橋本真也vs獣神サンダーライガー

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】
1994年2月24日 日本武道館
橋本真也vs獣神サンダーライガー!

新日本プロレスファン感謝デーともいえる「THANKS WRESTLING DAY BRUSH UP」メインイベント!この時ヘビーとジュニアの王者同士!いわば無差別級王座決定戦!
で、レフリーは小鉄さん!

「無差別級」という言葉すらある種のレガシーかと思わせるほど、ヘビーvsジュニア戦、ヘビー級王者vsジュニア王者戦が実現している昨今、我々世代が必ず取っていいほど掘り起こすこの一戦!
対ヘビー級コスチュームで露わになったライガーの肉体!「どこがジュニアやねん!」と思わず叫んでしまう筋骨隆々のそのボディ!

力にハートを乗せてガンガン行くライガーに、手加減無しにガンガン返す橋本の攻防にもう武道館揺れっぱなし!
獣神マスク越しに飛び出してくるリバプールタイフーン!
体重差あろうが追い込まれ追い込み返す橋本!
これはホントに興奮したなぁ~!

なんとライガーボムをドカン!と決めるライガー!
橋本に雪崩式フランケンシュタイナーなんてライガーが世界初だって、きっと!
そしてジャーマンでもぶん投げます!

橋本は水面蹴りでペースチェンジし後頭部へハイキック!
決着は説得力抜群の垂直落下式DDT!
まさにズドーンとリングに突き刺さったライガー、ここまで来たら立てず!初披露の時だったか試合後に「ステップがDDTなんだよ」と言っていた橋本、「飛び落とす投げ方」がそうなのか、叶うなら聞いてみたかった!

試合後、互いにIWGPヘビー、IWGPジュニアのベルトも持って握手する、イイシーンだなあ~。

■橋本真也のコメント
さすがにヘビー級に挑戦したいというライガーの自信がわかったような気がする。一番びっくりしたのがライガーの目線がヘビー級と戦うんじゃなくて、本当に勝負を挑んできてる目線だったんで、こりゃイカンと思った。やっぱりあのヒザ攻めてきたのがね、普段考えてて勝負に来たなって思ったよ。浴びせ蹴りがイマイチだった。俺も見えたし、決定打は食わなかったね。でも、よくライガーボムで持ち上げたな。最後に使ったのはDDTだよ。あれを使うとは思わなかった。俺も怖かったからだね。」

■獣神サンダーライガーのコメント
「スピードアップを図って軽量化したコスチュームにしたけど、向かい合うとレスリングをやってしますね。ヘビー級の技は後から効いてくる。さすがIWGP王者だね。だけど遠い存在じゃないよ。あれだけ技をきれいに決めたのにはね返されてしまう。DDTは警戒したけど、最後の技にはビックリしました。橋本は強くなってる。やはり場数でしょうね、僕としてはもっと大きい人間と当ててほしい。マッチメイクですよ。シリーズの最後にヘビー級と一試合組まれるんじゃなくて、いつもヘビー級と当たるようなカードにしてほしいんです。僕は一生涯ジュニアですが、誰が来ても構わない。常日頃からヘビー級と当ててほしいんです。このコスチュームは対ヘビー級用で、またいつもので戦います。」

それにしてもこんなに表情見えるマスクマンいませんわ~!勝ち負け越えてライガーあっぱれ!!
ジュニアの枠超える闘い、『もしもライガーに…』は無しですな( ̄▽ ̄)

なお、この日は他にもヤングライオンみんながセコンドについた「安田忠夫デビュー戦」や、つい先日引退されました飯塚高史選手がセミファイナルにパワーウォリアー&JJジャックスのトリオで出撃し藤波・長州・木戸トリオと対戦しておりました(結果は藤波が野上をドラゴンスリーパー葬)!

さて、そのライガーは引退ロードのさなかの2019年10月に行った鈴木みのるとの最後のシングルマッチでは再び対ヘビー級仕様のバトルライガーで登場!その際にも引退直前とは思えぬビルドアップされた身体を披露しました!
そして昨年1月5日に最後の試合を終えたライガーは、現役生活31年間で一番記憶に残っている試合を問われ「やはり、グレート・ムタ、橋本真也、そして鈴木みのる。この3人との試合は忘れません」と語っています。そして、会場でそのコメントの模様を見守っていた橋本真也の息子・橋本大地を「大地!なにやってんだ、来いや前に!お前の親父の話もしたんだよ、お前が見えたから」と呼び込みマスク越しにも伝わる満面の笑みで握手を交わし、記念撮影をしておりました。
もう~、我々そのシーンだけで呑めちゃうや~ん!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る