YOSHI-HASHIがNEVER6人タッグ王座を防衛し後藤洋央紀とともにIWGPタッグ王座へ挑戦表明!王者G.o.Dの答えはバックステージでの襲撃!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11日、広島県・広島サンプラザにて『THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA』が行われ、NEVER6人タッグ王座を防衛したYOSHI-HASHIが後藤洋央紀とのタッグでIWGPタッグ王座への挑戦を宣言した。

 石井智宏&後藤洋央紀&YOSHI-HASHIは昨年8月にNEVER6人タッグ王座を戴冠し、その絆の力で盤石の防衛ロードを歩んできたが、今月1日に長らく姿を消していたジェイ・ホワイトが電撃帰還し、IWGPタッグ王者の“G.o.D”タマ・トンガ&タンガ・ロアとともに6人タッグ王座への挑戦を宣言。
 石井は電撃帰還を果たしたジェイの奇襲で試合後にKOされる屈辱を、YOSHI-HASHIはジェイとG.o.Dからいたぶるような必殺技フルコースを食らってTKO負けを喫する屈辱を、後藤はジェイの策略にはまり解説席から乱入したことで会社から厳重注意を受ける屈辱を味わっており、決戦の日となったこの日は全員怒りの形相で登場。

 序盤こそCHAOSの面々は流れるような連携で優位に試合を進めていくが、ジェイの挑発や外道の暗躍で流れを乱されG.o.Dの連携の餌食になっていく。中盤から長らくYOSHI-HASHIが捕まり続けるが、石井がジェイを食い止め、後藤は献身的なアシストでYOSHI-HASHIをサポートすることでなんとか流れを引き戻す。
 終盤にはYOSHI-HASHIが後藤とともにGYRや牛殺し+トラースキックの連携を決めていき、BULLET CLUBのスーパーパワーボムも阻止。YOSHI-HASHIは邪道の竹刀攻撃にも折れずに立ち上がり、ロアのエイプシットを切り返しての緊箍児で電光石火のカウント3を奪った。

 マイクを取ったYOSHI-HASHIは「オイ!ちょっと待てよ!NEVERのベルト、今日俺たちが防衛できたからな。次!お前のオイ、持ってるIWGP、ヘビータッグのベルト、俺と後藤さんで挑戦させろコノヤロー!オイ、待ってろよテメーら。そのベルト、俺達がいただいてやるから」とG.o.Dに宣戦布告。
 会場ではなにも言い返すことのなかったG.o.Dだが、バックステージでコメントを出していたYOSHI-HASHIをジェイとともに襲撃。不意を突かれたCHAOSの面々は為す術もなくやられてしまう。
ロアは倒れ伏すYOSHI-HASHIを見下ろしながら「YOSHI-HASHI、家でちゃんとこのビデオを見るんだぞ。オーサカでベルトに挑戦させてやろうじゃねえか!でも本来、お前らは挑戦する価値もなければ権利もない!チャンピオンの俺たちが、挑戦者として指名してやってんだよ!わかったな!」と吐き捨てて去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る