レフェリー2人が失神!疑惑のスーパーキックで王座奪取のエル・ファンタズモが「三沢光晴、川田利明、KENTA、柴田勝頼と並ぶ偉大なストライカーのリストに俺の名が加わった」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・大田区総合体育館にて新日本プロレス『Road to THE NEW BEGINNING』が行われ、エル・ファンタズモ&石森太二がIWGPジュニアタッグ王座の奪取を果たした。

 IWGPジュニアタッグ王座はエル・デスペラード&金丸義信が保有していたが、6日のTDCホールでファンタズモが金丸をスーパーキック一発でKOして勝利し挑戦を表明。金丸はあまりにも強すぎるスーパーキックの威力からファンタズモの靴に何かが仕込まれているのではないかと疑惑の目を向けていたが、ファンタズモはのらりくらりと追及をかわし続け、決戦当日を迎えた。

 金丸はゴングと同時にファンタズモの足を刈ってリングシューズ狩りに出るが、レガースや頑丈で多重に結ばれた靴紐に苦戦して正体を暴くには至らず。石森とファンタズモは軽快なタッチ回しで金丸の背中を引っ掻いていき、コーナーに宙吊りにした金丸の股間を踏みつけながら陽気にポーズを決める。
 怒りのデスペラードは石森の足に狙いを定めてマフラーホールドで絞り上げるが、石森もYes Lockで切り返して対抗。足攻めの攻防で石森の機動力を削ぎ、金丸に試合を託す。
 ファンタズモは金丸にスーパーキックを放つが、これがレッドシューズ海野レフェリーに誤爆し、失神した海野レフェリーが搬送されてリング上は無法地帯に。ベルトや角瓶などによる凶器攻撃が飛び交うリング上に2人目のレフェリーとしてマーティー浅見が登場するが、またもファンタズモのスーパーキックがヒットして失神。
3人目のレフェリーである佐藤健太がやって来てリング上の凶器を片付け始めるが、金丸はファンタズモにベルトを投げ渡し、まるでベルト頭を殴られたように悲鳴を上げて転がり回ってレフェリーの気を引き、ムーンサルトプレス、垂直落下式ブレーンバスターと猛攻。さらにディープインパクトを発射するが、ファンタズモは股間への正拳突きで迎え撃つと、スーパーキックを叩き込んでカウント3。

 マイクを取ったファンタズモは「俺のこの右足から繰り出されるスーパーキックを見たか?プロレス界最強のキックだ!お前らスーパーキックは見飽きてると思うが、俺のスーパーキックはお前らが見てきたどのスーパーキックより強い。これで俺は“エリート・アスリート”の一員。三沢光晴、川田利明、KENTA、柴田勝頼と並ぶ偉大なストライカーたちのリストにこのエル・ファンタズモが加わった!」とベルトを掲げて勝ち誇った。

 『We Are The Champions』を歌いながらご機嫌な様子でバックステージに戻ったファンタズモは、靴紐を解いて中を見せ「靴の中にあるのはこの赤いソックスだけだ」と潔白を主張。
 そして石森は「お前らな、ファンタズモのスーパーキックがどうのこうのとか言い訳が多すぎるんだよ! これが実力の差だ。俺ら二人に敵う奴なんていねえと思うよ。さあ、バレットのジュニアジャックの始まりだ」と高笑いして去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

月別

ページ上部へ戻る