【試合詳細】12・16 スターダム後楽園ホール大会 林下詩美&ジュリアvs渡辺桃&朱里【アーティスト】ビー・プレストリー&刀羅ナツコ&鹿島沙希vs中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカ 舞華&ひめかvs上谷沙弥&里歩 岩谷麻優vs飯田沙耶

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Road to OSAKA DREAM CINDERELLA』
日程:2020年12月16日(水)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:(471人/コロナ対策限定人数)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[STARS]○スターライト・キッド
6分40秒 旋回式フロッグスプラッシュ→片エビ固め
●レディ・C

▼3WAYバトル 15分1本勝負
[STARS]○ゴキゲンです☆
4分31秒 後方回転エビ固め
[STARS]●ルアカ
※もう1人は[大江戸隊]小波

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[STARS]○岩谷麻優
9分2秒 腕極め式逆片エビ固め
[STARS]●飯田沙耶

▼タッグマッチ 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]舞華/●ひめか
10分9秒 スター・クラッシャー→エビ固め
○上谷沙弥/里歩(AEW)

▼アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者組/大江戸隊】ビー・プレストリー/刀羅ナツコ/●鹿島沙希
18分32秒 大ふへん者斬→片エビ固め
【挑戦者組/STARS/COSMIC ANGELS】中野たむ/白川未奈(フリー)/○ウナギ・サヤカ(フリー)
※大江戸隊が初防衛に失敗。COSMIC ANGELSが第25代王者となる

▼12・20前哨戦インクレディブル・バトル 30分1本勝負
林下詩美/●ジュリア
22分41秒 バズソーキック→片エビ固め
渡辺桃/○朱里

女子プロ大賞受賞のジュリアが朱里との二冠戦を前にまさかの敗北!詩美は桃からの赤いベルト防衛に自信を見せ次世代リーダー宣言!たむ&白川&ウナギがついに王座戴冠!

オープニング


 リングアナウンサーの小坂井ゆりえさんがリング上にあがり、対戦カードと新型コロナ対策の説明を行った。

第1試合


 レディ・Cが手を伸ばし手4つを要求。キッドがジャンプしてロープに走ると、アームホイップから串刺し低空ドロップキック。
 キッドはリストをとって捻り、フォールも切り返したレディ・Cをヘッドロックで絞り上げる。
 レディ・Cは背中にエルボーを叩き込んでロープに振るとショルダータックル。受けきったキッドがロープに走りブーメランアタックで倒す。
 キッドはストンピングから正面ロープにもたれかからせると背中にドロップキック。フォールも2。

 レディ・Cはエルボーを打ち込んでいくが、キッドが強烈なエルボーで倒しストンピング。キッドはコーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、レディ・Cはショルダータックルで迎撃し河津落とし。フォールも2。

 レディ・Cはボディスラムからフォールも2。

 レディ・Cは投げようとするが、耐えたキッドがガットショット。レディ・Cはコーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、キッドは避けてスクールボーイも2。

 キッドはストンピングからロープにもたれかからせ619も、レディ・Cはキャッチ。レディ・Cはエルボーも、ガードしたキッドがリングに飛び込み改めて619からその場飛びムーンサルトを投下しフォールも2。

 キッドはロープに飛ぶが、レディ・Cはビッグブーツで迎撃し、串刺しビッグブーツからチョークスラム。フォールも2。

 レディ・Cはロープに飛ぶが、キッドがカサドーラもレディ・Cは切り返してフォールも2。
 レディ・Cは走り込むが、キッドはコードブレイカーで迎撃しフォールも2。

 キッドはライトニングスパイラルから旋回式フロッグスプラッシュを投下し3カウント。

<試合後コメント>

スターライト・キッド
「無事勝利しました!身長差がすごいあって、チョークスラムがもう……レディ・Cより上に投げられてしまってその破壊力がやばかったんですけど、そこは先輩の意地で負けられないので、最後はキッチリ3取ってやりました!このままチョークスラムを武器にしてどんどん上に登っていってほしいと思います。ありがとうございました!」

――大阪ではCOSMIC ANGELSとの試合が決まっています
「今日のCOSMIC ANGELSのアーティスト戦でベルトがかかるか、かからないかが決まるでしょうね。どっちになってもこっちは潰しに行くだけです」

第2試合


 ゴキゲンです☆が四方にアピール。これを眺めていたルアカが蹴りつけロープに振ってラリアットも、ゴキゲンです☆はその腕を巻き込み一緒にスキップ。さらにダブルで小波に殴りかかるが、避けた小波がそれぞれにエルボーからロープに飛ぶが、ルアカとゴキゲンです☆はそれぞれ腕を掴むとポーズを決める。
 さらにロープに振ってダブル攻撃を狙うが、小波は二人まとめてドロップキックで吹っ飛ばすと、ルアカにサッカーボールキック連発。キャッチしたルアカが足へのエルボーを狙うが、避けた小波がミドルキックで蹴倒しサッカーボールキックからPK。避けたルアカの足をキャッチした小波がヒールホールドも、ゴキゲンです☆がコサックキックでカットし、小波の手をキャッチするとロープ渡りからアームホイップ。

 ルアカがゴキゲンです☆を蹴りつけてロープに振るとクロスボディアタックで潰しフォールも2。
 ルアカはフィッシャーマンの体勢も、耐えたゴキゲンです☆が地獄突き連発からロープに飛ぶが、小波が場外から足を掴んで倒し、ルアカにジャンピングミドルからゴキゲンです☆にスライディングキック。コーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、避けたゴキゲンです☆が串刺し攻撃を狙う。だが小波は足を伸ばしてカット。2回めで諦めたゴキゲンです☆が、ルアカに突撃させるが小波はこれもカット。ルアカはゴキゲンです☆にビッグブーツからストンピング連打。走り込んで来た小波にもコンプリートショットからケンカキックを叩き込み、フィッシャーマンスープレックスホールドも2。

 ルアカはロープに飛ぶも小波はハイキックで迎撃し鎌固めを狙うが、カットに来たゴキゲンです☆をそのままキャッチしフィッシャーマンスープレックスホールドも2。

 小波はコーナーに登るが、ルアカがゴキゲンです☆をコーナーに叩きつける。だがゴキゲンです☆は走り込んできたルアカをコーナに叩き込み小波を落下させると、そのまま後方回転エビ固めで3カウントを奪った。

第3試合


 飯田が突撃しドロップキック連発。フォールも1で返した岩谷がコーナに振り串刺し攻撃も、避けた飯田がチョップからロープに飛ぶが、岩谷はドロップキックで迎撃し、首投げからサッカーボールキック。フォールも2。

 岩谷はキャメルクラッチでとらえるが飯田はロープに足を伸ばしブレイク。

 岩谷は低空ドロップキックから正面ロープにくくり尻へのミドルキックから背中へのドロップキック。さらに踵落としからリング内に投げ入れフォールも2。

 岩谷はエルボーで倒しストンピングからロープに飛ぶが、飯田は強引なパワースラムからボディスラムで叩きつける。
 飯田はチョップを叩き込んでコーナーに押し込みマシンガンチョップ。
 岩谷はこれを抜けるとトラースキックから首投げで倒しスライディングキックを顔面に叩き込みトラースキック。倒れない飯田に再度トラースキックからフォールも2。

 岩谷は飯田の胸に乗って潰していき、ボディスラムからコーナーに上りダイビングフットスタンプ。避けた飯田が走り込んで来た岩谷をカニバサミでコーナーに叩き込むと、フロントネックで捕らえたままコーナーに上り絞め上げていく。そのまま前転して飛び込みリバースDDTのように突き刺すと、逆エビ固めで捕らえるが岩谷はロープを掴みブレイク。

 飯田はロープに飛んで岩谷の背中にドロップキックから、投げようとするが耐えた岩谷がボディに膝蹴りからエルボー。強烈なエルボーの打ち合いから、岩谷がトラースキックを叩き込みコーナーからダイビングフットスタンプ。フォールも2。

 岩谷は投げようとするが、飯田がカサドーラで丸め込むが2。
 飯田は首固めも2。飯田は飯田橋も2。
 飯田はロープに飛ぶが、岩谷はラリアットを巻き込んでアームロックで絞り上げるとそのままグラウンドに持ち込み逆片エビ固め。これで飯田はギブアップ。

<試合後コメント>

岩谷麻優&飯田沙耶
岩谷「今日、飯田沙耶とのシングル……今回はもっと自分が先輩らしく、余裕で生けるかなと思ったんですけど、なぜか今年一番疲れました!飯田と初めてシングルマッチしたんですけど、もうガタイもすごいし、ちっちゃいのにスピードもあるしスタミナもあるし、すごいっすね……」
(ここで飯田がよろよろとコメント会場に現れ、隣に座る)
岩谷「おっ!飯田!飯田!」
飯田「ありがとうございました!」
岩谷「思ったより成長しすぎでしょ!」
飯田「麻優さんはやっぱり分厚い高い壁だと実感しました。今までセコンドで麻優さんの試合を見ることが多くて、一緒に組んでもすごいのは分かってたんですけど、1vs1で麻優さんと闘ったことで、麻優さんのすごさ、強さを改めて体感することが出来ました」
岩谷「飯田のチョップ、やばいね。喉から血の味がする……」
飯田「すみません……(笑)」
岩谷「喉がやられたぁ~!流石センパイ!」
飯田「すません……すません……」
岩谷「でも!STARSの仲間としてこんなに力強いパワーのある選手が揃って来てるのはすごい嬉しいことなので、大阪、フューチャー、マジで頑張って欲しいですね。STARSにベルトを持ってきてほしいです!」
飯田「がんばります!」
岩谷「オッシャー!」
飯田「オッシャー!」
(2人でドラミング)

第4試合



 先発は舞華と上谷。舞華が髪を掴んで挑発しビンタ。上谷も髪を掴み返してビンタ。舞華がタックルで倒しマウントエルボー連打も、上谷も切り返してマウントエルボー連打。お互い切り返しあいマウントエルボー連打も上谷がレフェリーに注意されると一度距離を取り走り込むが、舞華はショルダータックルで迎撃しひめかにタッチ。

 ひめかは上谷をコーナーに振り、舞華が串刺しエルボーからひめかが串刺しボディスプラッシュ。再度舞華が串刺しエルボーからひめかが串刺しボディスプラッシュを叩き込みフォールも2
 ひめかは逆エビ固めで捕らえるが上谷はロープを掴みブレイク。
 ひめかは背中へのランニングニーからフォールも2。
 ひめかは担ぐが着地した上谷に膝蹴りからロープに飛ぶも、上谷は追走して側転ドロップキック。上谷は里歩にタッチ。

 里歩はジャンピングニーからコルバタで投げ捨て619。フォールも2。
 里歩は投げようとするが、耐えたひめかがエルボーからロープに飛ぶが、里歩がドロップキックからロープに飛ぶもひめかはショルダータックルで迎撃しランニングニー。フォールも2。
 ひめかは舞華にタッチ。

 舞華は腰投げ連発から巴投げ。さらに大外刈りからフォールも2。

 舞華はロープに飛ぶが、里歩はカサドーラフットスタンプ。里歩はコーナーに登りダイビングフットスタンプからフォールも2。
 里歩は上谷にタッチ。

 上谷はローキック連発でロープに押し込みエルボー連打。ロープに振ろうとした舞華にエルボーからロープに振ってドロップキック。フォールも2。
 上谷はロープに飛ぶが、ひめかが追走ニーから舞華がスリーパー。上谷はロープに足を伸ばしブレイク。
 舞華はロープに飛ぶが、上谷はドロップキックで迎撃しダイビングクロスボディアタック。再度コーナーに上るが、ひめかが足を掴んで動きを止めると舞華がエルボーから正面に登り雪崩式ブレーンバスター。さらにブレーンバスターからフォールも里歩がカット。
 ひめかと舞華がダブルのチョークスラムから舞華がスライディングラリアット。フォールも2。
 舞華は担ぐが着地した上谷がスクールボーイも2。
 上谷は二段蹴りからフィッシャーマンの体勢も、舞華が切り返してショートレンジラリアットも巻き込んだ上谷がノーザンライトスープレックスホールドもひめかがカット。

 里歩と上谷がダブルのドロップキックから上谷がニールキックを叩き込み、スター・クラッシャーで叩きつけて3カウント。

 試合後、上谷はフューチャーのベルトを舞華の目の前で掲げ、20日の決戦に向けて挑発した。

<試合後コメント>

上谷沙弥
「舞華から自分の手で3カウント獲ることが出来ました。この調子のまま、12月20日、エディオン第1、私がフューチャーのベルトを必ずこの手で舞華から3取って必ず巻きます!」

第5試合


 大江戸隊がガウンも脱がずに奇襲し場外乱闘で試合開始。

 リングに鹿島と白川が戻り、鹿島がストンピングから正面ロープにくくるとナツコ&ビーとともに顔面を踏みつける。
 鹿島とナツコは白川をロープに振り、ナツコがガットショットから鹿島がフェイスバスター。ナツコがセントーンから鹿島がギロチンドロップを投下しフォールも2。
 鹿島はチョーク攻撃も、レフェリーから注意されるとヘアーホイップから顔面を膝でおしつける。レフェリーに注意されるとナツコにタッチ。

 ナツコは白川に顔面ウォッシュからボディスラム。さらにセントーンを投下しフォールも2。
 ナツコはストンピングからコーナーに叩きつけ、ビーがスリーパーからナツコがボディブロー。ナツコはビーにタッチ。

 ビーはコーナーに叩きつけて顔面を踏みつける。レフェリーに注意されるとコーナーに振って串刺しエルボーからノーザンライトスープレックスホールドも2。
 ビーはストンピング連打からキャメルクラッチ。白川はロープに足を伸ばしブレイク。
 白川はエルボー連打もビーはガットショット。白川がロープに振るが、ビーはエルボーも避けた白川がフライングクロスチョップ。白川はたむにタッチ。

 たむはコーナーに振って串刺し攻撃も、避けたビーがガットショットから鹿島とともにロープに振ろうとするが、たむは鹿島をロープに振ってビーにソバットから鹿島にショルダータックル。ビーをフロントネックで捕らえ、カットに来たナツコもフロントネックで捕らえてDDT。ビーをフォールも2。
 たむはエルボーからコーナーに振って串刺し攻撃も、避けたビーにハイキック。ビーは避けてハイキックも、たむも避けるがビーはバックを取る。逃れたたむがロープに飛ぶが、ビーはエルボーで迎撃しブレーンバスターからフォールも2。
 ビーはナツコにタッチ。

 ナツコは串刺しニーからキャノンボール。さらにバックフリップからフォールも2。
 エルボーの打ち合いからたむがエルボー連打。さらにソバットからローキック。ロープに飛ぶがナツコは担ぐも、着地したたむにラリアット。避けたたむが足を掴んで倒し低空ドロップキック。フォールも2。
 たむとウナギがロープに振ってダブルのガットショットからたむの水面蹴りとウナギのバックエルボーの同時攻撃。さらに白川がスライディングクロスチョップからコズミックエンジェルスでサンドイッチキック。たむが側転ダブルニーからフォールも2。たむは白川にタッチ。

 白川はミスティカ式河津落としからドロップキックを叩き込み、ラリアットを避けて突き飛ばすとネックブリーカードロップ。フォールも2。
 白川は肩固めもナツコはロープに足を伸ばしブレイク。
 白川は串刺し攻撃も、ナツコは避けると大江戸隊でトレイン攻撃。さらにビーと鹿島が合体バックドロップからナツコがスライディングラリアット。フォールも2。

 ナツコはボディスラムからコーナーに上りダイビングボディプレス。フォールもたむがカット。

 ナツコはボディスラムを狙うが、耐えた白川に左右のエルボーからエルボースマッシュ。さらにロープに飛ぶが、白川は裏拳で迎撃しコーナーに登るとダイビングヒッププレス。フォールも鹿島がカット。
 ビーがウナギに飛び膝蹴り、たむがビーにトラースキックもビーもトラースキックで打ち返し迎撃。
 白川はウナギにタッチ。ナツコも鹿島にタッチ。

 鹿島はウナギをロープに振り、ビーがエプロンから延髄斬りを叩き込み鹿島がノーザンライトスープレックスホールドも2。
 鹿島が走り込むがウナギはスパインバスターからギロチンドロップ。フォールも2。
 ウナギはゴリースペシャルを狙うが鹿島は切り返してストンピング。髪を掴んで引き起こすと、ウナギのエルボーと鹿島の前蹴りの打ち合い。
 ウナギがエルボー連打からラリアットも、避けた鹿島がコルバタで投げ捨て顔面にケンカキック。フォールも2。
 鹿島はエルボーもウナギはビンタ。鹿島が左右のビンタ連発から前蹴りでコーナーに叩き込み、髪を掴んで振り回してヘッドバッドからビンタ。コーナーに登るとダイビングフットスタンプも、ウナギが避けてたむがトラースキックから白川が裏拳。ウナギに振ってウナギがスイング式サイドバスター。フォールもビーとナツコがカット。
 たむがナツコを、白川がビーをロープに振って白川がドロップキック&たむがトラースキック。
 たむがバレーボール式の合体プランチャから、リングに投げ入れられた鹿島を白川がボディスラムで叩きつけ、そこへウナギがこれより我は修羅に入る!(フロッグスプラッシュ)を投下しフォールもナツコがカット。
 鹿島のラリアットを巻き込んだウナギに鹿島が起死回生もたむがカット。


 コズミックエンジェルスは同時踵落としからウナギが走り込もうとするが、ナツコがイスを投げ入れ鹿島がフルスイング。ウナギは大ふへん固めで捕らえ、そのままフェイスバスターで叩きつけ3カウント。

ナツコ「おい、ぎゃおぎゃお泣いてんじゃねーぞ。中野たむ、これで勝った気になってんじゃねーぞ。スターダムの嫌われ者はうちらだけでいいんだよ。これからも、スターダムをかき乱すのは大江戸隊だけ!ビーちゃんいつものやったげて」
小波「(小波がナツコのマイクを受け取り)OKOK」
ナツコ「あれ?」
小波「たかがアーティストが取られただけで、大江戸隊は終わりじゃない。私とビーが組んで、ゴッデスを狙います。ね?ビー?」
ビー「コナミ&ビー、ネクストゴッデス・オブ・スターダムチャンピオン。スゴイコナミスゴイ、バットバットバット、アイハブ、ニューティーム、コズミック・オールド・レディース。ウナギ、ショッパイ、ミナ、ショッパイ、タムショッパイ、バットバットバット、デモ、ワタナベモモイチバンショッパーイ!」
(大江戸隊がリングから去る)
ウナギ「私達、コズミックエンジェルズが新しいチャンピオンになりました!私はプロレスラーとして初めてのベルトを巻くことができました。たむさん。みなちゃん、ありがとうございます。私達は、どんなにしょっぱいと言われようが、全力でもっともっといろんな事にチャレンジして進んでいきたいと思いますよろしくお願いします」
白川「レディースエンドジェントルメン、アテンションプリーズ、ウェルカムアボード、コズミックエンジェール!コズミック・オールド・レディースじゃない!天使だよ!私達、アーティストのチャンピオンになりました。20日、大阪、初防衛戦をスターズを相手にやりたいです。たむさん、どうですか?」
たむ「はい、私達コズミックエンジェルス3人の絆を賭けて闘いましょう。岩谷麻優、スターライト・キッド、ゴキゲンです☆、あなたたち3人を、挑戦者として迎えたいです。いいですよね」
(スターズの3人がリングへ)

キッド「おいたむ、コズミックエンジェルスで喜んでいられるのも今のうちだけだよ。お前達に、防衛回数ゼロ回、たった4日間だけのチャンピオン姿、最低記録を私達がプレゼントするから。よろしくお願いします」
たむ「(キッドの頭をなでて)面白いね。でもそのプレゼントは受け取れないな。変わりに、コズミックエンジェルスからスターズに、美味しいプレゼントを用意しておくね。クリスマスプレゼント。大阪、楽しみです、私達にもあなた達にも、デリシャス」
(スターズはリングから去る)
岩谷「(去りながら小声で)おいしい・・・?おいしい・・・・・?デリシャスイコール美味しい?スターズ美味しいで~す」
たむ「私達も、あなたたちも、デリシャース、ん~マッ」

<試合後コメント>

COSMIC ANGELS
たむ「ウナ~!」
ウナギ「やったぁ~!」
白川「頑張ったぁ~」
たむ「おめでと~!」
(中央に座るウナギの頭をたむと白川がわしゃわしゃと撫で回す)
ウナギ「ありがとうございます!初タイトル!2人の声がずっと聞こえてきて、とても心強かったです!」
白川「私、序盤にアゴが外れて……」
ウナギ「えぇっ?!」
たむ「大丈夫なの?!」
白川「大丈夫です。アゴでもなんでも差し出します。アゴの代わりにベルトが来ました。ブサイクになってもベルトのほうが……整形するよりベルトがほしい!」
たむ「整形すれば顔は治るけど、ベルトは色んな要素がないと獲れないからね。これで、3人のシートベルトは締めたね。これで離陸の準備はいいですね。あとはロケットを発射して、突っ走るのみ!大阪に向けて、気持ちは大丈夫?」
ウナギ「気持ちしか無いです」
白川「スターダムに来て2ヶ月ちょっとでベルトを巻けるとは正直想像して無くて」
ウナギ「してなかった!」
白川「やっぱり、私なりに頑張っていくことでなにか結果につながるのかなあって。このベルトだけで満足してちゃいけないと思いますし」
たむ「これは準備段階なんでね。3人の絆の証だから」
ウナギ「これはずっと手放さずに!」
白川「手放さずに色んなベルトを取っていきましょう!」
たむ「制覇しましょう!」
ウナギ「ヤッター!」
たむ「この宇宙旅行、おいしいおいしい宇宙旅行!楽しみましょう!私たちも、あなたたちも!」
3人「デリシャ~ス!ん~まっ♪」

第6試合


 先発は朱里とジュリア。
 手4つからリストの取り合い。朱里がヘッドロックで捕らえグラウンドの攻防もジュリアが一度距離を取る。
 ジュリアのタックルを切った朱里とグラウンドの攻防もジュリアはヘッドシザースで抜けて距離を取り両者タッチ。

 リストの取り合いから渡辺が足をとって倒していくが、詩美が膝を攻めるも渡辺が下から蹴りつけて距離を取る。
 渡辺がヘッドロックからショルダータックルも、受けきった詩美がロープに飛んでアームホイップ。走り込むが渡辺がアームホイップも詩美がヘッドシザースで抜けてショルダータックルで倒す。詩美はストンピングからボディスラムで叩きつけ、再度ボディスラムからフォールも2。
 詩美はコーナーに叩きつけジュリアにタッチ。

 ジュリアは顔面を踏みつけ、首投げからキャメルクラッチ。これは朱里がサッカーボールキックでカット。
 ジュリアが朱里にビンタを叩き込み迎撃すると、渡辺にストンピングから正面ロープにくくり詩美とともに顔面を踏みつける。ジュリアはフォールも2。
 ジュリアは詩美にタッチ。

 詩美は首投げから背中にサッカーボールキック。フォールも2。

 詩美はキャメルクラッチでとらえ、渡辺は髪を掴んで逃れる。詩美はストンピングも、渡辺は立ち上がりミドルキック連打。受けきった詩美が足へのエルボーからロープに飛ぶが、渡辺はミドルキックで迎撃し朱里にタッチ。

 朱里はコーナーに叩きつけストンピング連打から串刺しニー。フォールも2。
 朱里は腕ひしぎも詩美はロープに足を伸ばしブレイク。
 朱里と渡辺はロープに振ってダブルのミドルキックで倒し、ジュリアがサッカーボールキックからフォールも2。
 朱里はロープに飛ぶが、詩美はドロップキックで迎撃しジュリアにタッチ。

 ジュリアは朱里のミドルキックをキャッチしビンタ。渡辺がビッグブーツもこれを避けたジュリアはミドルキックをキャッチしビンタ。朱里を投げようとするが、渡辺が後ろから殴りつけ、コーナーに振ろうとするがジュリアが逆に渡辺をコーナーに振り朱里にソバット。さらに渡辺に串刺しエルボーから朱里をDDTで突き刺し投げようとするが、朱里は膝蹴り連発でコーナーに押し込み串刺しランニングニーからネックチャンスリー。フォールも2。
 朱里は渡辺にタッチ。

 渡辺はドロップキック。ジュリアはケンカキックで倒し、詩美を呼び込むと渡辺をロープに振ってダブルのビッグブーツ。詩美はなぜかジュリアにガットショットからボディスラムで渡辺に叩きつけてフォールさせるも2。
 ジュリアは詩美にエルボーでタッチ。

 詩美は渡辺の顔面にドロップキック。さらにラリアットを避けてショルダースルーからフォールも2。
 詩美がロープに飛ぶが、エプロンから朱里が羽交い締めに。渡辺もロープに飛ぶがエプロンからジュリアが羽交い締めに。お互い「離せよ!」と挑発し、せーので離すが、詩美と渡辺はそれぞれエルボーで朱里とジュリアを場外に落としていく。
 渡辺と詩美はエルボー合戦から、渡辺がエルボー連打で返しミドルキックで倒す。
 さらに串刺し攻撃を狙うが、詩美がショルダータックルで迎撃し串刺しバックエルボーから低空ドロップキック。避けた渡辺がミサイルキックから串刺しドロップキック。続け様に串刺し低空ドロップキックを叩き込んで裏投げ。フォールも2。

 渡辺は蒼魔刀も、避けた詩美がスリーパー。そのままグラウンドに持ち込み胴締めスリーパーも朱里がカット。
 詩美がロープに飛ぶが、朱里が追走ニーから渡辺がBドライバー。フォールもジュリアがカット。
 詩美が渡辺をラリアットでなぎ倒しジュリアにタッチ。渡辺も朱里にタッチ。


 ジュリアのビッグブーツを避けた朱里がミドルキック。ビッグブーツとミドルキックの打ち合いから、朱里がミドルキック連打。ロープに飛ぶが、ジュリアがビッグブーツで迎撃しコーナーに振ると串刺し攻撃。朱里が足を伸ばすもキャッチしたジュリアがそのままセカンドロープに乗せてネックブリーカードロップ。さらにミサイルキックを叩き込みSTF。これは渡辺がカット。
 詩美が担いでジュリアがビッグブーツ。そのまま詩美がバックフリップも、詩美はジュリアにガットショットからジュリアを担いで朱里に叩きつけてフォールさせるも2。

 ジュリアはエルボーも朱里は避けてバッククラッカーからサッカーボールキック。フォールも2。
 朱里は腕ひしぎも詩美がカット。
 朱里のビッグブーツに詩美がショルダータックルも、朱里はジュリアを盾にして逃れる。朱里はジュリアにPKからフォールも2。
 朱里と渡辺は膝立ちのジュリアに交互にローキックを叩き込みサンドイッチローキック。フォールも詩美がカット。
 ジュリアのエルボーを避けた朱里が投げ捨てジャーマンからラリアットも、避けたジュリアが投げ捨てジャーマン。朱里がハイキックもジュリアがヘッドバッド。両者ダウン。
 膝立ちでエルボーの打ち合いから腕を掴んでのエルボー合戦。ジュリアがエルボー連打からロープに飛ぶが、シュリアが避けてジャーマンスープレックスホールドも2。
 朱里のハイキックを避けたジュリアが強引に投げ捨てスライディングキック。フォールも2。

 ジュリアはグロリアスバスターを狙うが、朱里が耐えると詩美が朱里へのラリアットを狙うがこれがジュリアに誤爆。渡辺が詩美を迎撃し、朱里がコードブレイカーからフォールも2。

 朱里はハイキックからバズソーキックを叩き込み、倒れたジュリアから3カウント。

朱里「あー!ジュリア!女子プロレス大賞おめでとう!まじで、まじで自分のことのように嬉しい!ドンナ・デル・モンドが大躍進したのは、ジュリアの頑張りだと思ってる!ほんとにほんとにおめでとう!でも、でもな、大阪で、ベルトを掛けたタイトルマッチ控えてる。今日私が、勝利したってことは、ちょっとリードしたんじゃないの?大阪で、私が勝利して、ベルト、二本巻いて、赤いベルトに、挑もうかなって思ってるよ」
ジュリア「えーと、朱里、ちょっと、ちょっとあの、強すぎ。あー!もう!でも、でもね、ジュリアの辞書には、連敗という言葉は載ってないんだよね。今日の借りは、たっぷり大阪で返してやるよ。先輩。そして、ジュリアのことが好きで好きでたまらないスターダムのファンの諸君、2020年度女子プロレス大賞受賞しました。来年も受賞できるようにまた頑張ります。大阪、頑張ってニ冠になります。ありがとうございました」

詩美「おいジュリア、今日は仮にも私のパートナーなんだからさ、うっかり私が攻撃しちゃったとしても3とられてんじゃねーよ」
ジュリア「おまえのせいじゃねーかよ!」
詩美「お前さては女子プロレス大賞とってちょっと浮かれてんだろ。選考では私は2番だったみたいなんで、来年こそは林下詩美の年にします。そのためにも12月20日、絶対に負けられない。渡辺桃!完全決着しよう」
渡辺「詩美、お前も赤いベルト取って調子乗ってんじゃねーのかよ。毎日忙しいんだかしんねーけどよ、そのベルト、私が取って2021年引っ張っていくの、この渡辺桃だから。大阪楽しみにしてるよ」

朱里「はーい失礼しまーす。ちょっと喋りますすいませんね。ちょっと自分が勝ったんでね、12月、20日!エディオンアリーナ大阪、第1競技場まで、あと4日、決戦の時があと4日で始まります。みなさんもね、大阪まで見に来るもよし、ペーパービューで楽しむもよし、私たちはね、この結果を、皆様、ワクワクとしてもらえるように私達も頑張ろうと思うので、みなさん大注目よろしくお願いします!それじゃあ、世界に通用する、ものが違う女、それが私朱里。みんなありがとうございました!」

 朱里がマイクで締めている間、ジュリアはこっそりSWAのベルトも手に取り朱里の背後である北側客席の観衆に向けて2本のベルトを持ってポーズを決めており、大会を締めた後にこれに気付いた朱里がジュリアと揉み合いになり、笑いながら奪還した。

<試合後コメント>

朱里&渡辺桃
朱里「ダブル前哨戦、世界に通用する、ものが違う女・朱里が取りました。大阪で私が必ずベルト2本取って、その姿を皆さんにお見せしたいと思います。そして、桃ちゃんとのタッグ、ありがとうございました!」
桃「ありがとうございました!」
朱里「自分はホント、組めるなんて思ってなかったんで、ホントに今日楽しみにしてて。同じ蹴りを使う2人なんで。まあ、無いと思うんすけど、また組めたら嬉しいななんて思っちゃいましたね」
桃「私も正直楽しかったですね。ものが違う女はやっぱりものが違うなと。隣りにいても感じさせられましたし。それに比べて、最後勝って、私が詩美から勝ちたかったのでそれは悔しいんですけども、大阪大会、この乗りに乗ってる渡辺桃が赤いベルトを取って朱里とやってもいいんじゃないかなと私は」
朱里「い~いねぇ~!あとあと、桃ちゃん!大阪は、赤いベルトの試合がメインだけど、白とSWAのベルトの二冠戦の方がメインにふさわしい試合をするから、よろしく」
桃「こちらこそ宜しくお願いします」
朱里「以上ォ」


林下詩美&ジュリア
(2人少し離れて座り、よそよそしい雰囲気でコメント開始)
詩美「今日は大事な前哨戦。ジュリアのせいで負けた」
ジュリア「……今日は大事な前哨戦。林下のせいで負けたよ・でもこれでやって、分かりました。私、これ大阪で防衛します。負けは負けかも知れないけおd、失敗を確認するための成功だったのかなと思ったんでね。なおさら大阪大会、楽しみですよ。私が二冠になるところを見に来てください。以上」
詩美「私は12月20日、渡辺桃と最終決戦。新しいスターダムの時代を引っ張るリーダーの座は譲れません。私が防衛をして、2021年も私がスターダムを盛り上げていきます。そして2021年の女子プロ大賞はジュリアに二連はさせないように。2021年も私が盛り上げていきたいと思います」
ジュリア「フフン、それはどうかな?大阪大会は、DDMの同門対決が私はメインにふさわしいと思ってるけど、私がこの勢いを来年につなげて、私が来年も女子プロ大賞もぎ取ってやるんで、諸君、お楽しみに。アリベデルチ、またな!」

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る