【会見全文】アッセンブルがさがみ湖リゾート(旧:ピクニックランド)での大会を発表!イルミネーション点灯式に佐々木健介も来場!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10日(火)、富士急行株式会社・東京本社にて女子プロレス共闘組織・アッセンブルが記者会見を開き、12月5日(土)さがみ湖リゾートにおける第3回大会の開催を発表。相模湖リゾート株式会社取締役社長・西山氏のあいさつに続き、北斗晶、そして各団体の代表者たちが意気込みを語った。

西山社長「さがみ湖リゾートは中央道の相模湖インターの近くのエリアにですね、キャンプ場とか遊園地、そしてアスレチックフィールドを備えた総合的なリゾートエリアとなっております。今週から『さがみ湖イルミリオン』というイルミネーションが行なわれる、そういった施設でございます。このたびご縁がございまして、ウーマンズ・プロレスリング・アッセンブルの皆様とタッグを組んでイベントを開催する運びとなりました。アッセンブルの“プロレスを通じて日本を元気にしたい”という思いと、当社のさがみ湖イルミリオンで“明るく輝ける未来にしたい”という思いが合致しまして、今回のイベントが開催することとなりました。普段は決して交わることがない女子プロレスの団体が集まり共闘するという、まさに夢のリングを完成することができる機会ですので、ぜひ当日は迫力ある試合とイルミネーションを見に、お越し頂ければと思います」

北斗晶「本日はお集まり頂きまして誠にありがとうございます。本当に今、社長様がおっしゃったように、きっかけは私がさがみ湖リゾート・プレジャーフォレストのほうに人の紹介でちょっとだけ遊びに行きました。そこでこの富士急グループの方から“イルミネーションの点灯式をやって頂けませんか?”というお話が実はその場でありまして。日本3大イルミネーションでとてもキレイだということで、それもすごく興味があって私個人でも見たいなと思ったんですけれども、そのあとプレジャーフォレスト内をウロウロさせて頂いた時に“あ、ここでアッセンブルができたら、どうなんだろう?”なんていうふうに思ってスタッフの皆さんとお話させて頂いたところ、とてもこのアッセンブルの、今のコロナ禍での“やられてもやられても立ち上がる。華麗に立ち向かう。その姿を見せたい”というところに共感して頂きまして、やはり娯楽のものはコロナでかなりダメージを受けたと思います。その中でさがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト様もすごくいろんな企画を考えて、お客様に喜んで頂きたいと頑張られてる。そこはアッセンブルと同じじゃないかというふうに思い、このたびこういう形でアッセンブルの試合を4試合ほど提供させて頂く運びとなりました。たぶん、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストに来られるお客様というのはファミリー層が多かったりとか、イルミネーションの時期ですから恋人同士で来たりとか多いのではないかと思いまして、普段女子プロレスの会場に来ているお客様とは違うのではないかと。プロレスのお客様が行ったことのないさがみ湖リゾート・プレジャーフォレストに行くことができ、今までプロレスを見たことないお客様が女子プロレスを見ておもしろいなというふうに思って頂けることで、相乗効果が生まれるんではないかと思います。すごいアスレチックの大きい、とてつもない…(名前を確認して)マッスルモンスター(※同施設内の巨大クライミングアトラクション)。(ほかの選手たちを指して)見ての通りマッスルモンスターがここにいっぱいいますので(笑)。そういう意味ではマッスルモンスターつながりで。ぜひ12月5日・土曜日。この日はプロレスを見てマッスルモンスターなどで体を動かして頂き、もちろんほかにも乗り物があったりとか。ペットも連れて入れるんですよね? 女子プロレスラーたちは昔から私もそうですが愛犬家がすごく多いので、とてもさがみ湖リゾート・プレジャーフォレストは女子プロレスの皆さんに合ってるんではないかと思います。1日中楽しめる、熱い闘いを見て熱く遊んで頂き、最後のは私も点灯式で点灯させて頂きますので、12月5日はたくさんの方に足を運んで頂きたいと思います」

高橋奈七永「今回、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト様とアッセンブルのコラボレーションの第1回目に参加させて頂くことができて、とても光栄に思います。ありがとうございます。シードリングでは刺激的な女子プロレス、“やられてもやられても立ち上がる。それはキミの人生と一緒だ”というスローガンがあります。さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト様は日本を輝かせるとおっしゃっていましたが、もう私は常日頃“パッション”を心に掲げておりまして、情熱で世界を輝かせていきたいと思っています! それはプロレスの思いとさがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト様の思いと、本当に合致するところだと思いますので。私はまだケガで欠場していて参加できないのがとても残念なのですが、そのぶん遊びのほうにパッションを燃やしていきたいと思いますので…(笑)。マッスルモンスターでプロレスラーで大会をやったりとかしても、おもしろそうだなぁと…(場内がザワつく)。いろんな企画が今後も期待されるのではないかなぁと思うのですが。ぜひプロレスファンの皆様も遊びに来られた方々も、みんなで融合して1つになれる空間になることを、その日は本当に楽しみにしております。よろしくお願い致します」

世志琥「今回、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストさんで試合をさせて頂けるということで、マスコットキャラクターのパディントンベア…メチャクチャ可愛いじゃねぇかよ! 大好きなんだよパディントンベア、ウチよぉ! (北斗からぬいぐるみを渡されて)これ、いいんですか!?(笑) チョー可愛い! なのでね、この大会を盛り上げるためにも、ちょっとこのパディントンのスイーツかなんかを作っちゃったりして…? それを動画にして上げて若い子にもたくさんこの大会を伝えていけたらなと思いますし、試合ももちろん自分も盛り上げていくんで。おいパディントンベア! オマエ、しっかりウチの応援しろよ!?(パディントンベアがガッツポーズを作る)…ということで、テメエら楽しみにしとけよ? そこんとこヨロシク」

コマンドボリショイ「このたび、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストと女子プロレスのコラボということで、本当に企画の段階からすごいワクワクする…コロナ禍で不健康になっちゃった人もいると思うんですけど、プロレスを応援してアスレチックでたくさんのパワーを発散して、皆さんすごく元気になれる1日になると思います。私たちは女子プロレスを見せることを全力で頑張らせて頂いて、そしてレジャー施設のほうも全力で楽しみたいと思います(笑)。よろしくお願いします!」

Leon「今回このようなステキな大会に参戦させて頂けてすごく光栄ですし、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストで試合ができるということで、今からとてもドキドキ・ワクワクしております。当日は初めて女子プロレスを見に来てくださる方もたくさんいらっしゃると思うので、全力ファイトで熱い試合をお届けして、勇気とパワーを皆さんに感じて頂けたらなと思っております。よろしくお願い致します!」

堀田祐美子「今回さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストで、北斗の計らいで試合ができるということで本当に女子プロレス一丸となって頑張っていこうと気合いが入ってます。T-HEARTSの枠はですね、コラボということでシードリングさんとPURE-JさんとT-HEARTSで試合をさせて頂きます。今コロナの時期でいろいろと大変ですが、パワーと勇気をあげれるのは本当にリングの上では私たちしかいないと思っております。なので、見たことのない皆さんに見て頂ければありがたいなと思っております。そして犬を連れて行っていいという…そういうのを北斗から聞いた時にいろいろ検索をしたら、観覧車にも乗れたりとか。ほかにはないようなことが、すごくあったりとか私たち愛犬家にはすごく嬉しい場所だと思っております。選手もたくさん犬を飼ってるので、いろんな人にお話をして盛り上げていければいいと思っております。よろしくお願い致します」

川畑梨瑚「フリー枠・T-HEARTSとして今大会に参戦させて頂くことになりました。コロナの危機を乗り越えようと結成されたこのアッセンブル大会で、世の中では“第3波が来る”とか海外のほうではまたロックダウンが始まったりとか、本当にいつ試合ができなくなるかわからない状態の中で、こういったコラボをさがみ湖リゾート・プレジャーフォレストさんだったりとか、たくさんの先輩方のお力をお借りして試合ができるということを大事に、普段プロレスを見たことがない方や初めて見る小さいお子さんとかに何か少しでもいい思い出になったり、プロレスを通して勇気・元気を与えられたらいいなと思います。よろしくお願いします」

橋本千紘「(2本のベルトのうち1本をパディントンベアの肩にかけて)女子プロレス界一のマッスルモンスター・橋本千紘です! 自分はYouTubeが好きで、YouTubeでいつもさがみ湖リゾート・プレジャーフォレストさんの映像を見ておりました。『風天』(ふうてん/絶叫吊り橋)挑戦したいなと思います。(隣りのパディントンベアと似ていると言われて)当日はパディントンベアとタッグを組んで試合したいなと思います! そして自分の“ぎゅん!”っていうヤツを(ベアに対して)その日までに覚えといてね! ワクワクドキドキしたアスレチック、ワクワクドキドキした女子プロレスを当日見せたいと思います。よろしくお願いします!」

加藤園子「このたびはご縁がございまして北斗さん、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストさんとのこのような大会に参戦させて頂けて、本当にありがたく思います。私の所属するOZアカデミーという団体は完全ヒールとベビーフェイスという、わかりやすく言いますと悪者vsいいもの(善玉)の激しく闘いを見せる団体であります。当日初めてプロレスを見る方もいらっしゃるということで、すごくわかりやすいんじゃないかなと。楽しんで頂けるんじゃないかなと思っております。そしてパディントンベアさん、当日もちろんいらっしゃいますよね? 我がチーム『MK4』を応援してくださいね? 当日楽しみたいと思いますので、皆さんよろしくお願い致します!」

桃野美桜「今回、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストさんで試合をさせて頂けるということで自分、絶叫系とかアスレチックとか大好きなんですよ! ホントに大好きでこちらに来る前にいろいろ調べさせて頂いたんですけど、先ほど言ってたマッスルモンスターで遊んで帰りたいなって思うんですけど…長与さん、いいですか? (長与が親指を立ててGOサイン) そんな期待もしつつ、さがみ湖リゾートさんの絶叫系に負けないぐらいの興奮を、自分たちのプロレスで味わって頂きたいなと思います! そして先日、マーベラス代表の彩羽匠選手が試合中のケガで長期欠場になってしまったんですけれども、匠さん以外にもマーベラスの選手まだまだたくさんいます。今回さがみ湖リゾートさんで試合させて頂けるのも、北斗さんのお力があってのことだと思うので。名前に恥じないように、マーベラスが“女子プロレスの今”をお見せしたいと思います。よろしくお願いします」

長与千種「たくさんの選手が集まるアッセンブル、“集結する”という言葉でございます。それこそ規格外のマッスルモンスターたちがですね、さがみ湖リゾート・プレジャーフォレストに集まります。もうその熱い思いはたくさん、いろんな選手たちが語ってくれました。(隣りの西山氏に)社長、実は私の会社の専務がですね、このさがみ湖のイルミネーションの場でプロポーズを受けたらしいんです(会場がどよめく)。そして結婚いたしました。それを聞いた時にですね、ミラクルが起こる場所! 3大イルミネーションって言われるんですけども、奇跡を起こす場所だということで人気があります! ぜひですね、私この日、奇跡を探してまいります。すいません、いないかもしれません。この3日後が私の56歳の誕生日になります。その前に、この3日間が大事なので奇跡を起こしてみせたいと思います。個人的に! 歳を取ってもメルヘンババアはホントにヤバイですよね。3年前、パディントンの映画を見させて頂いて、それから缶バッジをずっと着けたままの実はファンでございます(笑)。おとなしくしてたんですけど、心がワキワキしております。ホントにですね、まさかのアッセンブルを選んで頂き、そして呼んで頂けますことを心から感謝するとともにですね、たくさんの人たちに奇跡を。いろんなものを与えていける場所、その瞬間だと思いますので、ぜひたくさんの人に足を運んで頂いて楽しんで頂ければと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます」

<質疑応答>
――女子プロレスとのコラボによるプラスの効果、期待する部分は?
西山社長「先ほども北斗さんがおっしゃられた通り、当社のメインのお客様というのはファミリー層が多いので。新しいお客様にご来園頂ける機会になって頂ければいいなと、そこは1番期待しております」

――この施設でプロレスが開催されるのは初めて?
西山社長「おそらく…私が調べる限りはないと思います。ただ、これもご縁なのかもしれませんけど、もともとさがみ湖プレジャーフォレストの前身というのは相模湖ピクニックランドという施設でして。もともとは力道山がゴルフ場を作ろうとして買われた土地というふうに伺っておりますので。そういった意味では非常にご縁があるのかなというふうに感じました。当日は私も楽しませて頂きたいと思います」

――今後も企業とのコラボを考えている?
北斗「今のアッセンブルの形というのは、各団体さん皆さんでチケットを分け合って売って、それを収益に“1試合でも多く”という形を取っておりますので。まず、ご自分の団体の運営のほうもやっていかなきゃいけないということで、今回さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト様がアッセンブルの試合を了承してくださり、アッセンブルとしても初めての試みではありますので…。できましたら富士急グループさん、すっごいたくさんいろんな所があるので社長、ほかでも! 選手すごい頑張りますので、できましたら第2弾・第3弾と、場所は変わってもやっていけたらと思います。また、ファミリー層…OZアカデミーの加藤選手が言われてましたけど昔、私も息子を連れてライダーショーとかを見に行ったりして、やはり闘う姿っていうのは小さい子たちもすごい好きなんですよね。今回、女子プロレスの魅力をより多く知って頂いて、できればこういうふうに企業さんに呼んで頂いて1試合でも多く見せられていけばと思っております。社長、ぜひよろしくお願い致します(笑)」

――まだ見たことのない人に女子プロレスは効果的?
長与「今の話題の中で3月・4月から始まりましたコロナでですね、ちょっと影を潜めてるのかな?って気はするんですけども。日本だけではなく世の中、子供のいじめなどいろんなものが蔓延(まんえん)してます。今はホントに直接的にいじめがあったり、あるいはこれだけネット社会になりましたので、いろんな形でいじめに遭ってる子もおります。そういう子たちにですね、ぜひ明日勇気を持って明るい顔で学校に行く。あるいは友達と遊ぶ。そういう力をですね、少しでもプレゼントできるように。私たちはしていきたいという気持ちもありますし、ともにお父様・お母様たちが同様に悩んでいらっしゃる。私のファンの方たちっていうのは年代的に40~40後半の方が多いんですけど、更年期で悩まれてる方がたくさんいるんですよね。来て、1度童心に戻って遊びませんか? 一緒にプロレスを見て、そして広大な敷地の中にあるいろんなアトラクションでですね、遊んでみてスッキリとしてほしい気持ちもあります。北斗から話を聞いた時に“ウソでしょ!?”っていう驚きと、まさかこのコラボレーションができると思ってなかったので。もう各選手たちはベストファイトをし、いろんなファミリーあるいは初めてこの地を訪れる人たちに感動と、“明日元気に生きていこうかな”とか、そういう気持ちを与えるとともに…私は堀田やボリショイさんや加藤さんや、ほかに独身のある程度上の人たちがいると思うんですけど、ミラクルを求めて。恋人たちの聖地でございます。先ほどちょっと出ましたけども、私はキャンプがすごく好きでですね、なんとキャンプ施設もいっぱいあるみたいでバーベキューとかいろんな物もできるんです。ぜひコミュニケーション取れなかったりとか、こういう時期ですからなかなか外で何かをするってこともないでしょうけど、ぜひですね、たくさんの人たちに外で遊んで頂いて、プロレスも見て頂いて…という状況でやって頂ければいいなと思ってます。このアッセンブル、プロレスもいろんな形でご協力させて頂ければと思っております。ぜひよろしくお願い致します。言っときます、恋人たちの聖地です(笑)」

――対戦カードについて
北斗「今回アッセンブルではありますが、点灯式のほうに佐々木健介・北斗晶で夕方からやらせて頂きまして。アッセンブルと健介オフィスのコラボでもありまして。対戦カードに関しては各団体の代表者様にお願いしております。もう決められているんですか?(周りに確認しながら)マーベラスさんはタッグマッチ。アッセンブルは普通のパターンは(他団体と)交わらないんですけどT-HEARTSさんはフリーの枠なので、今回シードリングさんとPURE-Jさんと6人タッグマッチ。センダイガールズさんもタッグマッチ。OZアカデミーさんは検討中…? そんな感じで、決まり次第発表させて頂く感じになると思います」

――第1回大会から1ヶ月あまりが経過したが、反響の大きさなどは?
北斗「10月1日に女子プロレス共闘組織・アッセンブルを立ち上げまして(※上野大会)、ホントにスタッフの皆さんが力を合わせて…もちろん選手はリングの上で頑張ってくださってるんですけれども、スタッフの皆さんが現代的な言葉で言うとLINEグループを作って“どうしようか? こうしようか?”ってすごく力を合わせて。本当に“アッセンブル”のごとく組み立てて頑張ってくださってます。第1回目もきちんとカード発表する前からチケットが完売になり、11月20日に次の大会がありますがそれも完全に完売ということで。ホントに選手の皆さんの前でこんなことを言うのは失礼なんですが、低迷してると言われてる中でも“みんなが力を合わせると、これだけの力を持ってるんだぞ”という。私は今、芸能の仕事をさせて頂いてますが、ブログ、インスタ…Twitterはやってないんですけれども、あとはTicTok。皆さんの爆発的なSNSの力、それをすごくアッセンブルで活用して、特に若い選手は。長与さんとか堀田選手も頑張っているとは思うんですけど、特に若い人の知恵にはちょっとね。私を含めついていけないところはあるんですが…。それでも発信力のすごさを私は今、感じております。発信することで、そしてみんなが力を合わせることで“アッセンブルってすごいことになってるな”という。今の現状、カード発表とかする前に“大会をやりますよ”というだけでチケットが完売してしまうっていうところは、“チヶットないのか?”という問い合わせがたくさん来ている状況ですので。コロナ収束とともにアッセンブルという形はなくなるかもしれませんが、できる限り…やっている限りはこの組織の中で加盟されている団体さんと、力を合わせて頑張っていきたいと思っております」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×