【#プロレス今日は何の日】1985年11・4 ジャパンプロレス大阪城ホール ジャンボ鶴田vs長州力

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1985年11月4日 ジャパンプロレス 大阪城ホール
ジャンボ鶴田vs長州力!

当時マット界で1番勢いのあった長州、その後絶対的エースへと向かうジャンボ!遂に一度しか実現しなかった伝説の一戦!

このときの長州力は新日本プロレスから離脱し、ジャパンプロレスとして全日本のリングに上っておりました。
ジャパンプロレスは長州力が維震軍の仲間らとともに新日本プロレスに対抗するために立ち上げた団体で全日本プロレスと業務提携を締結。長州らのファイトスタイルは全日本の選手たちにも大きな影響を与えたと言います。

そして、全日本とジャパンのエース同士の対決の機運は高まっていき、すったもんだの末についにこの日に実現!解説席ではジャイアント馬場が見守ります!

ミュンヘン五輪でアマレス代表として出場した両者の対戦はじっくりとした見ごたえのある試合となり、バックドロップ、ラリアット、ブレーンバスターなど、大技はわずかながらそれだけでも迫力出るよという良い見本のような試合!

攻めに攻めた長州、受け止めた鶴田。60分フルタイムでも文句なし!

しかし、試合後の鶴田はコーナーに上って両腕を突き上げて勝ち誇った表情。対する長州は息も絶え絶えな様子。これこそがこの試合の決着を分かりやすく示しています。

両者人差し指を突き立て、「もう一回」と再戦を誓い合うものの、残念ながら実現はしませんでした。それで良かったと思います。

なぜなら、長州は試合後に「たった一度だから心に残る。鶴田戦は俺の負けですよ」と語っているのですから。

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る