WWE王者ランディ・オートンに心理戦、奇襲、キャッシュ・インとWWE王座戦線が大混乱!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 日本時間11月3日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信され、王者ランディ・オートンの前に洗脳された“小悪魔”アレクサ・ブリス、王座奪還を狙うドリュー・マッキンタイア、Mr. MITBのミズが次々と現れてWWE王座戦線が大混乱となった。
 “毒蛇”こと王者オートンがオープニングのリングに登場すると、「俺はWWE王者になってベストだと証明した。マッキンタイア、ミズ、レインズやフィーンド、誰でもかまわない。俺の王座を取れるならやってみろ!」と王座戦線にいるスーパースターたちを挑発した。するとそこへアレクサが現れて「彼はここにいるかもよ」とオートンにフィーンド登場を匂わして心理戦を仕掛けると、突如マッキンタイアが背後からオートンを奇襲してクレイモア葬。マッキンタイアは倒れこんだオートンにリマッチを要求すると、今度はMr. MITBのミズ&ジョン・モリソンが現れてレフェリーにキャッシュ・インするも、戻ってきたマッキンタイアが「オートンから王座を奪うのは俺だ」と2人を蹴散らしてWWE王座戦線が大混乱となった。その後、ミズ&モリソンはキャッシュ・イン無効を主張すると、因縁が勃発したマッキンタイアとのハンディキャップ戦を要求した。ハンディキャップ戦では数的不利なマッキンタイアがミズのスカル・クラッシング・フィナーレを食らって一時劣勢となるも、最後は必殺のクレイモアでミズをKO。マッキンタイアはミズ&モリソンを返り討ちにしたが、試合後に因縁の王者オートンがどこからともなく現れてマッキンタイアに不意打ちのRKO。仕返しに成功したオートンは自身の王座ベルトを掲げて勝ち誇ると、会場にはフィーンドの笑い声がこだました。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る