男色VS高木大社長の“人望デスマッチ”は大混乱で無効試合に!彰人副社長の要望により11・3大田区でディーノと一騎打ち

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTの11月3日、大田区総合体育館大会で、サイバーファイト副社長・彰人と男色ディーノとの一騎打ちが行われることが決定した。

 10日に動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で放送された、無観客による「DDT TV SHOW! #9」(DDT TV SHOWスタジオ)の第2試合で、ディーノと高木三四郎大社長が“人望デスマッチ”で激突した。ルールは慕ってる者は何人でも試合に参加できるというもの。つまり、両選手の人望が試されることになった。

 高木は若手の中村圭吾をセコンドに帯同して登場。ところが、開始間もなく、あっさり中村が裏切ってしまう。ここで、映像撮影をしていた今成夢人が乱入し、ディーノにラリアットを一閃。高木が「今成を買収したんだ。俺を大谷(晋二郎)さんみたいに、“三さん”と呼んでくれ!」と叫び、今成とダブルのクロスラインをディーノに見舞った。そして、高木が大谷の得意技である顔面ウオッシュにいくと、「晋さんをバカにするな!」と今成が反逆し、ストンピング攻撃。窮地の高木は「ギャラ倍だ! 誰か来てくれ」と言うと、今林AP、井上マイクリングアナがまさかの乱入。ディーノに今林APがスタナー、井上リングアナがラリアットを繰り出した。

 その後、ディーノが高木にパイルドライバーを浴びせてカバーすると、高木は1万円札を取り出した。すると、受け取ってしまった松井幸則レフェリーはカウントを停止。サブレフェリーの木曽大介が入って、カウントを始めると、松井レフェリーがカット。松井レフェリーがラリアットにいこうとすると、木曽レフェリーは裏アキレス腱固めで切り返した。そこで、リング周辺にいた選手たちが総出で介入し、リング上は収拾がつかない状態に。そこに慌てた彰人が現れて、試合を止めて無効試合に。

彰人は「アンタたち、神聖なリングで何やってくれてるんですか! 2人とも人望なんてゼロじゃない。男色さんは別として、高木さんは社長なのに人望ゼロ。さっさと社長業に戻ってください。ほかの業務があるでしょう」と高木に退場を促した。

 続けて彰人は「最近試合してて、『これでいいや』って思ってないですか。『まっする』に嫉妬したんじゃないですか。あなたが世間に届く何かを見せてくれると思うんで、もっとハチャメチャにやってください。サイバーファイト副社長としての言葉です。プロレスラー彰人として、ディーノさんにあこがれて、プロレスに入って、DDTに入りました。新木場(1stRING)や後楽園でシングルで試合したけど、11・3大田区であなたと(シングルで)試合したい。最高の作品を作りましょう」と一騎打ちを要望。

 ディーノは「ビッグマッチで挑むというのはわかってるの? 覚悟しといて」と受諾し、両者によるシングル戦が決まった。

 バックステージで彰人は「男色さんがいたから、DDTに入ったということがある。節目節目で試合したけど、今の男色さんとしかできない試合をする。もっと大きい舞台でシングルをやらせてほしい。一レスラーとして、彰人としてのチャレンジとして。こんなおもしろいプロレスがあるんだって、プロレスに興味ない人にも届くようなものを目指していきたい」とコメント。

 ディーノは「今ここで重要なのは、彰人が私をシングルで、ビッグマッチの舞台で指名したということ。今ならいけると思ったのか。あんまり甘く見ない方がいいわよ。アンタは男色ディーノをビッグマッチで指名した。このことが重くのしかかるでしょう」と話した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る