紫雷イオがキャンディス・レラエを破って王座防衛も元王者トニー・ストーム、エンバー・ムーンが次々と挑発

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 日本時間10月5日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンター内「キャピトル・レスリング・センター」にて行なわれた「NXTテイクオーバー31」が配信され、王者紫雷イオが挑戦者決定バトルロイヤルを制したキャンディス・レラエと「NXTテイクオーバー31」のNXT女子王座戦で激突した。序盤、イオがスプリングボード・ムーンサルトやダブル・ニーで攻め込めば、キャンディスもバックスタバーやクローズラインで反撃した。さらにキャンディスのセントーンを回避したイオはダブル・ストンプからフラップジャックや619を決めたが、キャンディスも負けじとムーンサルトやパワーボムで応戦して両者譲らない白熱の応酬を展開。しかし、終盤にキャンディスが間違ってレフェリーにエルボー、さらにムーンサルトを迎撃されたイオがレフェリーに誤爆してしまうと、キャンディスの夫ジョニー・ガルガノがレフェリーに扮して登場。ガルガノが高速カウントもキャンディスのストンプ攻撃が2カウントで終わると、さらに復活したレフェリーとガルガノが揉めた隙にキャンディスが王座ベルトでイオを攻撃したが決定打とはならず、最後はイオが雪崩式スパニッシュフライから必殺のムーンサルトをキャンディスに叩き込んで3カウント。イオはガルガノに妨害されながらもキャンディスを破って王座防衛に成功すると、試合後の会場ビジョンに元NXT UK女子王者トニー・ストームが現れて「NXTに戻るぞ!トニー・タイムだ」と王者イオを挑発。さらにバイクで会場に現れた元NXT女子王者エンバー・ムーンも王者の前に姿を現してNXT女子王座戦線が混沌とした。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る