【#プロレス今日は何の日】1993年10・4 UWFインターナショナル大阪府立体育会館 スーパー・ベイダーvs佐野直喜

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1993年10月4日 UWFインターナショナル 大阪府立体育会館
スーパー・ベイダーvs佐野直喜!

ベイダーは元NFLのアメフト選手であり、新人時代からスタン・ハンセンやブルーザー・ブロディに揉まれてきた純アメリカンプロレスの選手(最近「アメリカンプロレス」ってなかなか聞きませんけど、この言葉は無くしたくないな~)
スーパー・ベイダーはこの年の5月にWCWヘビー級チャンピオンのまま中野龍雄戦でUのリングに初登場!!諸事情により名前こそ違いますが、あの“”皇帝戦士“ビッグ・バン・ベイダーが、格闘技をベースとするUWF系のプロレスとは正反対のはずのベイダーが、とその参戦は衝撃的で、当時は「遂に来た来た!Uのリングにベイダー来たで!」と大興奮かつ大歓迎したのを覚えています!

新日本プロレスではIWGPヘビー級王座を三度戴冠し、さらにこの時もベイダーはWCW世界ヘビー級王者!

ベイダー、文句なしにデカいわ厚いわ手足も長いわ大迫力!
対する佐野は、毎度のことながら逆三角形の彫刻ボディが美しい!

佐野はローキックをキャッチされるもベイダーに張り手4発!
しかしひるむことなく右足をつかんだままノーガードでロープまで押し込むベイダー、その微動だにしないベイダーのタフネスに『こいつほんまか…』と驚きを隠せないロープブレイクの佐野。

腕パンチ、ボディ打ち、アッパーと打ち込むベイダー!
しかし掌打と右ミドルで打ち返し退かない佐野!
『おいおい、ほんまか…』とたじろくベイダー。

期待のソバットでベイダーを唸らす佐野!
でもやっぱりバゴン!とフックで吹っ飛ばしペースを取らせないベイダー!体重乗せた大迫力バックフリップ二連発で動きを止める!

次いで首投げからドラゴンスリーパーでがぶった後は、その場ラリアットをドバンっと打ち込み追い込むベイダー!

更にベイダーアタック狙いで突っ込む!しかしナイスタイミングのショルダースルーで場外に落とす佐野!

「飛べ飛べ!」「トペ行け!」「行かんかいっ!」と吼え合う大阪のおっさん達!

いやいや、このヘトヘト感のまま飛んでいたら、キャッチされて場外アバランチを食らっていたのでは…と思いますよ、私はね(汗)

佐野は戻ってきたベイダーに胸板ソバット!
一本背負いで転ばして腕ひしぎ!
でもゴロっと転がりグッと力を込めて腕抜くベイダー!すごい抜け方。

しかし立ち上がり様、右掌打の連打からガードも吹き飛ばす顔面ソバット決める佐野!
チャンスと詰める佐野!しかしベイダー、やっぱりドゴン!とフック掌打で吹っ飛ばしチョークスラムでダウンを取る!

決着は左ボディ掌底でくの字になった佐野をぐわっと抱えてパワーボム!

何度もパンチ一発で流れを変えるは、さすがWCW世界ヘビー級チャンピオン、大阪でも大人気のベイダーでした!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る