DRAGON GATEの新世代組が横須賀ススム&ドラゴン・キッドを倒し王座防衛!「完全に踏み台にされた」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京・大田区総合体育館にてDRAGON GATE『DANGEROUS GATE 2020』が開催。セミファイナルでは箕浦康太&ジェイソン・リーの持つオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座にドラゴン・キッド&横須賀ススムが挑戦した。

 8月2日に行われた和歌山大会でB×Bハルク&KAZMA SAKAMOTOから王座を奪取した箕浦組。その箕浦組に8月23日の福岡大会で勝利したススムが「闘龍門世代今一つもベルトがありません」と挑戦表明。これを王者組が受け、大田区大会での初防衛戦が決定した。

 試合序盤は箕浦が攻められる場面が続き、リーがカンフーキック式スイングDDTでキッドとススムを蹴散らすと流れはイーブンに。ススム&キッドが合体式の夢限を出せば、リー&箕浦もマジックキラーから合体式のサイドバスターDDTと一進一退の攻防を見せる。
 最後はリーがマキシマムドライバーでキッドを突き刺し、これを2で返したキッドにバズソーキックを叩き込んで動きを止めると香港旋風を投下し3カウントを奪った。

 敗北したキッドは「完全に踏み台にされた。まだまだ折れてないからどんどん出てって踏み台にされましょうか」と、ススムも「俺らはキャリアと経験に誇りと自信あるから。完敗といっちゃ完敗だけど俺らチャンスあれば狙っていくんで」と世代闘争をこれからも続けていく意欲を見せる。

 見事防衛した箕浦は「ススムさんもキッドさんもやっぱりキャリアも実績も自分以上、倍以上かなりあるんですけど、でも今日は自分とジェイソンがしっかり防衛して、初防衛一回目。これからもっともっと2回3回4回防衛してツインゲートのベルトと一緒にもっともっと上に行きますんでこれからも応援よろしくお願いします」と王者ながらもキャリア2年の若手らしいコメントを残した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×