【#プロレス今日は何の日】2006年8・27 全日本プロレス両国国技館 馳浩引退

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

2006年8月27日 全日本プロレス 両国国技館
馳浩引退!

レスリングの名門・専修大学を卒業後、ロサンゼルスオリンピック日本代表という経歴を引っさげ鳴り物入りでプロレス入り。ジャパンプロレスに入団後、海外修業を経て新日本プロレスで日本デビューを果たし、その試合で小林邦昭の持つIWGPジュニアヘビー級王座を奪取と華々しいスタートを切ります!
佐々木健介とのハセケンタッグ、武藤敬司とのタッグで名を上げ、1995年に当時自民党の幹事長であった森喜朗にスカウトされてアントニオ猪木に次ぐ国会議員レスラー第2号に!
プロレスラーとしては全日本プロレスに活動の場を移しつつ、2000年には初の衆議院議員レスラーになり、2005年には文部科学副大臣に就任と政治家としても実績を残していきます!

そんな馳も、要職に就くにつれ政務とプロレスラー活動の両立が難しくなり、ついに引退を決意。

さて、馳浩の入場!この入場テーマ、みんなを明るくさせる素晴らしい曲ですよね!

馳先生のプロレス引退試合とあって、森元総理も観戦!馳先生が“brother”YASSHIのいじりをマイクで一括し、TARUのちょっかいを羽交い締め!『まさか元総理がイス攻撃か!?』という場面を作り出します!(笑)森元総理のSPの方々の動きはぜひ映像でご確認ください。

リングに戻ると、あの頃と同じ前転ドロップ、胸板チョップに鎌固め、遠心力と重力を存分に加算した裏投げ!
宣言通り歳の分だけジャイアント・スイング45回転!
そして健介とのツープラトンで90年代が蘇る!

決着はやっぱりオリジナルの美しさ、ノーザンライトスープレックスホールド!

朋友健介、盟友武藤、夫人も娘も北斗もみんなの笑顔が素晴らしい!

新日本プロレスデビューの地、両国で引退!
ありがとう、馳浩!
これからも輝けノーザンライト!

そんな馳も2017年に武藤敬司プロデュース大会『MASTERS』で11年ぶりの現役復帰!
オファーを受けてから約半年かけて体を作り直したという馳は見事にビルドアップされた身体を披露し、ジャイアント・スイングやノーザンライトスープレックスホールドを披露!
その後もBATTのメンバーとして2度MASTERSのリングに上っています!

またどこかでプロレスラー・馳浩が見られることを祈っています!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×