同期のオカダ・カズチカをなかなか引き摺り下ろせない高橋裕二郎が「俺はアイツの上に立ったことが一度もない。悔しいんだよ!」と心情を吐露

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、新日本プロレス後楽園ホール大会『SUMMER STRUGGLE 2020』が開催され、セミファイナルではオカダ・カズチカ&SHOvs高橋裕二郎&外道が行われた。

 先シリーズより同期のオカダを引きずり下ろすと宣言している裕二郎だったが、名古屋大会でのシングルマッチで敗北。オカダは「これが完璧な実力差でしょう。今のレベルじゃまだまだ」と突き放していたが、裕二郎は諦めずに一夜明けてのタッグマッチへ。

 裕二郎は外道との連携攻撃でオカダを痛めつけていくが、メリケンサックを取り出した外道をSHOがバッククラッカーで迎撃し、さらに裕二郎もジャンピングニーで蹴散らすと、オカダが外道を変形コブラクラッチで絞め上げあっさりギブアップ。

 オカダは「裕二郎さん、気合入って良いんじゃないですか?」とサラッと流し、裕二郎は「まだまだ諦められねぇよ!アイツはよ、昔からよ、何でもできて、俺はアイツの上に立ったことが一度もない。悔しいんだよ!なあ、悔しい本当に。アイツはよ、アイツはトップにいるんだろ?トップに。アイツを引きずり落としてよ、なぁ?そしたらよ、俺がよ、自動的に上に行けるんだよ。なあ?プロレスの世界はよ、そういうシステムだよ。アイツはよ。もう1回だ。昨日、やったよな、シングルマッチ。まだまだだよ。なあ。オカダ、おまえもよ、なあ、もう1回、1対1でやりたいんだろ?この俺とよ!わかるぞおまえの気持ちもよ。もう1回だ。次はよ、必ずおまえをよ、引きずり下ろす。これマジ!!」と劣等感に苛まれながら再戦を要求した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×