【会見全文】間下隼人が横山佳和との防衛戦を前にあわや乱闘!間下は「掣圏真陰流というのは市街地実戦型」とケンカファイトに自信!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、都内某所にてリアルジャパンプロレスが今月26日に行う無観客試合『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.6』にて間下隼人vs横山佳和のUWAアジアパシフィックヘビー級王座戦を実施することを発表した。

 間下隼人は“初代タイガーマスク”佐山サトルの直弟子であり、現在は唯一のリアルジャパンプロレスの生え抜き選手。タイガー仕込みの多彩な蹴り技や、直伝されたリアルデンジャラスバックドロップを武器にリアルジャパンプロレス一筋で戦ってきたが、中々王座戦などの大舞台に立つ機会に恵まれずにいた。
 しかし、今年3月の後楽園ホール大会で実施された3WAY王座戦で直接の決着ではなかったものの因縁ある将軍岡本からUWAアジアパシフィックヘビー級王座をリアルジャパンに取り戻し、デビュー14年目にして悲願の王座初戴冠を果たしていた。

 この日の会見に出席したのは、平井丈雅代表、間下隼人、そしてプロレスリングZERO1に所属する横山佳和の3名。
 間下と横山は若手時代にZERO1のリングで2回対戦経験があり、現在1勝1敗。王座をかけての戦いで互いに成長を見せつけたいカードとなった。

 平井代表は、横山から間下へ挑戦表明があったことからこのカードが決定したという経緯を語り、『間下!ベルトを持っているらしいな!しかもVOODOO-MURDERSの仲間の将軍から獲ったみたいだな?俺がそのベルトをVOODOO-MURDERSに取り返す!間下!俺の挑戦を受けろ!』という横山からのメッセージを読み上げる。

横山佳和
「お前本当にチャンピオンか?このベルトが俺の腰に来るのを楽しみにしてるよ!」(持参した木刀でベルトをゴンゴンと叩きながら)

間下隼人
「横山選手とは7年前くらいですかね?そのときはデビューしてすぐくらいのときにやったんですけど、ZERO1さんの風林火山トーナメントで一緒にタッグを組ませていただいて、そのときはお互いにフレッシュだったんで、数少ないプロレス界の中で思い入れのある選手だったんですけど、時間が経つとこういう風になってしまうんだなと。悪い部分を見てしまったので、当日はそういった感傷に浸ること無く、思い切り潰しに行けると思うので。やり抜きます」

――間下選手、前回大会で3WAY戦を制して王座を取りましたが、王者の岡本選手からではなく、もう一人の対戦相手の岩崎孝樹選手からの勝利でした
間下「ルールを考えた上での勝ち方だったので、丸め込みも狙ってはいたので、どちらにしても将軍選手から……」
横山「お前将軍から獲ったんじゃねーのかよ。……ふん、そりゃ将軍の方がつえーわな。余裕だろこんなの」
間下「……このベルト(の歴代王者)は、態度がわるい方が多いので、私がいい意味で価値を上げていきたいと思います。以上です」
横山「(木刀で机を叩きながら)お前に上げれんのかよ。このベルトの価値をよ?間下に上げられると思うか?お?(隣に座る平井代表に因縁をつけながら)」
平井代表「間下はリアルジャパンで10年戦ってきた選手です。十分将軍よりも力を持っている」
横山「直接勝ったわけじゃね―んだろ?将軍から。なら大したことねーよ」
平井代表「その意味で言うと、同じブードゥーマーダーの……」
横山「MURDER“S”!な?なんだよマーダーってよ?」
平井代表「……VOODOO-MURDERSの横山選手からキッパリと取らせていただくことで、将軍選手も含めて戦ってもらいたいと思います。間下、これだけ言われたら……」
横山「なにもねーんだったらとっとと帰れよ」

 横山が立ち上がって木刀を間下に突きつけると真下も立ち上がって応戦。木刀を手で払って懐に飛び込んで胸ぐらをつかみ、バチバチの睨み合いを展開し、横山は木刀で周囲のものへ当たり散らしながら退場していった。

間下「リアルジャパンに長くいて、『行儀よく』みたいな教えを受けていたんですが、場外とか木刀とか使ってガチャガチャするんでしょう?そういう方が本来得意ですから。リアルジャパンというのは、掣圏道、掣圏真陰流というのは市街地実戦型ですから。目には目を、じゃないですけど、平井代表が納得できるような終わり方にしてやりますよ。ケンカの方が得意なのはスーパー・タイガーも同じだと思うんで。このベルトを侮辱するのは、佐山先生をはじめ、新間先生らみんなを侮辱することになりますので、まあやってやりますよ」

『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.6』
日程:2020年6月26日(金)
開始:18:30
会場:ストロングスタイルプロレス特設ホール
形式:無観客試合

▼[リアルジャパン軍]vs[藤田軍]全面対決!
[リアルジャパン軍]スーパー・タイガー/船木誠勝(フリー)/アレクサンダー大塚(AO/DC)/スーパーライダー
vs
[藤田軍]藤田和之(はぐれIGFインターナショナル)/ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)/NOSAWA論外(はぐれIGFインターナショナル)

▼UWAアジアパシフィックヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】間下隼人
vs
【挑戦者/VOODOO-MURDERS】横山佳和(ZERO1)
※間下は初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×