【会見全文】神田明神が初代タイガーマスクとのコラボ勝守の授与&初代タイガーマスク展の開催を発表!団体初の無観客試合に向けスーパー&間下が気炎!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10日、東京都・神田明神にて、リアルジャパンプロレスが記者会見を行い、6月26日に開催される『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.6』および初代タイガーマスクと神田明神のコラボ企画が発表された。

 会見に登場したのは、“過激な仕掛け人”新間寿、平井丈雅代表、神田明神の禰宜である岸川雅範氏。初代タイガーマスクこと佐山サトルは欠席となった。

 まずは、岸川氏『初代タイガーマスク×神田明神 勝守』&『初代タイガーマスクの武道精神と日本文化展』の発表を行った。

岸川「皆様こんにちは、神田明神の岸川といいます。宜しくお願い致します。今回初代タイガーマスクとのコラボとして6月から8月にかけて行わせていただきます。まずはお礼申し上げます。ありがとうございます。
まず6月には、初代タイガーマスクと神田明神がコラボした勝守ですね。神田明神は勝負の神様でございますので、こちらの勝守と初代タイガーマスク様をコラボさせていただきました。(※初穂料800円)
 続きまして、7月11日から8月30日末まで『初代タイガーマスクの武道精神と日本文化展』というものを神田明神資料館という境内内にある博物館で特別展をさせていただきたいと思っております。こちらには初代タイガーマスクのマスク、および初代タイガーマスクの変遷を展示すると同時に、初代タイガーマスクさんは非常に神社信仰に厚い方ですので、伊勢神宮とか神田明神の歴史を紹介したいと思います。そして昔の武道の精神、あるいは日本の文化のもとになっております江戸時代の学問で、国学というものがございます。古事記、日本書紀、万葉集などから日本のこころ、そして日本のあるべき姿、日本の思想文化を学ぶのが国学なんですけど、その中で初代タイガーマスク、佐山サトルさんは本居宣長という方を非常に尊敬しております。神田明神も本居宣長、さらには他の国学者に非常に関係のある神社ですので、そういった資料もたくさんございます。そうした歴史資料も同時にコラボ展示させていただきたいと思っております。ですので、初代タイガーマスクさんという方の展示、さらには佐山サトルさん、初代タイガーマスクさんが尊敬している国学者の歴史の展示という2つのテーマを主軸にしたものとして開催致します。ちなみに、入館者の方にお配りするステッカーなのですが、こちらは『ビックリマン2000シリーズ』でゼウスなどをデザインしたエサカマサミさんにデザインしていただいたものになります。
 そして8月なのですが、当社、神田明神は文化講座として明神塾というものを毎年年6回ほどやっておりまして、その中で8月の26日18時より、こちらの会場にて武道と日本文化について初代タイガーマスク、佐山サトルさんに講演をしていただきます。
 6月には、13日土曜日から勝守の授与、さらに7月11日からは特別展、さらに8月26日には講演ということで、6月、7月、8月と神田明神と初代タイガーマスクさんでコラボさせていただくという運びとなっております。宜しくお願いします」

 続いて、新間寿がこの企画についての想いを語った。

新間「記者会見やらないという話をしたんですけども、今回神田明神さんということで。昔から言われるように江戸っ子というのは、『俺は神田の生まれよ』と。神田といえば江戸っ子。江戸の代名詞といえば神田。そして私は野村胡堂という作家が描きました『銭形平次』を愛読しておりました。銭形平次は、神田の生まれでございました。岡っ引きの八五郎がおりました。そして、昔は天国と地獄が、閻魔大王が現世に出てきて、人々に教えを説くときにはお地蔵様になる。お地蔵様となって、そしてそのお地蔵様がいろんな人々に形を変え、そして言葉を変えて、多くの人々にいろんなことを問いかけた。そして自分自身が今置かれている立場を多くの人々に見せて、その人々の対応を見て勧善懲悪を果たしたと。私の子供の時代にはそういう物語がいっぱいありました。『桃栗三年柿八年。柚子は九年で花が咲く。梨の大馬鹿拾八年』。このタイガーマスクのお守りを持つことによって、桃栗3年。3年で理解できました。それから柿8年。柿になって8年目で理解できた。柚子は9年で花が咲き、9年で理解できた。梨だけどお前は本当に大馬鹿だ。18年経たないと理解できない。それを18年かける人が、11年になる、9年になる、8年になる。プロレスと一緒です。10分1本勝負の人間が、15分1本勝負に昇格し、20分1本勝負から30分1本勝負、特別試合30分1本勝負、セミファイナルになってメインイベンターになる。そういう気持ちを持たせる、そういう気力をもたせるのがこのタイガーマスク勝守でございます。

 私はこのお守りが、平井が神田明神様とご一緒に作り上げるという話を聞いて、私も気力がわきました。10日間、私はある場所に私は籍をおいて、毎日トレーニングを致しました。8泊9日でやった回数が3500回。腕立て伏せから腹筋、ヒンズースクワット、そういう気力を持つということは、タイガーマスクと一緒に私はこれからも神田明神。神田明神というのは平将門をお祀りしている。平将門を守護神として持っている神田明神、ここでタイガーマスクがコラボして、そして私達が気力がなくなっている今このコロナのこの時代にこのお守りが出るという。本当にタイガーマスクの力だという。タイガーマスク後から、タイガーは何百万人に一人ではありません。何千万人に一人しか居ないというそれだけの力を持った男です!私はこのお守りを多くの人に持ってもらいたい!『桃栗三年柿八年。柚子は九年で花が咲く。梨の大馬鹿拾八年』、これを1つ1つクリアしていって、これを持つことによって、タイガーマスクを想うことによって、神田明神をお参りすることによって、自分自身の気力が充実していくというこのお守りを、まずプロレスマスコミの皆様にこれを持っていただいて、あんたたちが1人でも多くの人たちに対し6月、7月、8月とタイガーマスクと神田明神様が行うこのコラボに是非参加していただいて、1人でも多くの人たちに対し伝えてもらいたい。平井丈雅は、1日も早い子作りに励み。子供が生まれることを願いつつ、私のご挨拶に代えさせていただきます。平井さん、頑張ってください。このお守りを持ち続けてください。腰に巻いて毎日のようにトレーニングに励んでください」

――改めて岸川さんにお聞きしたいのですが、このコラボレーション実現の経緯は
岸川「私は47歳なんですけども、初代タイガーマスクさんのデビュー戦から生中継で見ていてワクワクしていましたので、大ファンであることは確かなんですけど、初代タイガーマスクさんの道場がすぐ近くにあるんですよね。当社は、神田プロレスというご当地プロレスとか、LLPW-Xという神取忍さんの団体とか、DDTさんとかが奉納プロレスや路上プロレスをやったりとかもやっておりましたので、神社とプロレスというのは親和性が高くてですね、初代タイガーマスクさんもちょっとしたご縁があって知り合いになることが出来まして、リアルジャパンプロレスさんも何回もご招待いただいていたので、拝見させて抱いていたのですが、まずは一番初めに明神塾というところでご講演をいただけないかというお話でご了承いただいたのですが、私は資料館・博物館の担当をしておりますので、こうした資料館に資料がたくさんある江戸の国学という学問に初代タイガーマスクさんが非常に造詣が深くて、話を聞いていただいて面白いということで、コラボ展示をしませんかというお話をしたら、こちらも快くご快諾をいただきました。さらにお守りですね、勝守ということでコラボして大丈夫ということで、こちらのお守りでコラボさせていただきました。ちょっと個人的な趣味も入っていると言われるんですが、恐らくプロレスとお守りのコラボって初めてなんじゃないかなと思うんです。神田明神はなんでも一番初めにやりたがる人間が多いので、プロレスはちょっと靖国さんに取られちゃいましたけど、是非色々なコラボをしたいということで進めてまいりました。ちょっとしたきっかけで知り合ったということです」

――佐山サトルさんこのコラボについてどのような反応をされていましたか
新間「佐山はなんでもオッケーですよ。今、当人ちょっと気力に欠けているところがあるんですけども、このお話が来て、色んな所から、京大の山中教授の方と私の方で繋がりができてですね、タイガーが今抱えている病気を山中教授が、京大が大変な研究をしている。『そういうことだったらタイガーさん一度京大の方においでいただけませんか』ってそんなお話で、ノーベル賞の先生がタイガーをどう診てくれるかっていうのは、これも神田明神のおかげで、このお守りの話が来てからしばらくして京大の色々な話が来たのです。ありがとうございます」

平井代表「付け加えさせていただきますと、佐山総監も今回の神田明神さんとのコラボレーションを非常に、新間会長と喜ばれておりまして、8月26日の講演『初代タイガーマスクの武道精神と日本文化展』におきまして、『プロレスに並び自分の人生の一番のテーマであります武道についてお話ができることを心より嬉しく思います』と言っておりました」


 続けて、6月26日に無観客試合にて開催予定の『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.6』についての発表が行われ、メインイベントでスーパー・タイガー率いるリアルジャパン軍と、藤田和之率いる藤田軍との全面対抗戦が行われることとなった。

▼[リアルジャパン軍]vs[藤田軍]全面対決!
[リアルジャパン軍]スーパー・タイガー/船木誠勝(フリー) 他
vs
[藤田軍]藤田和之(はぐれIGFインターナショナル) 他

 この大会を前に、スーパー・タイガーと間下隼人が会見に出席して意気込みを語った。

スーパー・タイガー
「前回負けて、また私との果し合いを受けてくれたと私は思っているので、それに対してしっかりと結果で応えていきたいと思います」

間下隼人
「前回の記者会見でもお話させていただんですが、自分はこのベルトの価値を上げていきたいと思いますので、可能であれば防衛戦を僕は望みますけど、どんな相手が来ても僕はいつもどおりガムシャラに楽しんでいこうと思います。以上です」

――スーパー選手、現状船木選手とのタッグは決まっていますが、最終的な試合形式としてタッグマッチ、6人人タッグマッチなど望む試合形式はありますか
スーパー「私は藤田選手とまた戦えるのであれば、タッグマッチ、何人でもいいです。極力少ないほうが当たれる確率は高いと思いますので、あまり多くないほうが良いというのが私の望みです」

――間下選手、防衛戦についての話が出ましたが、具体的に誰と防衛戦という希望はありますか
間下「リアルジャパンだとライバルと言うか、年齢が近い方、キャリアが近い方がいないので、そこは平井代表が良いさじ加減で用意してくれると思うので。特に希望はないですね。相手は関係があまりないかなと思ってます」

――スーパー選手、藤田軍との対戦になりますが、藤田軍の選手として参戦を望む選手は居ますか?
スーパー「ちょうど1年前なんですけど、船木選手と組んで藤田選手たちと戦って。自分は藤田選手のパートナーに足を掬われて実際にやられたんで、前回の杉浦選手もそうですし、またNOSAWA選手、また新たに違う選手が来るという可能性、色んなパターンを自分としては考えておかないと、また足元を掬われないようにしっかり15周年を勝って締めたいと思っています。その相手が誰であろうと。そう思っております」

『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.6』
日程:2020年6月26日(金)
開始:18:30
会場:ストロングスタイルプロレス特設ホール
形式:無観客試合

▼[リアルジャパン軍]vs[藤田軍]全面対決!
[リアルジャパン軍]スーパー・タイガー/船木誠勝(フリー) 他
vs
[藤田軍]藤田和之(はぐれIGFインターナショナル) 他

【その他の参戦決定選手】
間下隼人 他

『初代タイガーマスクの武道精神と日本文化展』
会期:2020年7月11日(土)~8月30日(日)
開館時間:9:00~16:00
拝観料:大人300円、学生200円、中学生以下無料
特別協力:初代タイガーマスク(佐山サトル)、中村之洋、伊藤翼(コラボ総研)

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×