DDTゲストコーチの秋山準が若手選手とのシングルマッチで実践教育!「もっと一発一発の重みを増して『休ませてくれよ』と思わせないと」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTのゲストコーチに就任した、秋山準(50=全日本プロレス)が動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で23日に放送された「DDT TV SHOW! #4」(DDT TV SHOWスタジオ)の第3試合で同マット2戦目に臨み、粘る渡瀬瑞基(29)を一騎打ちで制した。

 16日配信の大会で、タッグ対決した渡瀬からシングル戦を要求されて組まれた、この一戦。渡瀬は奇襲を仕掛け、場外戦に持ち込んで先制攻撃を仕掛けた。渡瀬はチョップ、エルボー、ミサイルキックなどで必死の攻めを見せたが、そう簡単に秋山の牙城は崩せない。秋山の場外でのボディスラム、フロントネックロックなどの厳しい攻めをなんとかしのいだ渡瀬だったが、10分過ぎ、ヒザ蹴り連発から、エクスプロイダーを食ってごう沈し、大金星はならなかった。

 秋山は「ヤル気は前回より感じた。これから何度か当たるかもしれないけど、次やったときに、今日よりできるようにならないと。お客さんがいて、アピールするのはいいけど、後ろからやられたら終わり。エルボーにしても、間合いが空きすぎて、もっと一発一発の重みを増さないと。オレはいいけど、『休ませてくれよ』と思わせないと。もっと練習して、エルボーの重みを見せられないと」と辛口ながらも一定の評価は与えた。

 渡瀬は「アレが四天王(時代の)プロレスなんですね。人生の財産になる、コーチをしてもらいました。試合中は『ぶっ殺してやる』と思ってたけど、終わったら感謝しかない。こんな若手のチンピラとシングルやってくれて。潰しに来てくれて。プロレスって世界は広いですね。すごい一発は食らってますけど、それでも『アレが小学校のときにテレビで見て、ジャンピングニーをマネしてた秋山準なんだな』って。本人の技を食らって意識飛んでゾクゾクした」とコメントした。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る
×