DDTプロレスが今後に関する報告会を開催!「DDTグループはどんな逆境であってもプロレスを続けていく。用意したプロレスコンテンツで素敵なおうち時間を」

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5月6日、株式会社DDTプロレスリングの高木三四郎社長が、Youtubeチャンネル『DDT Pro-Wrestling』のYoutube Liveにて『今後の興行に関する報告会』を行った。

高木三四郎大社長
「株式会社DDTプロレスリングの高木三四郎です。本日はYoutube Liveをご視聴いただきましてまことにありがとうございます。報告会に先立ちまして、新型コロナウイルス感染症に羅漢された世界各地の皆様、及び関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げたいと思います。
 それではまず興行に関してご報告させていただきたいと思っております。先日政府より緊急事態宣言の延長が発令されました。株式会社DDTプロレスリングとしましては、これを受けまして、5月23日土曜日から6月23日火曜日までのDDTプロレス、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス各大会を中止とさせていただくこととなりました。各大会を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様にはご迷惑をおかけすることとなりますが、感染拡大を終息するべく、このような判断とさせていただきましたので、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。
 詳細は本日ニュースリリースでご確認いただければと思っております。中止大会に関しましては払い戻しやDDTギフトカードでの振り替えを行っております。DDTギフトカードはDDTグループ全大会の当日券購入、会場販売は前売りチケット購入、会場売店でのグッズ購入で使用可能ですので、是非ご利用いただけますでしょうか。
 あと、6月28日後楽園ホール大会以降で発表されている興行に関しましては、緊急事態宣言の期日である5月31日以降に開催の可否を判断致します。また、開催可能な状況でも、ソーシャルディスタンスに考慮し、席と席の間を空けて密を避ける体制を整えるために、チケット発売を一時見合わさせていただきます。こちらも何とぞご了承ください。
 また、5月7日以降に開始されるユニバース会員先行受付も緊急事態宣言の期日である5月31日以降に興行の開催可否の判断、また開催可能な状況でもソーシャルディスタンスに考慮し、席と席の間を空けて密を避ける体制を整えるために、受付を一時見合わさせていただきます。こちらも何卒ご了承ください。こちらも詳細は本日のニュースリリースでご確認ください。

 そして、新型コロナウイルス感染拡大防止をDDTグループでの取り組みについてご説明させていただきたいと思います
 株式会社DDTプロレスリングとしましては、無観客で行うDDTプロレスのTVマッチを5月からスタートしました。こちらをスタートさせるに当たり、現在以下の取り組みを行っております。
 弊社所属選手、スタッフ、収録スタッフ、及び現場に集まるスタッフには毎日検温と体調報告を義務付けさせております。体調報告は喉の痛み、鼻水、咳、タン、倦怠感、嗅覚異常、味覚異常、嘔吐、他以外で気になる事を問診票に記入させております。他に選手の不要不急の外出を禁止し、極力感染リスクを減らすよう努めております。またDDTユニバースで毎週土曜に配信し好評頂いておりますDDT TVショーの収録にあたり、細心の注意を図り以下の取り組みを行っております。会場では検温を徹底し、37.5度以上の選手スタッフは現場に入れておりません。レフェリーリングアナなどの選手以外の収録に関わるスタッフはマスク着用を義務付けております。
 収録に関わる全ての人員の名簿を都度作成しております。密を避けるために収録選手スタッフマスコミを含めた人員は最小限にとどめております。また体調にひとつでも異常が見られるといった体調が万全でない選手については感染症リスクが高まると判断し、大事を取って欠場させております。取材マスコミは収録3日前から検温、体調報告を義務付けております。
 撮影クルーはウイルス対応ゴーグル、防護服を着用させています。撮影媒体はコメントスペースでは選手と距離をとってコメント収録をしております。
収録スタジオと控室は使用前後で完全消毒しております。収録の際ですが、こちらのドアを極力開放し、常時換気に努めております。
試合前後でリング及びリング周辺を完全消毒しております。全ての機器の使用前後にも消毒を行っております。
DDTプロレス以外でもDDTグループとしましては東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの無観客での収録を現在検討はしております。

 最後になりますが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大によりプロレスはもとよりエンターテイメント業界を取り巻く環境は非常に厳しい状況が続いております。しかし、DDTグループはどんな逆境であってもただでは転びません。プロレスを続けていきます。DDTユニバースでの動画配信やYoutubeチャンネルでの動画配信、他SNSを通じてDDTグループが用意した様々なプロレスコンテンツで素敵なおうち時間をお過ごしくださいお客様の前で興行ができない状況が続きますが、それでもDDTグループを支えてくださる皆さまに改めて深く感謝を申し上げます。
 前向きに全て、前向きに頑張っていこうと選手スタッフ一同頑張っておりますのでどうか、コロナが終息する状況を願って、引き続き会社一丸となって頑張っていきたいと思います。以上でこちらの報告会を終了させていただきます。本日はご視聴いただきましてありがとうございました」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×