新型コロナに負けず全日本プロレスが無観客試合で世界タッグ王座戦を実施!「三冠ヘビー級王座の防衛戦もやりたい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5日、全日本プロレスTVにて、無観客試合『全日本プロレス中継 2020 ~そして、闘いはつづく~』が配信された。

 全日本プロレスは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止による興行自粛の状況を打破すべく、4月6日に団体初となる無観客試合の生配信を実施。そして4月30日よりプロレス専門チャンネル『サムライTV』でのTVマッチを、5月5日からは独自配信プラットフォーム『全日本プロレスTV』でのTVマッチシリーズを開始している。

 無観客試合とはいえ、前回のTVマッチでは“ヤンキー二丁拳銃”宮本裕向&木高イサミvs宮原健斗&フランシスコ・アキラのアジアタッグ選手権試合が行われるなど通常の大会と同等の豪華なカードが揃う大会に。
 そして今大会のメインイベントでは、“暴走大巨人”諏訪魔&石川修司vs宮原健斗&ヨシタツの世界タッグ選手権試合が行われた。

 諏訪魔は3月に夢の五冠王(三冠ヘビー級王座&世界タッグ王座)を達成したものの、前回の無観客試合でヨシタツが「俺にシングルで負けまくっといてなにが五冠だ!」と挑発。急遽両者のシングルマッチが行われるも、暴走した諏訪魔の反則負けという結果になり、ヨシタツが前三冠王者であり盟友の宮原健斗との“ヨシケン”タッグでの世界タッグ王座挑戦を要求。これが認められ、全日本プロレスで初の無観客試合での世界タッグ選手権試合が決定された。

 試合は因縁の諏訪魔とヨシタツの対面が中心となるが、暴走大巨人のタッグワークが冴え渡りヨシタツが捕まる展開に。この日の宮原はヨシタツのサポートに回り、要所要所でのカットでヨシタツを鼓舞し、終盤にはヨシタツと諏訪魔の一騎打ちの場面を作り出す。
 ヨシタツは諏訪魔のキメ台詞である「投げるぞオイッ!」と叫んで諏訪魔の必殺技であり自らも得意とするバックドロップを狙っていくが、諏訪魔はお返しのバックドロップ。石川との合体技であるサンドイッチラリアットや境川、ロケット・ブロッサムを決めて畳み掛け、ラリアットからのバックドロップホールドで試合を決め、2度目の防衛に成功した。

 諏訪魔は無人の会場を眺めて「いつもだったらね、ここでお客さんがドッと来てくれるんだけど……昔に戻ったみたいだあ。若手の頃みたいになってきた(笑)」と苦笑。
 しかし、「俺ねえ、じっと見てくれるプロレスってのが大好きなんだよね。『こうしたらお客さんがキてんだろうな』ってのがイメージできる。若手とかにはものすげぇいい場なんじゃないかなと思う。だぁって観客の声援なんかに左右されてたらイカンでしょ!そういう意味では初心を取り戻せたと言うか、じっくりとしたプロレスを体現するべきなんだと思った。おかげで防衛も出来たし。TVマッチでのタイトルマッチってのはいいねえ!シビれた!」と手応えを感じた様子。

 そして石川は「我々40代が新しいことをしていかないと面白くないでしょう!諏訪魔さんも来年くらいにはもっと進化して、YouTuberにでもなってるかもしれない。サイバーな諏訪魔さんになってるかもしれないですね。でもリング上はもちろん、どんどん俺たちは進化していって、もっともっと面白い全日本プロレスをお客さんに届けましょう。その先頭は諏訪魔さんにお願いします。今だからこそ自宅で待機してくれてるお客さんに届けたいっていう思いが強いんで、このリング上での戦いを画面の向こうのお客さんにもっともっと届けられるように、もっともっとファイトしていきたいと思います」とメッセージを贈った。

 そして諏訪魔は「こうやってもっともっと防衛戦していくのもいいんじゃないかな。三冠だってあんだしさ。世界タッグだってあんだし。どんどんどんどんやりたいですね。そこは全日本プロレスに判断してもらいてぇな」と三冠ヘビー級王座も含めたTVマッチでの防衛戦に意欲を見せた。

 次回のTVマッチ『全日本プロレス2020~約束の世界ジュニア~』は、全日本プロレスTVにて5月16日に配信される予定となっており、本来4月11日に行われるはずであった【王者】横須賀ススムvs【挑戦者】佐藤光留の世界ジュニア選手権試合が行われる模様だ。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×