初代タイガーマスク後援会が東京都社会福祉協議会にマスク1万枚を寄付し感謝状を受贈!初代虎は「もし病気が治らなかったら自分はコロナウイルスを引き受けて向こうの世に行く」と決意

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、東京都・セントラルプラザにて、社会福祉法人東京都社会福祉協議会がマスクを1万枚寄付した一般社団法人初代タイガーマスク後援会へ感謝状を贈呈した。

 同後援会は、社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会にもマスク1万枚を寄付しており、このマスクは同福祉協議会を通じて神奈川県内の児童養護施設、乳児院、児童自立支援施設、児童心理施設等の49施設、約2000人の児童に配布された。今月10日にはこの功績を讃えて同福祉協議会から感謝状を受けており、今回は2件目の表彰となった。

 会見出席者・マスコミともにソーシャルディスタンスを空けた席配置で会見は行われ、一般社団法人初代タイガーマスク後援会の大倉満理事長から社会福祉法人東京都社会福祉協議会の乳児部会部会長の都留和光氏へマスクが贈呈された。

 続いて、新間寿代表理事は、闘病中のためにこの会見に出席することが叶わなかった初代タイガーマスクの想いが籠もった虎のマスクを被り、初代タイガー直筆の「異体同心」の書を手に挨拶を行った。

 新間代表理事は、佐賀県唐津市にある警神神社である増田神社に祀られる増田敬太郎さんが『自分が死ぬときはこのコレラ菌を自分がこの地区から背負ってあの世に向かいます』と語って天に召されたという逸話から、その献身的な努力に感銘を受けた旨を語る。
 そして、初代タイガーが「自分がもし病気が治らないで向こうの世界に行くんだっていうときに、自分はコロナウイルスを引き受けて向こうの世に行くんだ」と語ったというエピソードを紹介した。

 さらに、「医療従事者やその家族に対して『コロナが来た』だとかイジメをするという、そういう風潮がでている」と激怒。異体同心の心で日本国民が1つになって協力していくことの必要性を熱弁し、「思いやりの気持ちと不退転の気持ちでもって、コロナに打ち勝つんだ!見えない敵と戦う。その不動心を我々は持っている。それが異体同心であります」と初代タイガーの想いを代弁した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×