新型コロナウイルスに負けず世界初の路上電流爆破デスマッチがさいたまスーパーアリーナで開催!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11日、埼玉県・さいたまスーパーアリーナにてDDTプロレスリング『DDT LIVE!不要不急の路上電流爆破プロレス”in さいたまスーパーアリーナ』が行われた。

 路上プロレスとは、DDTが得意とする屋外や商業施設内といったリングの存在しない場所で行うプロレスの形式であり、過去にはとしまえんや花やしきといったテーマパークから、本屋やホームセンターなどの店内、さらには日本テレビやサイバーエージェントの社屋内などありとあらゆるところで試合を行ってきた。
 2017年に東京ドーム内にて行われた路上での無観客試合に続き、今回はDDTが今年6月7日にビッグマッチを開催するさいたまスーパーアリーナで路上無観客試合を開催。その模様はAbemaTVにて生放送されていた。

 この日もさいたまスーパーアリーナのロビーから地下駐車場、ロッカールーム、資材倉庫、屋上と敷地内をフルに使った路上プロレスを展開。
さらにコミュニティアリーナでは、さいたまスーパーアリーナと縁が深い青木真也がHARASHIMAを相手にDDT EXTREME級王座をかけて巌流島決戦さながらの無観客試合を行って勝利し、青木の戦歴に新たな1頁が刻まれた。

 そして今回の目玉は、世界初となる路上での電流爆破デスマッチ。
 決戦の場となったけやきひろばには大仁田厚が降臨し、自らも電流爆破バットを被弾して紫電に包まれながらも立ち上がり、電流爆破バットで反撃へ。しかしこれは味方にヒットしてしまい、誤爆を受けた仲間が敗北したことで大仁田は勝利ならず。
 大仁田は今月28日に富山県にて行われる電流爆破1DAYトーナメント『爆破甲子園』での勝利に向けて気炎を上げた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×