L.I.JがNEVER6人タッグ王座を防衛も矢野通がベルトを強奪!「俺とコルト・カバナさんで日本でもアメリカでも響くベルトにしてやるよ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『釣り★スタ presents Road to THE NEW BEGINNING』が行われ、鷹木信悟&SANADA&EVILがNEVER無差別級6人タッグ王座を防衛した直後に突如現れた矢野通がベルトを持ち去った。

 鷹木&SANADA&EVILは1月5日の東京ドーム大会でのガントレットマッチを制して同王座を戴冠。同日には後藤洋央紀がKENTAを制してNEVER無差別級王座を奪取していたが、翌日に鷹木がタッグマッチで後藤をKOし「IWGPヘビーとICのベルトは内藤の力によって史上最高に光り輝いてる!それに比べてNEVERはなんてざまだ!」と一喝したことで遺恨が生じ、両者は今月1日の札幌大会で決戦を行った。
 札幌大会では鷹木が後藤から王座を奪取したが、その遺恨は晴れぬまま、NEVER戦線を牽引してきた石井智宏らも巻き込んで因縁を深めていき、この日は“L.I.JvsCHAOS”の構図となる鷹木信悟&EVIL&BUSHIvs後藤洋央紀&石井智宏&ロビー・イーグルスというカードでNEVER6人タッグ選手権試合が行われた。

 試合は序盤から6人がリング上で入り乱れて場外各所で乱闘を勃発させ、互いが互いの意識する相手とのマッチアップを求めて激突していく6人タッグの醍醐味が顕著に出た好試合となり、鷹木は石井と正面からラリアットやエルボーを打ち合っていき、その後も石井が飛び出してきた出会い頭にラリアットを叩き込んで石井をダウンに追い込む激しいパワー合戦を展開。さらに後藤と石井がそれぞれ鷹木とEVILへ同時に牛殺しを見舞う競演を見せる。
 最後はBUSHIとロビーの対面となり、BUSHIがエムエックスで飛び込んできたところをロビーが地対空コードブレイカーで迎撃し、ロン・ミラー・スペシャルに捕らえて決着かと思われたが、BUSHIが足を極められながらロビーの顔面に毒霧を噴射して脱出するとエムエックスを叩き込み、激闘に終止符を打った。

 しかし、全員が満身創痍で倒れ込む中で突如矢野通が会場に現れ、NEVER6人タッグの3本のベルトを持ち去り満面の笑み。

 バックステージに駆け戻った矢野に真意を聞くと、「俺はアメリカに行ったときからカバナさんと俺で挑戦させろと何度も何度も何度も言ってきた!しかし!しかし!海を越えると全然声が届かない!なんでなんだよオイ!だから、だから!この日本で行動に移したまでだよ!馬鹿野郎!おい、このチーム名はな、カバナUSAかな?YTRジャパンかな?乞うご期待だよ!オイ!俺とカバナさんでオイ!日本でもアメリカでも響くベルトにしてやるよ!馬鹿野郎!」とまくし立てて会場を後に。
 そして直後に田口隆祐がフォローに現れ「だから、つまりですね、カバナUSAも矢野ジャパンも、タグチジャパンなんですよ。結局タグチジャパンの下。ね?分かります?グループなんですよ、グループ。だからタグチジャパンですよ。タグチジャパンでベルトに挑戦だ!オラッ!」と独自の理論を語って去っていった。

 これに対しBUSHIは「前代未聞じゃなんじゃないの?ねえ、こんなのある?チャンピオンチームが防衛したのに最後にベルトを持つ姿がないんだよ。そのNEVER無差別級6人タッグのベルト、欲しいならさあ、堂々と言ってくれよ。わざわざ盗みに来るものじゃないでしょう。でも盗むくらいに魅力的だったんじゃないの?あのベルトが。後楽園でやられたんだ。後楽園で返してやるよ。いいか、矢野。後二人連れてこいよ。NEVER無差別級6人タッグのベルト、ここ後楽園ホールで防衛戦を行う!以上!」と後楽園ホールでの防衛戦を宣言した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×