“WWEを目指す愛媛のエース”ライジングHAYATOが伊予魔神軍からタッグ王座を奪還し「僕は世界で一番のプロレスラーになる」と男泣き!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1日、愛媛県・松山市総合コミュニティセンターにて『愛媛プロレス ビッグマッチ』が行われ、カーベル伊藤がライジングHAYATOとともに四国統一タッグ王座を獲得した。

 愛媛プロレスとは、2016年4月2日に”愛媛発のご当地団体”として旗揚げされたご当地プロレス団体。当初は元・博報堂のプロレスラー三富政行が社会人プロレス団体としてプロデュースした団体であったが、現在はキューティエリー・ザ・エヒメ代表のもとで『プロレスで愛媛を元気に!』をスローガンに掲げて活地域に根ざしたプロレス団体として成長を続けている。
 2018年7月に起きた西日本豪雨で愛媛が被災した際には、被災翌日に愛媛プロレスのメンバーが生活物資などトラック7台分ほどを被災地の避難所8カ所に届け、そのまま復興活動に参加。地元企業である三福グループやネクスポイント、味元サービスの支援のもと1週間毎日被災地へ物資を届け、浸水した家屋の清掃及び撤去作業に従事するなどのボランティア活動を行った。これらの活動が評価され、エリーが愛媛の情報発信や観光イメージ向上を担う70人目の「伊予観光大使(愛称・いよかん大使)」に就任するなど地元住民たちにも愛されている。

 その愛媛プロレスに於いて弱冠20歳でエースを張るHAYATOは「世界中に愛媛の魅力を伝えたいという理想に燃え、「WWEを目指したい」と語りつつも「世界的スターになって愛媛に帰ってくることが目標」という熱い地元愛を持っている選手。
 全日本プロレス、NOAH、DDT等の大手団体にも参戦しており、今年には自団体のみならず大阪プロレスのタッグ王座を獲得するなど着実に力を付けている。

 愛媛プロレスは基本的にイベントなどでの無料興行が中心となっているが、今大会は年2回の有料ビッグマッチ。
 この日のHAYATOは今年6月の全日本プロレス愛媛大会でのタッグトーナメント優勝を果たした際のパートナーであるカーベル伊藤とともに四国統一タッグ王座を持つ王者組、“伊予魔神軍”KURUSHIMA&土屋クレイジー with 大向美智子に挑戦。

 シングル王座戦線でも因縁があるHAYATOと土屋がバチバチと打撃戦を行う中、伊予魔神軍のダーティな連携攻撃で両腕を破壊されたHAYATOは大苦戦。
 カーベル伊藤がジャイアントスイングやロメロ・スペシャルなどのダイナミックな攻撃でKURUSHIMAを圧倒してHAYATOを救出すると、全軍入り乱れた場外戦へ発展しカーベル伊藤がコーナートップから場外へのカーベルスプラッシュを放つなど躍動。
 リング上では土屋がエクスプロイダーやシャイニングウィザードなど大技攻勢でHAYATOを追い込んでいくが、耐えきったHAYATOがしまなみドライバー。これを返されると未だ名前が無かった新必殺技であるライジング・ライジング(チキンウイングアームロックをかけた状態からコーナーを駆け上がり、足で相手の首を挟んで脳天からマットに突き刺す複合技)で3カウント。

 タッグ王座を奪還したHAYATOはリング上で男泣きしながら「僕は17歳で愛媛プロレスに入りました。最初はただ地元でプロレスが出来るだけで幸せでした。でも、3年、4年と経ち、こうやってたくさんのお客さんに来てもらえるようになり、今年は大日本さん、全日本さん、NOAHさんやDDTさん、色んな団体にも上がらせて頂き、藤波辰爾さんとも試合をさせて頂き、そしてこんなにも僕たちのことを応援して下さる皆さんがいて本当に幸せものです!ありがとうございます!たった5人から始まった愛媛プロレス、リングも無い!道場も無い!最初のビッグマッチはお客さん100人ちょっとだと思います!でも、こうして何度も何度もビッグマッチを行えたり、週末大会を開けるのは皆さんのご協力があってこそだと思います!皆さん本当にありがとうございます!僕は世界で一番のプロレスラーになるのが夢です!『この愛媛から世界でいちばん有名なプロレスラーを輩出した』と皆さんに誇ってもらえるよう頑張ります!」とマイクで思いを叫んだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×