【インタビュー】炎出丸が8・18『K.O CLIMAX 2019』で対戦の同郷・沖縄出身の壱・センチャイジムへ胸を貸す?!「ここで厳しさを教えてやろうと思っています」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月18日(日)大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』で、壱・センチャイジムと対戦する炎出丸のインタビューが行われた。

──今回 KNOCK OUT 参戦が決まりました。
「最初、ピンと来なかったんですけど、いざ会見の会場とかに呼ばれて行ってみると、じわじわと僕は KNOCK OUT に出るんだなと。周りの友達は『KNOCK OUT に出るんだ!?』と驚いてくれて反響も大きかったのでじわじわと来てます」

──以前から KNOCK OUT に出たかったという想いは?
「とりあえず自分がメインに出ている REBELS を盛り上げるという意識でした」

──今回から新体制ですけど、旧体制の KNOCK OUT の印象は?
「同じジムの不可思、(小笠原)瑛作が出ていて頑張っていましたが、僕は僕で REBELSでやっていきたいことをやりたいなと。KNOCK OUT と REBELS が提携したことによって気持ちはどんどん入ってきて、いい形で盛り上げていきたい気持ちは沸いてきたのでモチベーションも上がってきました」

──KO の多い大会ですが、ご自身も KO を意識した戦いになりますか?
「今回の試合が 3R なので早い段階でガンガン行かないといけないという気持ちはあります。倒したいという気持ちだけでいるといい結果が出たことはないので、とにかく自分をアグレッシブに出す。その結果、倒したり、いい試合になってくれたらいいですね。そこに捉われちゃうと絶対にドツボにハマるとわかってます。以前に満員のお客さんが集まる後楽園ホールで試合に出たことがあるんですけど、気負いしちゃってダメな時がありました。大きい舞台だからといってそこまで気負わず自分らしくやっていければ、と思ってます」

──相手の壱選手にはどんな印象がありますか?
「うまくて綺麗に戦うという印象です。綺麗に戦って勝ってきているので、ちょっときつかったり、競った場面を経験したことがないのかなというのはあるので、そこは狙い所だと思ってます」

──壱選手はまだ若い選手だけに、ご自身のキャリアも長くなってそういう差を見せ付けたいという想いもありますか?
「そうですね。経験からこれまでの戦略も生まれてきてるので、しっかり経験を生かしてやっていきたいですね。首相撲の技術も見せたいのですが、最近そこまでこだわってないんですよね。相手が首相撲に対して弱ければ、そのの穴を攻める感じになります。そこで差を付けられなかったら使わなくてもいいかなとも思ってます。打ったり蹴ったりという攻防もお客さんにはしっかり見せたいと思っていて、それプラス、首相撲のアグレッシブなところも見せられたらというのを理想に置いています。自分のスタイルを変えることに悩んだ時期もあったのですが、自分の中でだいぶ形になってきました。いろんな負けも勝ちも含めて今まで続けてきた結果、今があるんだと思います」

──ファンにどういったところを見てほしいですか?
「僕のスタイル的には結構しつこく行って勝つタイプなので、相手が今回みたいにうまかったり、ガンガンくる方が面白くなると思うんですよ。相手のうまさをしつこく潰して、天才肌の若い子の鼻をへし折ってやろうかなと。同じ沖縄出身で若い選手なので、本当はもっと頑張ってもらいたいんですけど、俺に負けてもらって、そこからまた目立ってほしいなと思っています、アハハハ!」

──以前に交流はあったのでしょうか?
「だいぶ年齢差があるので共通の知り合いがいるわけでもないですし、交流も全然ないです。彼はリングネームなので沖縄出身者とはわからなかったんですよ。翔センチャイジムと同級生なのでちょこちょこ交流あるんですけど、そいつが沖縄の子だよと聞いていたぐらいでした」

──住んでる地域とかは?
「それもまだ知らないですね。今は興味ないです(笑)」

──沖縄の方は上京してきて仲間意識はあるのでしょうか?
「あります。仲間意識はあるので、ぶっちゃけ頑張って欲しいという気持ちがあるんですけど、それを今見せてしまうとまずいので普通に自信を折ってやろうかなと」

──対戦が決まって、壱選手と同じ 20 代の頃の自分を思い出したりとかはありました?
「僕も一人で上京してきて、彼もああいう風に頑張ってるので感じるものはありますよね。だけど試合は試合なので僕も人生を懸けてやっています。まだ彼は若いので、ここで厳しさを教えてやろうと思っています」

──今まで同郷対決はありました?
「沖縄の大会ではありますが、今回が初めてだと思います。沖縄のジムに所属している人とはやったことあるんですけど、その人はウチナンチュ(=沖縄人)ではありませんでした。だから今回は変な感じです」

──KNOCK OUT には色んな団体の選手が集まりますが、同階級でやりたい選手はいますか?
「やっぱり江幡塁君は名前もありますし、瑛作も倒しているのでどんだけ強いのかなと。選手をやってる以上は、ああいう強さを体感してみたいというのはあります。ただ、今の状況ではそういう発言権もないですし、今回の KNOCK OUT トーナメントに出場する大野(貴志)選手に僕は負けていますからね(2019 年 2 月 17 日、炎出丸が 3RTKO 負け)」

──会場のファンにメッセージをお願いします。
「大きい舞台なので皆さんの心に残るような試合を 8 月 18 日、見せたいと思うのでぜひ会場に来てください」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×