“THE DRAGON”鷹木信悟がドラゴン・リーへ「日本のドラゴンとメキシコのドラゴン、どちらが凄くて強いか決めようぜ」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『BEST OF THE SUPER Jr.26』が行われた。

 セミファイナルでは、BEST OF THE SUPER Jr. 26のAブロック公式戦として、鷹木信悟とマーティ・スカルのシングルマッチが行われた。
 試合は、序盤からマーティが得意の腕攻めを展開して鷹木の打撃力を奪っていく展開。しかし、マーティが逆水平チョップを連打し「打ってこい!」と両手を広げて挑発すると、鷹木が鬼の形相で逆水平チョップとエルボーを連打し、後頭部へパンピングボンバーを叩き込むなどパワーファイトで圧倒。
 鷹木が正調のパンピングボンバーを狙ってロープに走ると、マーティのセコンドに付いていたブロディ・キングが場外から鷹木の足を引き倒し、レフリーがこれを注意している間にマーティが傘で鷹木を殴打しラリアット。
 その後も2人は巧みにレフリーの気を逸したり昏倒させたりして2vs1の構図で鷹木を集中攻撃していくが、鷹木はブロディのラリアットをマーティに誤爆させてブロディをパンピングボンバーで排除、マーティには熨斗紙、パンピングボンバー、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンと畳み掛け3カウント。
 鷹木はブロディの肩を借りて退場していくマーティをリング上から睨みつけ、マーティの傘をヒザでへし折って実力の差を見せつけた。

 しかし、バックステージに戻った鷹木は「マーティ・スカル……ジュニアシングルのベルトを持ってた時期もあって警戒してたけど、まさかブロディが入ってくるとはな。ただ、そのおかげで俺は!……燃えたぜ。俺はああいうデカい奴を見るとぶっ飛ばしたくなるんだよ。流石マーティだ」とマーティとブロディを称えて呵呵と笑う。
 そして、翌日に控えたドラゴン・リー戦に言及すると、「“ザ・ドラゴンvsドラゴン・リー”!日本のドラゴンとメキシコのドラゴン、どっちが凄くて強いか……明日の後楽園メインイベント!ドラゴン・リー、真っ向勝負でやろうじゃないか!」と表情を引き締め、気合を入れながら会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る