“スーパー・ストロング・マシン二世”ストロングマシーンJがデビューから破竹の15連勝!「令和になっても俺たちの進化は止められない」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『KING OF GATE 2019』が行われた。

 この日の第3試合では、マシン軍団のストロングマシーン・J&ストロングマシーン・G&ストロングマシーン・Fの三人が石田凱士&ジェイソン・リー&ドラゴン・キッドと6人タッグで対戦。
 Jは、かつて新日本プロレスで活躍したスーパー・ストロング・マシンの実子であり、昨年6月のマシンの引退試合で父の姿を見て過去に1度諦めたというプロレスラーになる夢を再燃させDRAGON GATEに入門。
 今年4月の後楽園ホール大会でのデビュー戦では父の盟友である将軍KYワカマツを伴って登場。堀口元気を父直伝の魔神風車固めで沈めて勝利を飾り、以後一ヶ月で負け無しという破竹の快進撃を続けていた。

 マシン軍団の奇襲で始まったこの試合は、序盤からGとFが老獪なベテランのような息もつかせぬ連携攻撃で畳み掛け、全く同じマスクを被っていることを生かした入れ替わり等で石田を翻弄し、徹底した足攻めを行っていく。
 Jが魔神風車固めで試合を決めようとしたところでジェイソン、キッドがスピーディな連携で石田を救出し、ジェイソンがJへバズソーキックを連打。
 JのピンチにFとGが飛び出してくると、相手3人をマシンラリアットで次々となぎ倒していき、サポートを受けたJが魔神風車固めでジェイソンから勝利を奪った。

 バックステージに戻ったJは、「見たかお前マシン軍団、この後楽園で丁度一ヶ月前にデビューしたんだ。そこから15戦無敗。平成から令和になっても俺たちが進化することを止めることは出来ない。進み続けていく。これからやりたいことは特に無いけどさ、いつでも相手してやるよ。誰でもいい。覚悟しとけ!」と指を指し、会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る