歌舞伎町のお嬢がプロレスデビューも惨敗

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、新宿FACEにて歌舞伎町プロレス『百花繚乱~傾け男たち!~』が開催。第2試合では佐倉仁プレゼンツ『るるん。お嬢★デビュー戦』6人タッグマッチが行われた。

 歌舞伎町プロレスは、プロレスラーであり元NO.1ホストの美月凛音(2007年デビュー/RING→DDT→歌舞伎町プロレス)が2015年に旗揚げ。大会の他に歌舞伎町のゴミ拾いや商店街での路上プロレス、ボッタクリ防止の啓発活動などを行い、『歌舞伎町の地域活性化』『歌舞伎町を世界に誇れる街に』を合言葉に活動している。
 今大会の総合プロデューサーには“元博報堂レスラー”三富政行が就任し、オリンピックに向けて新たなスタートを切っていた。

 第2試合では、三富が歌舞伎町で働いているところをスカウトしたという“地獄のヤンキーロリータ”るるん。お嬢★が、凛音の行っている『歌舞伎町活性化1000万プロジェクト』によりプロレスデビュー戦へ。

 るるんは元海上自衛隊の女装ストリッパーレスラー寧々∞D.a.iと、武藤敬司が校長を務めるプロレス総合学院2期生でありナルシストすぎる役者レスラーのアンドロメダKENを従えリングに上がるが、様々な団体で活躍している美人レスラー夏すみれは日本一売れているゲイ雑誌『Badi』で表紙を務めた事もある新宿二丁目プロレス出身のイケメンレスラー竹田光珠と、関西の若手イケメンレスラー政岡純とともに歌舞伎町らしく華のある出で立ちで登場する。

 試合は夏とるるんの取っ組み合いの場外乱闘から開始し、必死にエルボーを打ち込んでいくるるんだったが夏はいなしてビッグブーツを顔面に叩き込む。夏は容赦ない顔面攻めを行い、心が折れそうになるるるんを寧々とKENがサポートしていくも、最後は夏の首4の字でるるんはタップした。

 勝利した夏には、世界で活躍するハイパーバリトンギタリストの佐倉仁さんより勝利者賞が贈られた。
 なお佐倉仁さんは『桜人祭』というライブイベントを毎月第4火曜日に渋谷のテイクオフセブンというライブハウスで行っており、今後プロレスとのコラボなども検討しているとのことだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る