7度目の復帰を果たした大仁田厚が歩行困難で両ヒザ手術へ!「2月のジャイアント馬場没20年追善興行とスターダム★アイドルズは這ってでも出る」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 日本初の“ボランティアレスラー”大仁田厚(61)が両ヒザの激痛のため、歩行すらままならない状態に陥っていることが17日に分かった。

 大仁田は83年4月20日、全日本プロレス・東京体育館大会で、へクター・ゲレロを退けて、当時保持していたNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座の防衛に成功したが、試合後のアクシデントで左膝蓋骨を粉砕骨折する大ケガを負った。完治にはほど遠いまま見切り発車で復帰したものの、思うようなファイトができず、85年1月に引退を余儀なくされた。

 ブランクを経て、88年12月にカムバックし、89年10月にFMWを旗揚げ。有刺鉄線や電流爆破を中心としたデスマッチに活路を求めて大成功を収め、“涙のカリスマ”と呼ばれるまでになった。

 その後、引退と復帰を繰り返したが、古傷である両ヒザへの負担は尋常ではなかった。傷めている左ヒザをかばうため、右ヒザも悪くした。昨年10月28日には、プロレスリングA-Teamのラブコールに応えて、“ボランティアレスラー”として、7度目の復帰を果たし、3試合をこなしたが、両ヒザの痛みがひどくなり、歩行困難に。現在、外出する際は車イスの携行が欠かせなくなったという。

 16日、佐賀県内の病院で検査を受けた大仁田は、担当医から「このままいけば、プロレスどころか日常生活にも支障が出て、歩けなくなって、車イスの生活になります。手術が必要です」と非情な宣告を受けた。

 さしあたって、大仁田は2月11日のスターダム★アイドルズ(東京・新木場1stRING)、同19日の「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」(東京・両国国技館)への参戦が決まっており、その出場に赤ランプがともってしまった。

 それでも、大仁田は「師匠・馬場さんの追善興行はもちろんだけど、まずはスターダム★アイドルズの興行には、どんなにヒザが痛くても痛み止めを使って、這ってでも出ます。2・11新木場は、GMでエースの中野たむ選手が、舞台出演のため、欠場することになったから、なんとしてもオレが出なきゃいけない。今回はハードコアとアイドルを融合させた興行になる。どういう化学反応が起こるか楽しみ。試合形式はストリートファイトバンクハウスデスマッチを考えている」と強行出場を宣言した。

 続けて、大仁田は「両国大会が終わったら、両ヒザの手術を受けるつもりです。どういう手術になるか、まだ決まってないけど、人工関節を入れることも選択肢のひとつ。だから、2・11新木場、2・19両国の後は長期欠場になってしまうだろうね」と発言。

 手術方法のいかんにより、欠場期間は変わりそうだが、2月の2大会を最後に、しばらく“大仁田劇場”は休業となるもようだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る