“現IWGPタッグ王者”タマ・トンガ&タンガ・ロアがスーパーパワーボムでEVIL&SANADAに勝利!「俺たちが邪道と外道を継いでいくんだ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『WORLD TAG LEAGUE 2018』が行われた。

 この日のセミファイナルでは、現IWGPタッグ王者の“G.O.D”タマ・トンガ&タンガ・ロアと、リーグ戦単独首位の前年度覇者・EVIL&SANADA組が対戦。
 
 EVIL&SANADAは序盤から息の合ったタッグワークでタマを翻弄し、SANADAのパラダイスロックで試合の主導権を握るものの、追撃を狙うSANADAをロアが場外に引きずり下ろして乱闘に。
 ロアはEVILを片手で挑発しながらワンハンドボディスラムでSANADAを叩きつけ、EVILに掟破りのマジックキラーを放つなど暴れまわり、反撃を狙うSANADAをセコンドに付いた邪道が竹刀で殴打して連携攻撃を放つなどの巧みなインサイドワークも見せていく。
 最後はタマ&ロアが邪道&外道の合体技であるスーパーパワーボムでSANADAを葬った。

 バックステージに戻ったタマは「正しい方向にしか進んでいない。俺たちが勝ち続ける。邪道&外道のレガシー、ストーリーを俺たちが継いでいくんだ!」と叫び、邪道&外道の後継者に名乗りを上げる。
 これを聞いた邪道は「スーパーパワー!G.O.D!ディス・イズ・ディスティニー!これこそ運命だ!」と大喜び。

 前日と合わせた二連勝でG.O.DはEVIL&SANADA組と矢野通&石井智宏組に並び、12点獲得の同率首位に立った。
 しかし、10点獲得の同率2位には、チャッキーT&バレッタ、デビッド・フィンレー&ジュース・ロビンソン、デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー、タイチ&ザック・セイバーJr.と強豪タッグが4組ひしめく混戦となっており、決着が迫ったリーグ戦の行方に注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×