大仁田厚が1年ぶり7度目の復帰!ボランティアレスラーデビュー戦を電流爆破バット攻撃で勝利で飾りジャイアント馬場追善興行への参戦を熱望!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 プロレスリングA-TEAMの10月28日、神奈川・鶴見青果市場大会で、ボランティアレスラーとして、1年ぶり7度目の復帰を果たした大仁田厚が、来年2月19日に東京・両国国技館で開催される「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」への参戦を熱望した。

 A-TEAMの熱意に負け、日本人史上初のボランティアレスラーとしての復帰を決断した大仁田。鶴見大会では、因縁浅からぬケンドー・カシン、HASEGAWAとトリオを結成し、キム・ドク、橋本友彦、雷電組と、ストリートファイト・エニウェアフォール電流爆破バット&有刺鉄線地雷ボード6人タッグデスマッチで激突。

 開始早々、ドク組のセコンドに付いていたチェーンソー・トニーが乱入し、事実上の3対4のハンディ戦でスタート。大仁田はのっけから、雷電に机上パイルドライバーを見舞い、1年のブランクを感じさせない動きを見せた。
そして、ドクが爆破バットを手に、HASEGAWAを殴打しようとするも、HASEGAWAが交わして、コーナーマットに誤爆。続いて、大仁田が試合に介入したトニーを地雷ボードの上に蹴落とすと、すさまじい爆破が起き、トニーは青息吐息。
 橋本に毒霧を噴射した大仁田は、机の破片で橋本、雷電、ドクを立て続けにぶっ叩いた。だが、橋本に捕獲された大仁田は、リング中央でイスに座らされると、佐瀬昌宏レフェリーとともに、爆破バットで一撃される。
 レフェリー不在に救われた大仁田は息を吹き返すと、雷電に爆破バットをフルスイング。急きょ入ったガンダーラ鈴木サブレフェリーが3カウントを叩き(13分9秒、体固め)、1年ぶりの勝ちどきを挙げた。
「心の底からオマエらにありがとよ! 1回の人生、胸いっぱい生きようじゃねぇか!」と絶叫し、リングを降りた大仁田は、ファンからバースデーケーキをプレゼントされ(25日が誕生日)、控室に引き揚げた。
 大仁田は「61歳でボランティアレスラーとして初日を迎えました。ボランティアレスラーにはデビューはあるけど、引退はない。好きなときに出て、好きなときに去る。次の目標は、プロレス界に2人嫌いな人がいる。1人は爆破に当たらなかった長州力。もう1人は、『週刊プロレス』元編集長のターザン山本だ。アイツは言いたいこと言って、1度デスマッチを体験してみろって! 体験して、プロレスのすごさを感じていただきたい」と、山本氏とのデスマッチ対決を迫った。
 さらに、大仁田は「(来年)1月に英国に行きます。4月5日、6日、7日に、米国のニューヨークに行って、試合とサイン会をやります。海外は“治外法権”。日本では引退しても、海外では引退してませんから、ボランティアレスラーではなく、プロレスラーとして試合をします」と海外マットでの今後のプランを明かした。

 そして、大仁田は師匠である故・馬場さんの「没20年追善興行」への思いを口にした。試合後のバックステージには、同興行の実行委員会に名を連ね、馬場さんの肖像権を管理する、(株)H.J.Tプロダクションの緒方理咲子さん(故・馬場元子夫人の姪)らが表敬訪問。なぜか関係ないカシンが一緒に現れ、「大仁田さん、2月19日、馬場さんの追善興行に出てください」とオファー。
 大仁田は「ボクはずっと、馬場さんの付き人をしていた。馬場さんのパンツを洗ったのは、ボクくらいでしょ。ぜひ出させてもらいたい」と話し、実行委員会からの正式オファーを待つ構えを見せていた。

 また、鶴見大会の第3試合では、WEWタッグ王座決定リーグ戦公式戦で、池田大輔、HASEGAWA組が、橋本友彦、守部宣孝組と対戦。HASEGAが11分11秒、回転エビ固めで丸め込んで勝利。池田組は4連勝で得点を8と伸ばし、同リーグ戦の単独首位の座を守った。

プロレスリングA-TEAM
『秋の風物詩スペシャル興行~大仁田厚ボランティアレスラーデビュー戦~』
日時:2018年10月28日(日)
開始:13:00
会場:神奈川・横浜市鶴見青果市場
観衆:450人(超満員)

▼WEWタッグ王座決定リーグ戦公式戦 30分1本勝負
美月凛音/○藤原ライオン
6分49秒 ワキ固め
奥田啓介/●榎本陽介

▼負けたらリングネーム改名マッチ! 30分1本勝負
○黒田哲広
7分20秒 ラリアット→片エビ固め
●佐野直

▼WEWタッグ王座決定リーグ戦公式戦 30分1本勝負
池田大輔/○HASEGAWA
11分11秒 回転エビ固め
●橋本友彦/守部宣孝

▼WEWタッグ王座決定リーグ戦公式戦 30分1本勝負
△下田大作/櫻井匠
時間切れ引き分け
雷電/△定アキラ

▼フロム・アメリカvsカモンベイビー・アメリカ 45分1本勝負
○ランディ・プレヤー
5分59秒 変形パワーボム→エビ固め
●江野澤USA和樹

▼30分1本勝負
▲チェーンソー・トニー
3分35秒 両者リングアウト
▲クラフターU

▼QUICK KILLER LAST MATCH 高森啓吾引退記念試合~Ultimate JUDOルール 5分2ラウンド
○高森啓吾
1回2分32秒 大外刈り
●淺井清照

▼ストリートファイト・エニウェアフォール電流爆破バット&有刺鉄線地雷ボード6人タッグデスマッチ 時間無制限1本勝負
○大仁田厚/ケンドー・カシン/HASEGAWA
13分9秒 電流爆破バット攻撃→体固め
キム・ドク/橋本友彦/●雷電

<記事・写真提供>©大仁田屋

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る