【試合結果】10・14 大阪プロレス淀川大会 ツバサvsGamma キャラメルボーイvs吉田隆司 えべっさん&“ハリウッド”ストーカー市川vsザ・ボディガー&松山勘十郎

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『大阪プロレスだよ全員集合!2018~天王山2回戦~』
日時:2018年10月14日(日)
開始:17:30
会場:淀川区民センター
観衆:183名(満員)】

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○串カツおやじ/タコヤキーダー
11分30秒 串カツバスター→エビ固め
マグニチュード岸和田/●パンチ富永

▼天王山2018トーナメント2回戦シングルマッチ 20分1本勝負
○HUB
1分56秒 悪留魔下首領→エビ固め
●問題龍

▼天王山2018トーナメント2回戦シングルマッチ 20分1本勝負
○アルティメット・スパイダーJr.
10分29秒 サイドスピンフリップ→片エビ固め
●ゴールデンドラゴン

▼タッグマッチ 45分1本勝負
●えべっさん/“ハリウッド”ストーカー市川
8分31秒 チョークスラム→体固め
○ザ・ボディガー/松山勘十郎

▼天王山2018トーナメント2回戦シングルマッチ 20分1本勝負
○キャラメルボーイ
12分8秒 ウラカンラナ→エビ固め
●吉田隆司

▼天王山2018トーナメント2回戦シングルマッチ 20分1本勝負
○ツバサ
17分13秒 ラ・マヒストラルを反転させてのエビ固め
●Gamma

天王山2018トーナメント準決勝はHUBvsスパイダー、キャラメルvsツバサに決定!えべっさん&ストーカー市川の越境黄金コンビをボディガーがお仕置き!

第1試合


 岸和田と串カツの土迫力ファイトから開幕。力比べやぶつかり合いでも串カツが優勢に立ち王者の意地を見せる。久々参戦の富永もハッスルするがバンダナを奪われ失速。PTロケットパンチ等を見せ気を吐くが最後は王者の必殺フルコースを浴びてしまい万事休す。

第2試合


 1回戦で勘十郎にズル賢い戦法で破った問題龍が2回戦も奇襲攻撃を見せ、HUBを脳天から突き刺す。怒りのHUBがトペ→猛毒波布空爆を矢継ぎ早に決め必殺技で制裁し秒殺勝利。

第3試合


 お互いのベースであるルチャの高度な駆け引きをみせ観客は息を飲んで二人の応酬を見守る。金竜の鮮やかな場外弾を皮切りに執拗な関節技地獄に引き込みペースを握る。スパイダーも慌てずにスパイダーピストルをクリーンヒットさせ一歩も譲らず。裏の読み合いで互いの技をかわし合う流れから徐々に闘いのスピードを上げていき、金竜の幻惑丸め込みラッシュを凌いだスパイダーが得意技を炸裂させ、最後は豪快に捻り潰して白熱の攻防に終止符を打った。

第4試合


 えべっさんとスト市のお笑い越境黄金コンビが実現。対する松山は前回遺恨が生まれたボディガーを懐柔して対抗。ボディガーの風格にビビりまくりなかなか試合をしようとしない黄金コンビだが破れかぶれで放った市川の貧弱なチョップ一発でまさかのボディガーが卒倒。完全に調子に乗った黄金コンビが猛攻を仕掛けるもボディガーは先程の卒倒が誘い水である事を明らかにして二人を蹂躙する。痛ぶられる前に負けてしまおうと自ら倒れるえべっさんを引き摺り起こし強烈な喉輪落としで圧勝

第5試合


 序盤から吉田が力で圧倒。キャラメルは館内の声援を背に必死の反撃を見せるが嘲笑うように吉田は場外乱闘やリング内でも反則攻撃のオンパレードで攻め続ける。パワーボムはDDTで切り返されると強烈なジャックハマーで叩きつける。その後もことごとくパワーボムをフランケンや丸め込みで返すキャラメルに業を煮やした吉田はダイビングエルボーからラリアットで動きを止め、満を持して放ったパワーボムをウラカンラナがズバリと決まりキャラメルが逆転勝利。

第6試合


 旗揚げメンバー同士の対決。いつもと違いGammaがツバサの土壌に踏み込みがっぷり四つ。ツバサの奥深さに不利とみたGammaがドラゴンスクリューでツバサの動きを止めると急所蹴りや竹刀攻撃、マスク剥ぎにかかり精神的な揺さぶりをかける。しかし悲願の天王山初制覇に賭けるツバサは汚水攻撃を阻止して反撃。Gammaも久々にブリッツェンを決めるがツバサも必死に返す。最後はマヒストラルを互いに半転させあうシーソーゲームを制したツバサが辛勝。
 次回大会(11.24アゼリア大正)での準決勝はHUB対スパイダー、キャラメル対ツバサに決まった。

<記事・写真提供:Rプランニング>

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る