レインズが王座防衛しMITB権利行使を宣言したストローマンを撃退!新王者ロンダが戴冠式でステファニーにアームバー!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 米国現地時間8月20日、ニューヨーク州ブルックリンでロウが開催された。

▼レインズがユニバーサル王座初防衛&シールド集結!権利行使目前のストローマンを撃退

 前日のPPV「サマースラム」でユニバーサル王座を初戴冠したローマン・レインズが登場すると「俺は勝ったぞ。約束通り今夜防衛戦をする!相手はフィン・ベイラーだ」と言って2日連続の王座戦に挑んだ。
 レインズがベイラーを持ち上げてパワーボムを繰り出せば、ベイラーもファイナルカットで応戦する白熱の攻防を展開。しかし、レインズがスーパーマンパンチを2発決めて追撃を狙うと、そこに突然ブラウン・ストローマンが登場。動揺したレインズにベイラーがクー・デ・グラを狙うも、かわしたレインズはスピアーを炸裂させて初防衛を果たした。

 しかし、その直後にレインズはストローマンのビックブートで沈められると、さらにストローマンはマネー・イン・ザ・バンクの権利行使を合図。ピンチに陥ったレインズだったが、そこへシールドのセス・ロリンズとディーン・アンブローズが救出に現れると形勢逆転。3対1の状況で実況席へのトリプルパワーボムをストローマンに叩き込み、権利行使を示すゴングが鳴る前に“巨獣”ストローマンを撃退した。

▼トリプルH、アンダーテイカーとの“最後の対決”に闘志

 ロウには現地時間10月6日にオーストラリア・メルボルンにて開催されるPPV「スーパー・ショーダウン」にてジ・アンダーテイカーとの対戦が決定しているトリプルHがリングに上がった。
 「ビンスからアンダーテイカーとの試合を提案された。思い起こせばアンダーテイカーとのヘル・イン・ア・セル戦は一時代の終わりと言っていいだろう。俺は再びスーツを脱いでザ・ゲームとしてリングに上がり、再びアンダーテイカーとの“最後の対決”をする」とコメントし、「レッスルマニア28」以来のアンダーテイカー戦に向けて闘志を燃やした。

 「スーパー・ショーダウン」の出場予定にはジョン・シナ、ロンダ・ラウジー、シェイン・マクマホン、セス・ロリンズ、ローマン・レインズ、ショーン・マイケルズ、ランディ・オートン、ナイア・ジャックス、AJスタイルズ、シャーロット・フレアー、ダニエル・ブライアン、ザ・ミズ、サーシャ・バンクス、アレクサ・ブリス、ビッグ・ショー、ブレイ・ワイアット、アイコニックスが予定されている。PPV「スーパー・ショーダウン」は日本時間10月7日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼新王者ロンダ、戴冠式でステファニーにアームバー

 女子スーパースター達がリングサイドで見守る中、ロウ女子王座戴冠式にロウコミッショナーのステファニー・マクマホンが登場。
 ステファニーは「ロンダ・ラウジーは史上初、UFCとロウ女子王座のタイトルを獲得した。これは私のビジネスプランのお蔭」と自画自賛しながらロンダをリングに呼び込むが、ロンダは上から目線のステファニーに反発して女子スーパースター達をエプロンに上げると「女子革命はここにいるみんなが主役。それに私はブロック・レスナーじゃない。闘うチャンピオンよ」と女子革命への決意を伝えた。
 これに対してステファニーが「騙されちゃダメ。ロンダはみんなの腕を破壊して1人でスポットライトを浴びるつもりよ」と警告すると、ロンダは「腕を破壊するのはやられて当然の人だけよ」と告げステファニーをアームバーで一蹴した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る