復活したWNC王座を王者・木藤裕次が仲川翔大を撃破し初防衛!TAJIRIが仲川を叱咤激励し師弟対決が決定!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・新宿FACEにてASUKA PROJECT『報恩感謝』が開催され、WNC王者・木藤裕次が仲川翔大を撃破し初防衛に成功した。

 木藤は、3・24新木場で開催されたWNC王座争奪1DAYトーナメントを制し、復活した同王座の第7代王者となった。初防衛戦の相手となったのは、右ヒザ前十字じん帯断裂の負傷で長期欠場し、この日が約10カ月ぶりの復帰戦となった仲川。
 王座を死守するため、非情に徹した木藤は、グラウンドでの関節技で、仲川のウイークポイントである右ヒザを攻め立てた。それでも粘る仲川は、場外ダイブ、スワントーンボムで反撃。首固め、横十字固めで、あと一歩のところまで追い詰めるも、木藤が逆片エビ固めで絞り上げ、たまらず仲川がギブアップを喫した。
 初防衛に成功した木藤は「仲川、よくがんばったよ。もっと経験積んで、スキルを上げて、また挑戦してこい。オレが誰かにベルト獲られないうちに早く来い!」とマイク。
 仲川は「絶対ベルト獲ってやるから、待ってろ!」とリベンジを期した。

 ところが、次回9・24東京・北千住(シアター1010)大会に、同王座の第4代、6代王者であるスターバックの参戦が決まったことで、タイトル戦線が混沌とする可能性が出てきた。

 また、試合後にリングに上がった篠瀬三十七代表がTAJIRIから仲川に託されたメッセージを代読。
 その内容は「今のオマエではベルトは獲れない。王座は、そんなに甘くない。11・14新宿でオマエの壁になってやる」とのもの。これにより、11月14日に新宿FACEで開催される「篠瀬三十七興行」で、仲川が師・TAJIRIに挑むことが決まった。
 仲川は「3周年で対戦する予定があったけど、ケガで流れた。今のままじゃ、TAJIRIさんには勝てない。残り4カ月、練習して、勝てるようにがんばりたい。やっと同じ舞台に立てる」とコメント。
 TAJIRI率いるWNCに入門した仲川だが、同団体でデビューするまでには至らなかった経緯があるだけに、ようやく巡ってきた師との対戦機会に意気込んでいた。

 バックステージに戻った木藤は「仲川は復帰戦で、予想以上に追い詰められてビックリした。あと10キロ増やしたら脅威になる。次は誰とでもやってやる」とコメント。
 元王者・スターバックが参戦し王座戦をアピールする可能性について聞かれると、「そうなれば強敵だけど、受けて立つしかない。でも、まずは肩慣らしに来るんじゃない? じょじょに段階を踏んでいくんじゃないか」と話した。
 敗れた仲川は「復帰戦で、いきなりメインでタイトルマッチということで、よく思わない人もいた。だから、ベルトを獲って見返してやろうと思ったけど、甘いもんじゃなかった。もっとがんばって、また挑戦して、ベルトを獲りたい。試合は楽しかった」と振り返った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×