高橋ヒロムがデスペラードの素顔を晒しIWGPジュニア王座を初防衛!次期挑戦者にドラゴン・リーを逆指名しベルトさんと対話!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、新日本プロレス『共闘ことばRPG コトダマン Presents KIZUNA ROAD 2018』後楽園ホール大会にて、高橋ヒロムがエル・デスペラードを相手にIWGPジュニアヘビー級王座の初防衛に成功した。

 試合は、ヒロムがスピーディーな空中戦を仕掛け、デスペラードがそれに追随しながらもコーナーマットを外して金具剥き出しのコーナーにヒロムを叩きつけるなど、ラフファイトを交えて試合の主導権を握っていく。
 ヒロムも中盤からはデスペラードの土俵に上がり、場外技を連発して形勢をイーブンに戻すとリング上で正面からエルボーを打ち合い、バチバチと意地を張り合う。
 しかし、ここで金丸義信がリングに現れ、イスをリング内に投げ込みレフリーの気を引きデスペラードを援護。デスペラードがヒロムをイスで殴打すると、BUSHIが現れ毒霧で金丸を撃退しヒロムを救出。
 デスペラードはヒロムをタッグベルトで殴打しようと振りかぶるが、これをかわしたヒロムがデスペラードのマスクを剥ぎ取りその素顔を露わに。デスペラードは何事もなかったようにマスクを被り直して試合を続けようとするが、ヒロムはその隙を見逃さずDで捕らえて絞り上げる。デスペラードはこれを持ち上げて金具剥き出しのコーナーにパワーボムで叩きつけ、必殺のギターラ・デ・アンヘルもカウントは2。もう一発狙ったところをヒロムがコーナーへのデスバレーボムで切り返し、最後はTIME BOMBで叩きつけ、カウント3。

 バックステージに戻ったヒロムは、「まず、デスペラードに一言。『本当は愛してるぞ』と伝えてあげてください。きっと彼は喜ぶでしょう。またいつかやろうよ」とデスペラードにメッセージを送り、「挑戦者は誰も来ないみたいだから、俺から逆指名させてもらうよ。おぉ~い!ドラゴン・リー!俺と遊ぼうよ!返事待ってるから!」とメキシコの方角と思しき虚空へ叫んだ。

 そして、ヒロムはベルトさんからお言葉があると言い、記者陣とともにベルトさんの話を聞く態勢へ。
 ベルトさんは、トロフィーさんが怒りのあまり話すことも出来ないことを伝え、「内藤さんは制御不能な男だからさ、しかたないよ。どっちかっていうと、昨日のアレは内藤さんをリングに上げたヒロムくんにも責任があるよ?」と内藤のトロフィー破壊についてヒロムを批判。
 まさかの批判に「えぇっ?!俺?!俺に責任?!どういうことだよベルトさん?!」と動揺するヒロムだったが、最終的に自らの非を認め「調子乗ったよ。反省してる。ごめん、トロフィーさん。でも、今のこの姿も美しいよ。俺はそんなトロフィーさんが大好きだから。絶対いつか仲直りして見せます」と愛をささやきながらトロフィーさんにそっと唇を寄せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×