ジャンボ鶴田メモリアルマッチで秋山準&渕正信が拳を突き上げ「オー!」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2018 SUPER POWER SERIES』にて、ジャンボ鶴田メモリアルマッチが行われた。

 試合は、秋山準&西村修vs大森隆男&渕正信という、当時を知るベテラン勢によるタッグマッチで行われ、秋山&西村は『ローリングドリーマー』、大森&渕は『チャイニーズ・カンフー』と、両軍ともにジャンボ鶴田のテーマ曲で入場。
 丁寧な関節の取り合いやグラウンド戦など、どこか懐かしい試合展開。秋山がジャンボ鶴田直伝のジャンピング・ニーバットを放ち、観客席に向け拳を突き上げ「オー!」と叫んでリスペクトを表した場面では会場全体が沸いた。
 最後は秋山が渕にランニングニーを放ち、ギリギリで肩を上げた渕を丸め込んでカウント3を奪った。

 試合後、『J』が鳴り響く中、在りし日の鶴田の写真がリング上に上げられ、4人は全員で手を掲げる。
 その後、秋山らに促されて渕が四方のコーナーに上がり、観客とともに「オー!」と叫んで拳を突き上げた。

 試合後、秋山は「鶴田さんも少しは喜んでくれたのかなって」とコメントし天を仰いだ。試合中に見せた鶴田へのリスペクトについて聞かれると「まあ、やらないとね(笑)」とはにかんだ笑顔を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る