オカダ・カズチカが棚橋弘至を場外KO!棚橋は「手も足も出ねーよ」と弱気の発言?!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to レスリングどんたく 2018』が開催され、オカダ・カズチカがIWGPヘビー級王座戦で対戦が決まっている棚橋弘至をツームストン・パイルドライバーで場外KOした。

 セミファイナルで行われた試合は田口隆祐&ジュース・ロビンソン&棚橋弘至vs外道&後藤洋央紀&オカダ・カズチカの6人タッグマッチ。
 IWGP王座戦に向けて気炎を上げるオカダと棚橋は、試合開始からバチバチと打ち合っていく。打撃合戦を制したオカダは首投げから側頭部にスライディングキックを放ち、倒れる棚橋を冷たい目で見下ろしながら立ち上がるまで待つという王者の風格を見せる。
 終盤、田口とマッチアップしたオカダはネックブリーカーからコーナーに上がりダイビングエルボードロップ。さらにレインメーカーポーズを取るが、ここへ棚橋が妨害のためにリングに入ってくるとドロップキックで撃退。田口には目もくれず場外に逃れた棚橋を追っていき、場外で棚橋にツームストンパイルドライバー。
 リングに戻ったオカダは田口にレインメーカーからコブラクラッチホールドで締め上げ、ギブアップを奪った。

 試合後、荒ぶるオカダはは客席から何脚もイスを持ってくるとリング下に起き、試合中の場外ツームストン・パイルドライバーで昏倒したままの棚橋を引っ張ってきて、さらに椅子の上にツームストンパイルドライバーを狙っていくが、セコンドたちに制止され、そのまま断念して荒々しく退場していった。

 ヤングライオンたちに抱えられながらグロッキー状態でバックステージに戻った棚橋は「手も足も出ねーよ……」と弱々しい口調で漏らし、控室へと消えていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×