ドス・カラスが息子とともに久々の日本マットで快勝!初代タイガーマスクとのシングルマッチを要求!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京・後楽園ホールにて新間寿プロデュース・初代タイガーマスク佐山聡認定『原点回帰プロレス』が開催され、ドス・カラス&ドス・カラスJrの親子が華麗な勝利を収めた。
 久々の日本マットでの試合となるドス・カラスと、その次男であるドス・カラスJr(※同名で活動したこともあるアルベルト・ロドリゲスは長男)の親子タッグには試合前から注目が集まっていた。

 この日の第三試合で行われたドス・カラス&ドス・カラスJr.&セニョール・レオナvsレイ・アンヘル&エル・ペロ・デル・アキータ&トスカーノの6人タッグマッチは3本勝負で実施。
 1本目はドス・カラスJrがトスカーノをドラゴンスープレックスホールドで沈め、2本目はレオナが相手三人の合体攻撃(アンヘル&アキータがレオナを担ぎ上げたところへトスカーノがミサイルキック)で3カウントを奪い、試合は両陣営1対1のイーブンに。
 3本目は、ドス・カラス&ドス・カラスJrの親子タッグワークが冴え渡り、アキータに編隊飛行を二連発。さらにドス・カラスがアキータを捕縛したところへドス・カラスJrがコーナートップからフライング・クロスボディを投下して試合を決めた。

 試合後、ドス・カラスは「最高のコンディションだよ。年令に関係なく若い頃から同じトレーニングを続けているからね」と上機嫌でコメント。
 入場式でタイガーマスクとともにリング上に立ったことに話が及ぶと、「自分が初代タイガーマスクと試合をすることが出来たらハッピーな気分になるだろう。空中殺法でもルチャリブレスタイルでも色々なスタイルの試合でも対応するつもりだ。団体ごとのスタイルや言語の壁はあるが、ルチャリブレという言語があれば会話はできるはずだ」とコメントし、初代タイガーマスクとのシングルマッチを熱望した。
 初代タイガーマスクこと佐山サトルは、現在持病の狭心症の影響で試合から遠ざかっているが、近日中の選手復帰を宣言している。2018年の世で“初代タイガーマスクvsドス・カラス”という夢のカードが実現する可能性に期待が高まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る