秋山&永田が“ワイルドチャイルド”を撃破しアジアタッグ防衛!試合後にチームJAPANが再会を祝って乾杯!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、全日本プロレスさいたまスーパーアリーナ大会『2018 DREAM POWER SERIES [最終戦]』が行われ、秋山準&永田裕志の王者組が、大森隆男&中西学の“ワイルドチャイルド”を撃破しアジアタッグ防衛に成功した。

 並々ならぬ縁がある秋山と永田は今年2月に再び越境タッグを結成しアジアタッグ王座を戴冠。その初防衛戦の相手は、かつて猛威を奮った越境タッグ“ワイルドチャイルド”。この試合は今年1月から頸椎椎間板ヘルニアで欠場していた大森の復帰戦でもあった。

 試合は、秋山&永田の王者組が息の合ったタッグワークを見せ、復帰明けの大森を集中攻撃。これに怒った中西が王者組を野人ハンマーで殴り倒し、スピアー、アルゼンチンバックブリーカーと大暴れ。
 中西のアシストに応えて大森も永田にフライングニールキック、飛びつき式ネックブリーカー、アックスギロチンドライバーと畳み掛け、トドメのアックスボンバーを狙っていくが、その腕を取った永田が白目式腕固め。これを中西が救出し、秋山・永田それぞれにワシントン条約(アックスボンバーとマッケンローの同時攻撃)を叩き込み、野人ラリアットとアックスボンバーの競演を狙うが、これをキャッチした秋山&永田がエクスプロイダーの競演でやり返す。
 最後は秋山がリストクラッチ式エクスプロイダーで大森を沈め、王座防衛に成功した。


 試合後、今大会に参戦していた藤田和之&ケンドー・カシンがリングに上り、王者組に握手を求めて祝福。
 さらに永田&中西に歩み寄ると酒を手渡し4人で乾杯。かつて新日本プロレスに存在したユニット『チームJAPAN』の4人の久しぶりの再会を祝った。 藤田とカシンは一つ前の試合で諏訪魔をかまぼこ葬にしているが、そんなことがあったとは思えない和やかな笑みを見せた。

 バックステージに戻った秋山は「別にアジアタッグだけとは限らないチーム。いろんな可能性があると思いますね」と自信を見せる。
 しかし永田は「アジアタッグの初戦に勝って、あえて言わせてもらえば全日本プロレスの若い衆、何してるんだと。今の全日本プロレスが躍進しているのがなぜかっていうと、若い力が出てきたこと。いざそれを確かめに全日本プロレスのリングに上がったら、いまいち感じるものがない。タイトルマッチに来てみればひとりは欠場してしまって、初防衛戦には若い選手が来るのかと思っていたら、同世代の人間が出てくる。若い人材があってこその全日本プロレスの躍進なのに、その若い力が感じられないのは残念だな」と、全日本プロレスを痛烈批判。
 秋山は苦笑しつつ「新日本でも全日本でも若手には『俺がやりたい!』っていう熱意を見せてもらいたいなって。特にウチの若いヤツらに見せてもらいたいですね」とコメント。

 藤田とカシンがリングに上ってきたことに対し「あれは挑戦表明か?」と質問が飛ぶと、永田は「挑戦表明ではなかったですね。記念撮影だったみたい。なつかしさ半分、嬉しい気持ちも半分くらいあったかな。めんどくさい二人ですけど」と話し、秋山とともに笑顔を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る