【試合結果】3・10 REINA新木場大会 真琴&ミスター雁之助vs米山香織&佐藤光留 茉莉&中森華子&ハロチータvs希月あおい&角田奈穂&レイナ・イシス

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『青春コレクション-2018春-』
日程:2018年3月10日(土)
開始:18:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:170人

▼シングルマッチ~元気ピカッピカッ!~ 20分1本勝負
●杏夏
6分43秒 ストレッチマフラーホールド
○日向小陽(フリー)

▼シングルマッチ~KIRA☆TUNE!~ 30分1本勝負
○松本都
7分2秒 みやここクラッチ
●美月(豊田)

▼シングルマッチ~気まぐれプリンセス~ 30分1本勝負
●沙恵
8分56秒 シャチホコ固め
○藤ヶ崎矢子(PURE-J)

▼ミックスドタッグマッチ~Road to Final Kishindo~ 30分1本勝負
○真琴/ミスター雁之助(ガッツワールド)
11分4秒 雁之助クラッチ
[チーム広末]●米山香織(YMZ)/佐藤光留(パンクラスMISSION)

▼スペシャル6人タッグマッチ~Light Me Up~ 60分1本勝負
○茉莉/中森華子(PURE-J)/ハロチータ(CMLL)
22分22秒 バズソーキック→片エビ固め
希月あおい/●角田奈穂(Beginning)/レイナ・イシス(CMLL)

▼緊急決定試合 6人タッグマッチ 5分1本勝負
真琴/△茉莉/泰里
時間切れ引き分け
沙恵/△杏夏/結奈

急遽決まったREINAの活動休止で真琴&茉莉が退団!闘病中の花澄がサプライズ登場!スクール水着の佐藤光留が引退前のミスター雁之助と対峙!?

オープニング

 まずは所属全選手がリングへ。

真琴「本日はご来場いただきまことにありがとうございます!今日でREINA女子プロレスは一度活動を休止いたします。このような結果になり本当に申し訳なく思っています。それでも、REINAの選手は誰一人心折れること無く、今日も全力でガンバレイナしますので最後まで皆さんどうか見届けてほしいです。どうかよろしくお願いします。一緒に素敵な夜にしましょう。それでは今日も一日、ガンバレイナー!」

第1試合

 ロックアップから小陽がロープに押し込みクリーンブレイク。杏夏がエルボー連打でロープに押し込みむが、小陽がロープに振ってラリアット。杏夏はこれを避けてドロップキックを叩き込むと、ヘアーホイップ2連発。さらに顔面を踏みつけていく。

 杏夏はボディスラムを狙うが、小陽が逆にボディスラムで叩きつけてフォールも2。
 小陽はストンピングから逆エビ固め。杏夏はロープに這ってブレイク。小陽は再度逆エビ固めも杏夏はロープへ。

 小陽はロープに絡めると「レッツにょきにょき!」と鼻フック。さらに腕を掴んでそのまま「がんばレイナー!」と腕を上げさせる。小陽はこれを離すと背中にミドルキックからドロップキックを叩き込みフォールも2。

 小陽はリバースインディアンデスロックからサーフボードストレッチ。これを離すと背中にフットスタンプからフォールも2。

 エルボー合戦から杏夏がロープに飛ぶも小陽はミドルキックで迎撃。髪を掴んで引き起こしロープに振るも、杏夏はクロスボディアタックで潰しフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。

 杏夏はボディスラムからフォールも2。
 小陽はコーナーに振って走り込むが、杏夏は避けてスクールボーイも2。再度スクールボーイも2。ならばとラ・マヒストラルも2。

 杏夏は走り込むが小陽がスクールボーイ。返されるとマフラーホールドで捕らえ、杏夏はこれでギブアップした。

<試合後コメント>
杏夏
――レイナ最終興行でした
「これまでの試合とかでも…なんだろう、無心でやってるので、試合中の記憶とかあんまりなくて、覚えてないです」

――自分なりに一生懸命できた感じです?
「今日は自分的には良かったのかなと思います」

――今後は
「そうですね、REINA休止するっていうのが話聞いたのも急だったので、これからのこともまだほんとに何も考えてないんですけど、自分の正しい答えを、自分のためになる答えが出ればいいかなと今は考えてます」

――プロレスは続けていかれる?
「もちろん。続けます」

――他団体のどこかに出ていきたい気持ちは
「あります。なので、沢山今よりももっともっと練習して強くならないと、他団体さんとかにも呼んでもらえないと思うので、これから、違う団体さんに所属してどんどん練習して強くなっていきたいなと思います」

第2試合

 都はローキック。美月もローキックを叩き込むと都はたまらずリングに転がる。
 再度ローキックの打ち合いから美月がミドルキック連打でコーナーに押し込み串刺しミドルも、都が避けてミドルからチョーク攻撃。注意したレフェリーに都はチョーク攻撃からコーナーに押し込むと、美月が串刺しエルボーを背中に叩き込んで救出。さらにミドルキックも都は避けてバックを取るとマンマミーアポーズをさせてからのスクールボーイも2。

 都はヘアーホイップ連発から、ロープに押し込みマスク剥ぎを狙う。これはレフェリが助けに入り、都はならばと美月に走り込むが、美月は避けて都をロープにもたれさせると、ロープを蹴りあげてふっ飛ばしミドルキック。フォールも2。

 美月は首投げから前から後ろからサッカーボールキック。さらにPKも、都は避けて腹へのランニング・フットスタンプからフォールも2。

 都はジャイアントスイングも3回しか回せず、残りの7回は自らくるくる回る。さらにトリプルアクセルフォールも2。
 都はコーナーに振るが、美月は足を伸ばしてカットしぶら下がり腕ひしぎ。
 リングに戻ると美月はミドルキックからスクールボーイも2。美月は腕ひしぎを狙うが、都はなんとかロープへ足を伸ばす。

 エルボーの打ち合いから、美月がエルボー連打。ロープに飛ぶが、都はこれを避けてリバーススリングブレイド。フォールも2。
 都はシャイニング崖ザードを狙うが、美月はショルダータックルで迎撃しフォールも2。
 美月は左右のミドルからハイキックも、都は避けるが逆のハイを側頭部に叩き込みフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。

 美月はダイビング・ボディプレスを投下するが、足を伸ばしてカットした都がシャイニング崖ザードを発射しフォールも2。
 都はみやここクラッチで3カウント。

第3試合

 沙恵は腕を上げて挑発。矢子は届かず、足を連続で踏みつけるとヘッドロック。沙恵はボディブローで逃れるも矢子はショルダータックル。ショルダータックルの打ち合いは矢子が制してフォールも、ブリッジして抜けた沙恵がロープに飛ぶとビッグブーツからフォールも、矢子はブリッジで抜けてケンカキック。矢子はチンロックからサーフボードストレッチ。矢子はボディスラムからフォールも2。
 矢子はキャメルクラッチから胴締めスリーパーも、沙恵はロープを掴みブレイク。

 矢子はストンピングからコーナーに叩きつけ、串刺し攻撃を狙うが沙恵はショルダータックルで迎撃しビッグブーツ。
 沙恵はボディスラムからギロチンドロップを投下しフォールも2。

 沙恵は担ごうとするが、膝蹴りで耐えた矢子がエルボーの打ち合いへ持ち込む。沙恵がロープに飛んでビッグブーツも、矢子はキャッチし足を刈って倒すと顔面にヒップアタック連発。矢子は逆エビ固めで捉えるが沙恵はロープへ。

 矢子は串刺しヒップアタックからバックドロップ。フォールも2。
 矢子は顔面に膝蹴りからロープに飛ぶが、沙恵はビッグブーツで迎撃しフォールも2。
 沙恵はバックフリップからフォールも2。
 沙恵はエルボー連打からビッグブーツ。避けた矢子がスクールボーイも2。矢子はジャックナイフも沙恵が切り返すが2。
 沙恵は逆さ押さえ込みからブリッジしてフォールも2。

 矢子はバックドロップからレッドインク。ロープを掴んで逃れた沙恵に矢子はノーザンライトスープレックスホールドも2.
 矢子は背中にダイビングボディプレスからフォールも2。矢子は逆エビ固めで捉えてギブアップを奪った。 

<試合後コメント>
沙恵
「やっぱりあの、自分の力不足っていうのがものすごい痛感した試合でもあったなと思いますね。自分自身練習してきたつもりだったけどもっともっと、パワーが足りなかったなと思ったのが一番思ったことですね」

――今後は
「私名古屋在住なんですけど、通称ナゴジョで活動を広げていこうかなと思っています。やっぱり名古屋って女子団体がないので、そこから幅広く広げていきたいなと思っています。けどやっぱりREINA女子プロレスが休止っていうのは残念なことでもあるんですけど、ある意味チャンスだなと私は思っています。これを機に新しいステップへという歩み方もありますし、今後いっぱい私共に注目してくれたり、欠場してる結奈先輩にも注目を向けたりしてくれたらいいなと思いますね」

第4試合

 米山は亀仙流の道着、光留はスクール水着で入場。

 握手を求めるチーム広末に怯える真琴と雁之助。先発は真琴と米山。米山が手4つを要求するが、真琴が腕を上げると届かない。米山は足を踏みつけていくと、ヘアーホイップから顔面を踏み潰す。
 米山は再度ヘアーホイップも、側転して耐えた真琴へ米山はスクールボーイ。これは真琴は2で返し雁之助にタッチ。米山も光留にタッチ。

 雁之助はスネを蹴っていくと、四つん這いになった光留のスクール水着を引っ張りTバックにさせてスパンキング。雁之助はさらに水着を引っ張り、光留は急所を抑えてのたうつ。

 雁之助は俵返から脇固め。光留は切り返そうとするが、雁之助はマウントをとっていくも光留はこれを受けてアキレス腱固め。雁之助もヒールホールドで切り返すが、光留もこれを離すと腕ひしぎへ。グラウンドの攻防は光留が脇固めで捕らえたのを雁之助がロープに足を伸ばしブレイクへ。

 雁之助はガットショットから腕を掴んで真琴にタッチ。
 真琴と雁之助は光留を脇固めでとらえて「がんばレイナー!」。そのまま真琴はサーフボードストレッチで捕らえるが光留は回転し足をとるとアンクルホールド。そのまま自軍コーナーに下がり米山にタッチ。

 米山はモンゴリアンチョップ連発からボディブロー。さらにかめはめ波でふっ飛ばす。米山はコーナーに振って串刺しバックエルボーからフォールも2。米山は光留にタッチ。

 光留はボディスラムからフォールを狙うが、真琴は立ち上がりブレイジングチョップ。光留はソバットからコーナーに振って走り込むが、真琴はビッグブーツで迎撃しブレイジングキック。真琴は雁之助にタッチ。

 雁之助はショルダータックルで倒し、ボディスラムからファルコンアロー。
 雁之助は念仏パワーボムを狙うが、耐えた光留が串刺し攻撃を避けて延髄斬り。光留は米山にタッチ。

 米山は念仏パワーボムを狙うが、耐えた雁之助に光留が出てきて横で念仏をする。米山は「おらにげんきをわけてくれー!」と手を上げると、観客が少しずつ腕を上げる。だが元気が足りず雁之助はリバースし、光留も蹴りつけると真琴にタッチ。

 真琴はクロスボディアタックからWWニー。フォールも2。
 真琴はダブルアームスープレックスホールドも光留がカット。

 真琴はロープに飛ぶが、光留がエプロンから蹴りつけると、米山とダブルチョップで倒し、両腕を広げた光留を米山が真琴に突き飛ばし、光留は真琴を抱きしめてそのまま押し倒す。米山はそのままジャックナイフで固定しフォールも雁之助が救出。

 雁之助は光留にラリアットから米山を念仏パワーボムで叩きつけ、そこを真琴が雁之助クラッチで3カウント。

第5試合

 先発は角田と茉莉。ロックアップからリストの取り合い。ヘッドロックの応酬から角田が腕に噛み付いていき、顔をひっかくが茉莉はエルボーで距離を取りハロチータにタッチ。角田もイシスにタッチ。

 ハイスピードなロープワークの攻防から両者タッチ。

 あおいと中森がロックアップからエルボー合戦。あおいはガットショットから首投げで倒しモンゴリアンチョップ。中森もすぐに立ち上がりガットショットから首投げで倒し背中にサッカーボールキック。あおいは首投げからモンゴリアンチョップ。中森が首投げから前から後ろからサッカーボールキックを叩き込んで倒すと、ヘアーホイップで投げるがあおいもすぐにヘアーホイップで返す。中森がヘアーホイップも側転で逃れたあおいが走り込んできた中森をビッグブーツで迎撃しクロスボディで潰す。
 あおいはコーナーに振ってトレイン攻撃からフォールも2。あおいはコーナーに乗るが、中森は走り込んでハイキックで場外に叩き落とすと場外乱闘へ。
 リングに戻り、あおいが弓矢固め。これを離すと角田にタッチ。

 角田はケンカキック連発も、中森がコーナーに振って串刺しスピンキック。フォールも2。中森は茉莉にタッチ。

 茉莉は四方のコーナーに顔面を叩きつけていきヘアーホイップ。再度ヘアーホイップから背中にミドルキック連発。茉莉はPKからフォールも2。茉莉は中森にタッチ。

 中森はコーナーに叩きつけてミドルキック。さらに逆コーナーに振るが、角田はコーナーに座り走り込んできた中森にぶら下がり首4の字。
 角田はこれを離すとケンカキックからフォールも2。角田は走り込むが中森はビッグブーツで迎撃しフォールも2。
 中森はコブラツイスト。カットしようとしたあおいにハロチータが走り込むも、あおいもハロチータにコブラツイスト。あおいと中森はそのまま近づきチョップの打ち合い。これは両者離して中森があおいを迎撃すると、角田を蹴り倒してサッカーボールキック。フォールも2。中森はハロチータにタッチ。
 走り込んできたハロチータのバックを取った角田が巻き投げてイシスにタッチ。

 イシスはハロチータをコーナーに振り走り込むも、ハロチータは足を伸ばす。これをキャッチしたイシスがその足をロープにかけて、反対の足もロープにかけると串刺しドロップキック。フォールも2。
 イシスは走り込むもハロチータは巻投げていくが、イシスはスクールボーイで切り返もハロチータも丸め込み切り返し合戦。イシスが変形ロメロスペシャルも、ハロチータもロメロスペシャルで切り返しそのままフォールも2。ハロチータは中森にタッチ。

 中森はサッカーボールキックからフォールも2。中森はミドルキックからロープに振るが、クロスボディで迎撃しフォールも2。イシスはあおいにタッチ。

 あおいはバックエルボーからマシンガンチョップ。あおいは追走ラリアットも、中森がロープに振るがあおいはジャンピングラリアットからバックブリーカー。あおいは背中にセントーンからフォールも2。あおいはコーナーに登りダイビングセントーンからフォールも2。
 あおいは担ごうとするが、耐えた中森が膝蹴り連発、あおいのエルボーと中森のミドルキックの打ち合い。
 中森はランニングミドルも、あおいはエルボー連打。中森もミドル連打も、あおいはガード。あおいのエルボーも中森がミドルでガードするが、あおいはエルボーで吹っ飛ばすも中森もビッグブーツでふっ飛ばしフォールも2。
 中森はシャイングウィザードからフォールも2。中森は茉莉にタッチ。

 茉莉は串刺し側転エルボーも、あおいはコーナーに振り返し走り込むが、茉莉は足を伸ばしてカットしコーナー上での水面蹴りからフォールも2。
 茉莉は投げようとするが、耐えたあおいがバックを取っていくも、茉莉はこれを切り替えしてカンパーナ。
 これを離すと選手が次々出てきてブレーンバスターの体勢で数珠つなぎ。これはあおい組が投げ捨て、角田が茉莉にダブルニードロップ、イシスがギロチンドロップ。あおいがスノーブロウを投下するが、茉莉はこれを避けて前蹴り。中森が出てきてサンドイッチサッカーボールキックからフォールも2。
 茉莉のハイキックを避けたあおいがロープに飛んでジャンピングラリアット。さらにノーザンライトスープレックスホールドも2。あおいは角田にタッチ。

 角田はスライディングキックからダブルニードロップを投下しフォールも2。
 角田はコーナーに振って、イシスが串刺しラリアットからあおいがジャンピングラリアット。あおいとイシスが角田を担いで、茉莉に叩きつけるとフォールも中森がカット。
 角田は茉莉を投げようとするが、茉莉は耐えてミドルキック。さらに巻き投げて腕ひしぎからマフラーホールドへ。これはあおいがカット。
 角田をロープに振って茉莉がランニングミドル。そこへハロチータがラリアットから中森もランニングミドルを叩き込み茉莉がトラースキック。フォールも2。
 茉莉はバックフリップからフォールもあおいがカット。

 次々選手がスイッチし、茉莉が角田を担ぐも角田は丸め込むが2。角田は走り込むも茉莉はトラースキックで迎撃しフォールも2。
 茉莉はフロッグスプラッシュからフォールもあおいがカット。茉莉はトラースキックからフォールも2。茉莉はバズソーキックでとどめを刺し3カウント。

 試合後もあおいと中森は乱闘を続けた。

緊急決定試合

真琴「すいませんあの、REINA所属の茉莉さんが、最後に勝ってくれたんですけど、私このままじゃ終われないんです。時間も押してるんですけど、REINA6人で試合しよう!押してるんで5分だけ、いいですか?わがまま聞いてくださいお願いします。泰里と結奈は欠場中だけどでも居るだけでもいいからやろう」

 所属6人がリングに上がり、乱闘あら試合開始。。茉莉が杏夏、結奈と泰里がなぜかレフェリーを倒し、真琴が沙恵と闘う。
 真琴が沙恵にボディスラムからREINAトレイン攻撃。全員でフォールも2。

 真琴と杏夏がエルボー合戦。杏夏がエルボー連打も、真琴がエルボーから走り込むが杏夏はドロップキックで迎撃。杏夏はロープに振るが、真琴はランニングエルボーで倒し茉莉にタッチ。

 茉莉はスリーパーからバックを取るも、杏夏が取り返しボディシザース。茉莉がそのままブリッジして潰してフォールも2。再度ブリッジしてフォールも2。杏夏はこれを離して沙恵にタッチ。

 沙恵はビッグブーツからボディスラムを狙うが、茉莉が耐えるも沙恵はなんとか担いでボディスラム。フォールも2。沙恵は杏夏にタッチも、結奈がタッチを要求し杏夏は結奈にタッチ。

 結奈はエルボー連打からボディスラムで叩きつけてヒッププレス。フォールも2。結奈は杏夏にタッチ。

 杏夏はランニングエルボーも、茉莉はミドルキックで倒しフォールも2。茉莉はアームホイップで巻き投げてフォールもここで時間切れに。

エンディング

真琴「ちょっと時間が押してるんですけど、最後だから一言ずつ言おう!」

杏夏「レイナの活動は終わってしまうんですけども、終わりません?休止なんですけど、でも私の目標は変わらず今年中には初勝利をするという目標があるので、今年中に初勝利したいと思います。応援よろしくお願いします!」

沙恵「暫くの間ちょっとお休みをいただくんですけど、REINA女子プロレスは。私と結奈先輩で入っている名古屋Dream Girlsはこれからエンジンがかかるところですので、みんなをナゴジョの熱に飲み込もうかなと思うので突っ走って行きたいと思うのでよろしくお願いします」

泰里「REINA女子プロレスで私は花澄ちゃんとチェスカさんと2016年の10月28日にデビューして、はや一年半ぐらいがたつんですけど、ほんとに全然考えられない状況がおこって、でもやっぱり辛いですけど、真琴さんもこれまで同じような経験をされてきてここまで来たので、私も悲しいですけど、前を向いて復帰して、またリングに立つので皆さん応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

結奈「私も、4月5月ぐらいには復帰したいなと思ってた矢先のことだったんで、ほんとにこう、またこのREINAのキャンパスがひかれたこのリングの上で復帰の見通しがたたなくなっちゃった事がすごくすごく残念です。ほんとにこう、REINあの大会怪我してしまいましたけど、またREINAの大会で復帰がしたかったです。それをお見せできなかったのがほんとに申し訳なく思いますが、私は名古屋の地で頑張ってまいります。REINAの生え抜き、茉莉と一緒に最初の生え抜きですもんね。REINA魂、ガンバレイナ精神をですね、名古屋で、今度は名古屋ドリームガールズで頑張ってまいりますので、皆さん、応援よろしくお願いいたします」

茉莉「急な発表で今日でREINA活動休止ということで、ちょっと早めに私はTwitterの方で今日で退団するという報告をさせていただいたんですけど、でも、活動休止で皆ばらばらになってしまうんですけど、これ皆色んなところに行って、さらに強くなるチャンスだと思って、前向きに、私もまだリングを降りるつもりはないので、もっともっと強くなって、今皆が知ってる茉莉よりもっともっと強くなって、次会った時にぶちのめしてやりたいと思います。休止で寂しいなと思ったんですけど、今月真琴さんと早々に大阪で戦わせていただくので、来月4月25日杏夏とも、GPSさんで闘わせていただきますので、この一ヶ月の間にお互いどれだけ強くなれるか楽しみにしてます。これからもよろしくお願いします」

真琴「ほんとに最後まで不甲斐ない所ばかりで、申し訳ありません。正直REINAはいつ潰れてもおかしくないような状態で、でもここまで続けて来られたのは応援してくださる皆さんがいるからです。ほんとに今まで私達の事を守ってくださってありがとうございました。今日で、皆道は別れてしまうんですけど、それぞれ新しい場所を作って、ガンバレイナしていきます。そしていつか、またREINAが復活するかもしれないので、その時はよろしくお願いいたします。それでは、今日も、みなさんと心を一つにしてお別れする前に!私から、私じゃないREINAから!プレゼントがあります!花澄ちゃんです!(花澄がケーキを持ってリングへ)去年の1月から闘病中の花澄ちゃんが今日無理して来てくれました!なんか一言言う?」

花澄「私はちょっとSLEという難病になってしまって、APSという合併症がありまして、心筋梗塞と脳梗塞になりやすい病気で、あと骨がドンドンもろくなってしまって、臓器がどんどん、薬を飲んでいても悪くなってしまう病気なので、もうプロレスラーとしてはちょっと続けていくのは難しいとお医者さんにも言われてるんですけど、今日はREINA最後という事で、お医者さんに許可いただいて、REINAの皆にも会いたくてやってきてしまいました!みなさんお久しぶりです!」
真琴「ほんとに来てくれてありがとね!今日で活動休止なので、今日出てくださった皆さん是非リングに上ってきていただいてもよろしいでしょうか?雁之助さんも是非上がってほしいです!…来てくれません集まレイナしてくれません。えーどうしよ!ケーキ用意してるんですけど、誕生日ケーキ用意してるんですけど!来てくれない…みんなあつまレイナ!」
結奈&花澄&泰里「あつまレイナー!」
真琴「ケーキお願いします!希月さん!角田さん!おめでとうございます!まだまだあります、今日活動最後なので、サインボールを皆さんにプレゼントを!お菓子、うまい棒もあります!(お菓子とサインボールを投げる)最後に記念撮影をさせていただきたいと思います!是非撮影しましょう(記念撮影)それでは最後に、皆さんと心を一つにしてお別れしたいと思います。私が今日も明日も明後日もといいましたら、ガンバレイナと叫んでくださいよろしくお願いします。いきます!いくぞー!今日も!明日も!明後日も!ガンバレイナー!」

<試合後コメント>
真琴&茉莉
――まずは試合に関してを
茉莉「今日休止が決まる前に組んでいただいたカードで、私が休止前最後の試合でメインということになってしまったんですけど、これは絶対負けられないなと思って、中森さんとハロチータさんの力をお借りしてなんですけど、絶対絶対絶対負けられないと思って、なんとか勝ててよかったです。REINAの意地を、これまで生え抜きで頑張ってきたこれまでの意地を絞り出して、皆に見せられたかなと思ってます」
真琴「私の試合は雁之助さんと組ませていただいて、佐藤光留さんと米山さんのチーム広末さんだったんですけど、ほんとに私も活動休止が決まる前に決まったカードだったので、カード変更も考えたんですけど、このままいこうって。でも、ちょっと諦めきれなくて最後に5分だけ、ほんとに拙かったんですけどREINA6人タッグをはじめてやりました。初めてですよね?」
茉莉「はい。純血」
真琴「たった5分では何もできないので、続きはリングで、違うリングで」

――真琴さんにとってはREINAとはなんだったんでしょうか?
真琴「REINAとは?ほんとに最初は上の人達が皆辞めちゃって、私はなりたくてトップになったわけではなくて、って思ってたんですけど、REINAの後輩と接するたびに、接するほどに、私がこの子達に夢を見させてあげたいって気持ちが強くなったので、なんだろう、結果的にはREINAにいてほんとに良かったです。REINAにいて私は変われました」
茉莉「私は元々プロレスを全然知らない状態で始めて、ゼロどころかマイナスから真琴さん、先輩方に教えていただいて、さっきも言ってましたけど真琴さんはそんなに人をぐいぐい引っ張るのがそんなに好きじゃない方なので、でもトップになって、その後輩たちのためにってすごい普段から、ほんと別にカメラ回ってるからとか本人の前だからっていうわけじゃなくて、ほんとに後輩の事をすごくいつもいつも考えてくれてて、なんていうんでしょう、本人がこれだけ華もあって技術もあるのに、こう、その、下の人が皆が皆がってすごいやってくれてて、すごいありがたいんですけど私は逆にちょっともどかしい部分もあって、真琴さんがでも、正直すごく重荷になってしまってた部分があるので後輩たちが。私達がいなければ、一人でもっともっと上に行ってたと思うんですけど、でもこれからは足かせがないので、真琴さんもどんどん上がっていただいて、私も負けないように、ちょっと離れてしまうかもしれないですけど、一生懸命追いかけたいと思います。ありがとうございました」
真琴「ありがとうございます」

――いい後輩が上手く育てられたんじゃないかなと
真琴「ほんとに茉莉さんがいたから心折れそうな時もなんとかREINAを辞める事なく、今日まで続ける事ができたので、でも茉莉さん私より年上なんですよ100歳超えてるんで。やっぱ頼りになりますね」
茉莉「忍術で」
真琴「私まだ28なんで」
茉莉「小娘ですね」
真琴「はい(笑)頼りになります」

――今後は
真琴「私はとりあえずREINAは退団してしまいます。今泰里と杏夏は相談中です。私も、ほんとに今後のことなにも決まってなくて、どうしましょうね。ほんとにフリーになるの初めてなんですよ。今までずっと移籍ばっかりだったんで。どうしましょう。考えます」
茉莉「明日は明日の風が吹く。こんだけ波乱万丈なREINAを乗り越えてきたので、どうにでもなりますねきっと」
真琴「ほんとに、力になりました」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る