鈴木軍の金丸&デスペラードがIWGPジュニアタッグ奪取!「こんなクリーンなチャンピオン中々いないよ」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、大田区総合体育館にて新日本プロレス『旗揚げ記念日』が開催された。第3試合ではIWGPジュニアタッグ選手権試合3WAYマッチが行われ、王者組であるSHO&YOHのROPPONGI 3Kに、鈴木軍のエル・デスペラード&金丸義信、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのBUSHI&高橋ヒロムが挑戦した。

 3Kが連携でロスインゴを追い込み、鈴木軍が要所要所でリングをかき乱す戦法で試合が進む。ヒロムはデスペラードに狙いを定めていき、3KがBUSHIを追い込むもBUSHIはSHOに毒霧。そのままBUSHIが逆さ押さえ込みを狙うが、金丸がBUSHIにウィスキー攻撃で視界を奪い、このすきにデスペラードがSHOを丸め込んで3カウント。
 ベルトを手にした鈴木軍はすぐさまリングを後にし、金丸は「好き放題やって最後は美味しいところを狙う。なんも文句ねぇだろ?正々堂々やったろ?」とベルトを掲げる。デスペラードも「正々堂々だよ。これだけグッチャグチャになっててもよ、試合権利最後まで守ってんだぜ?こんなクリーンなチャンピオン中々いないよ。適当にレフリーが見てねぇからってタッチもしねぇようなどうしようもないチャンピオンとは違うんだ。脳みその出来と、色んなものが違うんだよ。お前らはチャンピオンの器じゃない。俺達がチャンピオンの器だからベルトが来てるんだ。お前ら俺のこと魚のフンだとか金魚のフンだとか言ったな?金魚の糞に負けた気持ちはどうだ?ケツ拭く紙以下だ」と挑発した。

 この結果にロッキー・ロメロ監督は「NBAみたいに、アメリカンスポーツみたいに試合の流れをもう一回レビューして見直したらすぐに結果はわかるだろう。俺は鈴木軍に対して疲れ果てたよ。付き合っていられない。お前たちはとっととNOAHにでも帰ったらいいんじゃないか?新日本のファンだってお前らなんて求めてない。自分が監督になる前はもちろん現役の選手だった。もしああいう後ろから裏を書くようなズルいスタイルを貫き通すのであれば、ROPPONGI 3Kにも俺のレパートリーを伝授してやる」と、ヒール殺法の伝授を予告した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る