アスカが史上初の女子ロイヤルランブル戦で優勝!カイリ・セインは惜しくも敗退!元UFC王者のロンダ・ラウジーがレッスルマニアでアスカに対戦要求?!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 米国現地時間1月28日ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催されたPPV「ロイヤルランブル」でAJスタイルズがケビン・オーエンズ&サミ・ゼインを相手にハンディキャップWWE王座戦に挑み、アスカ、カイリ・セインは史上初の女子ロイヤルランブル戦に参戦した。


▼アスカが史上初女子ロイヤルランブル戦で優勝
 30人の女子スーパースターが競い合う史上初の女子ロイヤルランブル戦でアスカが快挙を達成した。
 25番目に登場したアスカはベラ姉妹(ブリー、ニッキー)、サーシャ・バンクスを含む最後の4人に残ると、優勝候補のアスカは3人から集中砲火を浴びる。しかし、アスカを攻撃するサーシャをベラ姉妹が後ろから捕まえるとそのまま放り投げて脱落。さらにアスカがブリーをエプロンに追いつめると、ニッキーは裏切ってブリーを不意打ちして脱落させてしまう。これで一騎打ちとなると2人はロープ際での攻防を展開。アスカがエプロンから関節技でニッキーを捕まえるとそのまま両者エプロンに倒れ込み、最後はアスカがニッキーの打撃で倒れるも、その隙にニッキーを蹴り落として勝利を収めた。
 史上初の女子ロイヤルランブル戦を制し、王座挑戦権を獲得したアスカはコーナーポストに上がると、レッスルマニアロゴを指さして自身の勝利をアピールした。

 試合後、RAW女子王者のアレクサ・ブリスとSMACKDOWN女子王者のシャーロット・フレアーがリングに上がると、そこへ突然元UFCバンタム級女子王者のロンダ・ラウジーが現れた。
 会場騒然の中、ラウジーはレッスルマニアロゴを指さすとアスカに手を差し出した。この握手をアスカが拒否すると再びレッスルマニアを指さして会場を後にした。アスカの王座挑戦、さらにラウジー登場で盛り上がりを見せるWWE最大の祭典「レッスルマニア34」は米国現地時間4月8日に行われ、日本時間4月9日にWWEネットワークで(日本語実況版有り)で生配信される。


▼カイリ・セインがロイヤルランブル戦にサプライズ登場
 30人の女子スーパースターが競い合う史上初の女子ロイヤルランブル戦でカイリ・セインがサプライズ登場した。
 6番目に登場したカイリはサラ・ローガンにかかと落とし、リタに行進ポーズからのスライディングエルボーを決めると、さらにサーシャをネックブレーカーで沈めて、トップロープから必殺のインセイン・エルボーを炸裂させた。多彩な技でその実力をファンに見せつけたカイリだったが、8番目に登場したデイナ・ブルックにコーナートップから落とされて脱落した。


▼AJスタイルズ vs. ケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン
 「俺たちは次期共同WWE王者だ」と王座戦勝利宣言をしているオーエンズ&ゼインは1対2のハンディキャップ王座戦で王者AJスタイルズを相手に心理戦を展開した。
 試合がAJスタイルズとオーエンズで始まると、オーエンズは闘うと見せかけてゼインと交代し、その後も交代を繰り返してスタイルズを翻弄。ペースを掴めず劣勢となるスタイルズだったが、フェノメナル・フォアアームをゼインに決めると本来の勢いを取り戻した。スタイルズは交代しようとするゼインを寸前のところで抱え上げて場外に落とすと、ポップアップパワーボムを狙うオーエンズをスタイルズがカサドーラで丸め込んで3カウント。
 試合後、タッチは成立していないとクレームをつけるオーエンズ&ゼインだったが、判定は覆らずにスタイルズがハンディキャップマッチを制して王座防衛を果たした。また、この日行われたロイヤルランブル戦では優勝した中邑真輔が王座挑戦権を獲得。米国現地時間4月8日に行われるWWE最大の祭典「レッスルマニア34」ではAJスタイルズ対中邑真輔のWWE王座戦が決定した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×