ヨシタツがTBSドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』に出演決定!「WWEで学んだ演技力を総動員した」

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1月14日(日)からTBSにて放送が開始された日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』。第1話にオカダ・カズチカと田口隆祐が出演し、平均視聴率15.1%の好発進!その第3話(28日)にヨシタツの出演が決定した。

 『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』は、2016年4月期に放送された同作のSEASON Iの続編。嵐の松本潤さんが主演を務め、『逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく弁護士の姿を描いた、新感覚・痛快リーガル・エンターテインメントドラマ』である。
 第3話にゲスト出演するヨシタツは、2002年に新日本プロレスでデビューし、2008年に世界最大のプロレス団体であるWWEと契約。ディベロップメント契約(育成選手)から昇格した初の日本人選手としてプロレス界の歴史に名を刻む結果を様々残し、2014年に新日本プロレスに凱旋。しかし、AJスタイルズのスタイルズ・クラッシュを受けたヨシタツは第2頸椎粉砕骨折という大怪我を負い、選手生命を揺るがす怪我に見舞われた。
 2016年に復帰するも、BULLET CLUBハンターとしてキャプテン・ニュージャパンと活動するがキャプテンに裏切られ、タグチジャパンに加入するも田口監督から戦力外通告を受ける。そんな中、現在では全日本プロレスで活躍し、三冠ヘビー級王座に挑戦するほどに復活した。

 今回のドラマ出演に関してヨシタツは「そうそうたる方々が出演されている人気ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』に出演させていただいて光栄です。木村監督から「本人役で」と言われたときは、「何人の人が認識してくれるかなあ?」と不安でした。今もです(笑)。WWEで学んだ自分のつたない演技力を総動員したつもりです。これを機に「ヨシタツ」という名前と“私たちの流行りのポーズ”が浸透していけば幸いです(笑)。プロレスを知らない人は、これを機にプロレスに興味を持ってもらって、逆にプロレスが好きで(ドラマも)見はじめた人は、ストーリーや俳優さんに興味を持ってもらったら、お互いの業界にとって最高だと思います。『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』思いっきり楽しんでください(^_^)」とコメント。

 ヨシタツのワールドフェイマスな演技力が地上波でどのように発揮されるか期待が集まる。

<作品概要>
 本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。タイトルの「99.9」は、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)を示している。世界一の有罪率を誇っており、日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえるが、そこには大きな落とし穴が隠されている。一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちなのだ。さらに、刑事事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ないため、丁寧に検証することは極めて困難となってしまう。しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実”に辿り着いたことにはならない。本ドラマは、最後の0.1%まで諦めず事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描いた物語。
さらに、前作で描かれた「弁護士」と「検察官」の攻防という世界観のみに留まらず、新たに「裁判官」の視点を加えることによって、より見応えのある日本の司法のトライアングルを表現するのがSEASON IIの大きな特徴だ。

 SEASON IIのキャストとして、前作に引き続き主人公の深山大翔(みやまひろと)役を演じる松本潤、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘(さだあつひろ)役に香川照之、新ヒロインとして元裁判官・尾崎舞子(おざきまいこ)役を演じる女優・木村文乃、深山大翔に立ちはだかる裁判官・川上憲一郎役を演じる笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべ)、松本潤とはドラマ初共演となるSexy Zone・佐藤勝利(さとうしょうり)などの出演が発表されている。

<第三話あらすじ>
 人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から茅ヶ崎が強請られていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。
 最終的にその事実が警察にバレてしまったため、“茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していた”とされてしまったのだ。“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた  佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、責め立てる深山たち。しかも、殺人事件では目撃証言が、殺人未遂事件では凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!
 そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は「お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい」と激励するが・・・。
崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ出し、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

<放送枠>
日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』
日程:1月28日(日)
放送時間:21:00~21:54

【脚本】宇田学
【トリック監修】蒔田光治
【プロデュース】瀬戸口克陽/東仲恵吾
【演出】木村ひさし/岡本伸吾
【製作著作】TBS
【同時ネット】JNN28局
【宣伝担当】川鍋昌彦、伊藤隆大

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×