元祖ツヨカワファイターを倒し、女子格闘技界のニューヒロイン・渡辺華奈が誕生!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』にて、“元祖ツヨカワファイター”杉山しずかvs“柔の美獣”渡辺華奈の試合が行われた。

 杉山は2008年にプロデビューし、現役女子大生ファイターとして活躍。大学卒業後もJEWELSで活躍するも、結婚出産でのブランクを経て今年2月に復帰。念願のRIZIN参戦だが「ここで勝たないと未来がない」と覚悟を決めて挑む。
 対する渡辺はこの試合でプロ2戦目となるが、7歳から柔道を始め柔道全日本強化指定選手に選ばれた逸材。

 試合は172cmの身長がある渡辺がリーチの差をみせていき、テイクダウンを奪い胴締めスリーパー。これでは極めきれず、杉山が逆に仕掛けていく場面が目立つ。3Rになると、渡辺はマウントポジションからパウンドを落としていき、逃れようとする杉山に腕ひしぎへ。杉山は立ち上がり顔面を踏みつけていくが、渡辺は腕を離さず時間切れに。判定は3-0で渡辺を支持し、見事渡辺が“ツヨカワファイター”の世代交代を行った!

 渡辺は「ファイターズフロウ所属の渡辺華奈です。私はまだ2戦目なんですけどどうですか?一本勝ちやKOは出来なくて申し訳なかったんですけど、国内トップということは示せましたでしょうか?今後MMAの選手として女子格闘技、RIZIN、そしてDEEPジュエルス、全部自分が引っ張ってドンドン盛り上げていきたいです。自分は総合格闘家だけど、柔道の魂を持っているし、柔道の心構えを伝えたかったので柔道着を着てきました。今後は、海外の選手とか強い選手を呼んでいただけたらRIZINでやって行きたい。あと、勝ったら佐伯さん(佐伯繁・DEEP代表)がお肉をごちそうしてくださるという話だったのでごちそうになりたいです(笑)これから総合格闘家・渡辺華奈として名前が広まって行くと思うので、注目してください」と笑顔でコメント。

 対する杉山は涙ぐみながら「かなり悔しい。1Rは取ったと思ったけど、あえてセコンドには質問しないで2Rに入った。セコンドは冷静なのでもっといけということだった。ストライキングは怖い感じはなかったけど、倒せるパンチが私になかったために組まれてしまった。2年ぶりでも力が入っていたし、スタミナも問題なく闘えた。でも慎重に行き過ぎたところがあった。この試合に勝って輝く未来というイメージがあったのに、めちゃクチャ絶望している。たくさんの人に助けてもらって格闘技を続けられているけど、勝たないと……みんなに笑顔を見せたいけど、勝たないとただ子供に寂しい思いをさせただけ、みんなに迷惑をかけただけになっちゃう。最後にそのことを思い出せばよかった。もっと責任があるということを。この先、取り返さないといけないのかも知れないけど、来年挑戦していくっていう資格があるのか……」と絶望した表情で会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る