7・25ガッツワールド新木場大会の全カードと見所が発表!ミスター雁之助がガッツ復帰戦!ミステリーと石島が4年ぶりのシングルマッチ!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ガッツワールドvol.110 武骨大戦2017』
日時:7月25日(火)
開始:19:00
会場:東京・新木場1stRING

▼「ドレイク兄弟関東初見参!」(30分1本勝負)
ドレイク森松/ドレイク高井
vs
石田慎也(スポルティーバ)/ミクロ(フリー)

 5.28大阪大会で突如として現れたドレイク高井。そのクオリティの高さに大阪のファンはもちろん、森松本人も大爆笑。ドレイク兄弟として新木場に逆上陸することになった。きっと東京のファンの心も掴んでくれるはずだ。

▼「Guts女子プロレス」(30分1本勝負)
パピヨン朱美(デラべっぴん)
vs
ASUKAMA(カマプロ)

 5.5後楽園大会で豊田真奈美と対戦したことにより、全女イズムを叩き込まれたパピヨンが、世界のASUKAMAとシングル対決。ガツ女ワールドが爆発する。

▼「超龍激闘」(30分1本勝負)
CHANGO(フリー)
vs
アミーゴ鈴木(フリー)

 ウルティモ・ドラゴン門下生によるシングル対決が久々に実現。お互いに手の内を知り過ぎているだけに、ハイレベルな攻防に期待したいが、トンパチ入りしたアミーゴのラフファイトは要注意。

▼「SURVIVAL TAG WAR」(30分1本勝負)
新井健一郎(DRAGON GATE)/バッファロー(魔界)
vs
ディック東郷(フリー)/梁和平(新北京)

 ハッとしてgoodがディック東郷と対戦。折原昌夫とのトリオでGWC6人タッグ王者でもある東郷&梁のコンビネーションには、ハッとしてgoodも手を焼くことになりそう。しかしここで勝てばGWCタッグ王座挑戦も見えて来るだけに負けられない。

▼「CHALLENGE THE VIOLENCE WALL」(30分1本勝負)
大谷譲二
vs
折原昌夫(メビウス)

 成長著しい大谷が、レジェンド折原とシングル対決。折原以外のトンパチのメンバーはこの試合までに試合を終えているだけに、若い大谷相手でもセコンドに付いて折原に加担する可能性が極めて高い。また折原も若手とのマッチメイクに腹を立てていてもおかしくない。大谷はそんな折原から一瞬の隙をつくことが出来るのか?

▼「ミスター雁之助ガッツワールド復帰戦!」(45分1本勝負)
ミスター雁之助/影山道雄(フリー)
vs
松田慶三(フリー)/YUJI KITO(ASUKA PROJECT)

 4月から長期欠場を続けていたミスター雁之助が今月から復帰を果たし、ホームリングであるガッツワールドにも帰って来る。対戦相手はタッグなら1年以上無敗の松田&KITOのGWCタッグ王者組。ここは復帰戦で勝利を飾り、タイトル戦線に絡みたいところ。

▼「スペシャルタッグマッチ」(30分1本勝負)
ダイスケ/黒田哲広(フリー)
vs
TORU(道頓堀)/阿部史典(スポルティーバ)

 前回の大会で激闘を繰り広げたTORUと阿部が一時休戦しタッグを結成。GWCシングル王者ダイスケと、レジェンド黒田の強力タッグと対戦する。トップクラスとの対戦を熱望していたTORUは、ガッツのトップであるダイスケとタッグながらもついに闘うことになった。TORU&阿部は勢いとパワー、そしてキレがあるだけに、ダイスケ&黒田も決して侮れない相手である。

▼「GWC認定シングル王座次期挑戦者決定戦」(60分1本勝負)
マスクドミステリー
vs
ガッツ石島

 前回の大会で、CHANGOを相手にGWCシングル王座を防衛したダイスケに対して「次はオレがやってやるよ!」とリング下から叫んだガッツのアピールがGWCタイトル実行委員会に認められ、「もう一度やらせてほしい」と5.5後楽園大会のリターンマッチを希望していた前王者ミステリーとの間で挑戦者決定戦を行う運びとなった。
 両者がシングル対決を行うのは2013年8月以来、約4年振り。ガッツワールドが誇るヘビー級対決なだけに、ど迫力な挑戦者決定戦に期待したい。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る