アスカ(華名)がトリプルスレット王座戦で防衛に成功!ヒデオ・イタミ(KENTA)がNXT王座挑戦も敗北

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5月20日(米国現地時間)、イリノイ州シカゴのオールステート・アリーナにて『NXTテイクオーバー:シカゴ』が開催され、その模様が5月21日(日本時間)にWWEネットワークで放送された。
 2015年2月の第一回大会から数え、今回で16回目となる特番『NXTテイクオーバー』。今回の『NXTテイクオーバー:シカゴ』ではイタミ・ヒデオ(KENTA)がNXT王者ボビー・ルードと対戦。NXT女子王者アスカ(華名)はニッキー・クロス、ルビー・ライオットとトリプルスレット形式で対戦した。

▼トリプルスレット形式NXT女子王座戦
【王者】○アスカ
ルビーへのスライディングキック→二人まとめて体固め
【挑戦者】●ニッキー・クロス
【挑戦者】●ルビー・ライオット
※アスカが6度目の防衛に成功

 ニッキーがルビーに急襲しラリアットで場外に叩き出すと、アスカに走り込むがアスカはロープに振られるとエプロンに登ったルビーにヒップアタックで再度場外に叩き出す。アスカは走り込むとニッキーにもヒップアタック。ニッキーはクロスボディアタックで倒し髪を掴んで後頭部をリングに叩きつけると、アスカの髪をつかむがアスカは振り回してニッキーを場外へ投げ捨てる。そのすきにエプロンに登ったルビーがリングへ。

 ショルダータックルのぶつかり合いからアスカが追走攻撃を狙うがルビーは丸め込むが2。アスカはコーナーに振って走り込むが、ショルダースルーでエプロンにアスカを落としたルビーが裏拳で場外に叩き出す。
 ルビーはトペを狙うが、ニッキーがショルダータックルで追突し場外に出す。
 場外乱闘となり、ニッキーはルビーをアスカに振るとルビーは鉄階段からジャンピングエルボー。そのルビーをニッキーが後ろから突き飛ばす。

 ニッキーはルビーをリングに投げ入れヘッドバッドからコーナーに叩きつけると串刺しスピアー。さらにサミングから四つん這いのルビーの背中にハンマーブロー。ニッキーはネックブリーカーも、アスカがコーナーからニッキーにミサイルキックを叩き込みそのままルビーに落下。ルビーは場外に転がり落ちる。
 膝立ちのニッキーにミドルキックを連発するアスカだったが、ニッキーはボディにエルボーからネックブリーカードロップ。
 アスカは立ち上がるとソバットからコードブレイカー。ルビーが走り込みローキック連発も、アスカはその足をキャッチし強引にパワーボムからアンクルロック。ニッキーが背中をひっかきこれをカットしようとするがアスカは離さない。ニッキーはエルボーでカットするとロープに飛ぶが、アスカは追走エルボー
 そこへルビーが丸め込むが、アスカが返してニッキーがルビーにエルボー。アスカはニッキーに走り込むがニッキーはロープをたゆませアスカを場外に落下させる。

 ニッキーはルビーの顔面をはたくと髪をつかむが、ルビーはチョップで倒しラリアット。更にショルダータックルからドロップキックで倒す。アスカがルビーをコーナーに叩き込もうとするが、耐えたルビーが飛びつきウラカン・ラナ。さらにニッキーの顔面をコーナーに叩き込む。だがアスカがルビーの顔面もコーナーに叩き込むと、ニッキーにラリアットもニッキーはショルダータックルで場外に叩き出し場外ダイブ。そこをアスカが膝蹴りで迎撃し、ルビーがそのアスカへトペ・スイシーダ。
 リングにルビーがニッキーを投げ入れ、ルビーがダイビングセントーンを投下。フォールもアスカがぶっこ抜きジャーマンでルビーを叩きつける。これをルビーがキックアウトすると、アスカは今度はニッキーにぶっこ抜きジャーマンを狙うが、バックエルボーで逃れたニッキーが裏拳もキャッチしネックブリーカーからフォールも2。
 ニッキーはルビーの背中に飛び乗りフェイスロックも、アスカはニッキーのバックを取り、ルビーがニッキーにトラースキックからアスカがジャーマン。ルビーはアスカにもトラースキックからダイビングセントーンも、アスカは避けてアスカロック。そこを二人まとめてニッキーがダイビングボディプレスで圧殺。

 エプロンに逃れたルビーをニッキーが変形DDTで叩きつけると、スライディングキックを狙ったアスカをリングと外幕の間に巻き込んでエルボー連打。
 ニッキーはアスカをリングに引きずりコーナーに座らせると雪崩式ネックブリーカー。フォールもルビーがカット。
 ニッキーはラリアットも、避けたルビーが走り込むとニッキーはクロスボディアタックで迎撃。

 アスカはロープにもたれかかるも、ニッキーとルビーがダブルのラリアットでアスカを場外に叩き出すと、ニッキーがルビーにスクールボーイも2。今度はルビーが丸め込むが2。ニッキーがランニングニーからフィッシャーマンを狙うが、ルビーがジャンピングハイキックを叩きこんでフォールもアスカがスライディングキックでカット。倒れた二人をアスカが二人まとめて体固めで3カウント。


▼NXT王座戦
【王者】○ボビー・ルード
グロリアスDDT
【挑戦者】●ヒデオ・イタミ
 ロックアップからボビーが押し込むがクリーンブレイク。グロリアスポーズで挑発するボビーにGTS(go 2 sleep)を狙うヒデオだったが、ボビーは着地し場外へ。

 ボビーがバックを取りヘッドロックで捕らえショルダータックル。再度走り込むがヒデオはバックエルボーで迎撃しフォールも1。
 ヒデオがヘッドロックで捕らえグラウンドへ。ボビーがコーナーに押し込みショルダータックルから逆水平チョップも、ヒデオはこれを避けて逆水平チョップ。だがボビーがトーキックからコーナーに押し込み逆水平チョップも、ヒデオはこれを避けてチョップ連発からロープに振ってニーリフト。さらにサッカーボールキックを叩き込む。

 ボビーを引き起こし首投げから顔面にニードロップ連発。さらに顔面を飛び越えて後ろ足で顔面を蹴りつけるとグロリアスポーズ。これに怒って走り込んだボビーにニーリフトからコーナーに押し込みナックル。ボビーは逆コーナーに振るも足を伸ばしてカットしたヒデオがスイングDDTを狙うが、ボビーは突き飛ばして落下させると、走り込んできたヒデオにバックエルボーからダイビングネックブリーカー。フォールも2。
 ボビーはマウントでナックル連打からストンピング。ロープに押し込みサミングから背中を蹴りつける。

 コーナーに押し込んでチョップから逆コーナーに振ると追走ラリアット2連発。ボビーはネックブリーカー・ドロップからフォールも2。
 ボビーはフェイスロックもボディにエルボーを叩き込み逃れたヒデオがロープに飛ぶがボビーは追走ニーリフトからネックブリーカーを狙うがヒデオは逆さ押さえ込みも返したボビーがラリアットでなぎ倒す。

 立ち上がったヒデオが強烈な平手打ち。ボビーはビッグブーツもヒデオはソバットから下から蹴り上げロープに飛ぶとショットガン・キック。両者ダウン。
 ヒデオはラリアット連発からミドルキック連打からソバット。さらにフィッシャーマンスープレックス。ボビーがコーナーに振るもヒデオはコーナーに飛び乗り旋回式カッターでロープに叩き込む。ヒデオはダイビングラリアットを叩き込みフォールも2。

 ヒデオはGTSを狙うが、耐えたボビーがコーナーに叩き込みスピアーも、ヒデオは避けて鉄柱に自爆。ヒデオはミドルキック連打からサッカーボールキックも、ボビーは避けてスクールボーイを狙うがその腕を巻き込んで脇固め。返したボビーがハイキックを避けてフロントネックロック。ヒデオはコーナーに押し込んで逃れるとミドルキック連打からコーナーに座らせ正面に登る。だがボビーはボディブローからエルボーで落とすと、ウルトラタイガーアタックもヒデオは避けて自爆させるとみちのくドライバー。フォールも2。

 ヒデオはミドルキック連打でコーナーに押し込み、串刺し攻撃を狙うがボビーはスパインバスターで迎撃しフォールも2。
 ボビーはグロリアスポーズも、ヒデオはGTSで返そうとするがエプロンに着地したボビーがロープを使ったスタナーで迎撃。ボビーは場外の壁にヒデオを叩きつけていくが、ヒデオもボビーを鉄階段に叩きつける。ヒデオは助走をつけてドロップキックも、ボビーが避けて鉄階段に自爆。
 
 リングに戻り、ナックル合戦からヒデオがボディブローからローリングチョップ。コーナーに押し込み串刺し低空ドロップキックを顔面に叩き込むとGTSを狙うが、着地したボビーがグロリアスDDT。フォールも2。
 ボビーが近づいた所をヒデオはGTS。場外に転がり落ちたボビーをリングに投げ入れフォールも2。

 ヒデオはGTSを狙うがボビーが前方回転エビ固めで切り返そうとするもヒデオは潰してフォールも2。ボビーはグロリアスDDTを狙うが首を抜いたヒデオがナックル連打で倒す。ヒデオはGTSを狙うがボビーはグロリアスDDT2連発。これでボビーが勝利し王座防衛に成功した。

WWEネットワーク:http://network.wwe.com

『NXTテイクオーバー:シカゴ』
日程:5月20日(米国現地時間)
会場:オールステート・アリーナ(イリノイ州シカゴ)

▼第1試合
○ロデリック・ストロング
vs.
●エリック・ヤング

▼第2試合 WWE UK王座戦
○ピート・ダン
vs.
●タイラー・ベイト

▼第3試合 トリプルスレット形式NXT女子王座戦
○アスカ
vs.
●ニッキー・クロス
●ルビー・ライオット

▼第4試合 NXT王座戦
○ボビー・ルード
vs.
●ヒデオ・イタミ

▼第5試合 ラダー形式NXTタッグ王座戦
○AOP
vs.
●#DIY

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク:http://network.wwe.com
※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません

(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る