【会見】試合直前にNEW ERA崩壊危機!リーダーの稲葉は「俺の心が明日壊れるかもしれない」と頭を抱える!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 記者会見に登場したのは明日の後楽園大会で鈴木鼓太郎&立花誠吾&頓所隼と対戦する稲葉大樹&吉岡世起&児玉裕輔のNEW ERAの3人だ。
 4.23川口大会での稲葉の発言により傷ついた吉岡、そして稲葉の足を引っ張っていると悩む児玉と、無差別以外のベルトを手にしているにもかかわらず、NEW ERAは今や崩壊の危機に瀕している。本日の会見で、それぞれがその胸中を語った。

稲葉「今NEW ERAでリーダーとしてやっているんですけど、ちょっとNEW ERA内でちょっと僕は些細なことだと思っているんですけど、いろいろゴタゴタがあるんですけど、明日の5月4日の後楽園で児玉さんと、前回僕は悪気はなかったんですけど、僕の発言で吉岡さんを傷つけてしまったという。まあ、明日の試合でもう一度3人でガッチリ勝って、NEW ERAの絆を確かめたいと思っています」
吉岡「この間の川口での稲葉の発言を僕は許せてないですし、自分自身も許せてないですけど、こういうゴタゴタを些細なことって言えるその無神経さがリーダーとしてどうなのかなって。リーダーとしてもっと気を配れれば、こだっち(児玉のこと)もこんなに落ち込まないだろうし……ちょっとリーダー失格なんじゃないの!」

※吉岡は言いたいことを言うと1人で会見場から退場。

児玉「僕は稲葉さんとのタッグでもっともっと上にいきたいと思っているんですけど、ここ最近の負けは全部僕のミスで負けてます。僕は稲葉さんのことを最高のタッグパートナーだと思っているんですけど、稲葉さんを助けようとすればするほど、ドンドンドンドン空回って、全部ダメな方向にいってしまいます。僕はもっと稲葉さんとタッグで上にいきたいんですけど、こんなにうまくできない自分が悔しいし、それにそのせいで稲葉さんに悲しい悔しい思いをさせてしまう自分が凄く許せないです……。もっともっと……アシストしていきたいんですけど、2人でのし上がっていきたいんですけど……」

※児玉はマイクを置き顔を覆ってしばし沈黙。

児玉「(マイクを使わずに再びしゃべり始める)そのアシストしようと思う気持ちが強くなるほど全部空回ってしまうんで、今どうすればいいかわからないです。もしかしたら僕、稲葉さんの隣にいないほうがいいかもしれないです」

※児玉は暗い表情のまま会見場から退場。

稲葉「……俺の心が明日壊れるかもしれない」

 試合直前にもかかわらず、3人とも心がバラバラのNEW ERA。もはやチームとしての体をなしてない気もするが、このまま崩壊への道を進んでしまうのか? 崖っぷちのNEW ERAから逆に目を離せそうにない。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 TRIUMPH』
日時:2017年5月4日(木・祝)
開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール大会

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第11代王者】芦野祥太郎
vs
【挑戦者】征矢学
※第11代王者2度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第8代王者組】土肥孝司/熊ゴロ―
vs
【挑戦者】河野真幸/伊藤貴則(ACE)
※第8代王者組2度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第8代王者】アンディ・ウー
vs
【挑戦者】MAZADA(東京愚連隊)
※第8代王者初の防衛戦。

▼黒潮“イケメン”二郎 復帰戦 シングルマッチ
黒潮“イケメン”二郎
vs
近藤修司

▼スターダム提供試合 シングルマッチ
木村花(ACE)
vs
刀羅ナツコ(スターダム)

▼タッグマッチ
カズ・ハヤシ/藤村康平
vs
NOSAWA論外(東京愚連隊)/タナカ岩石(ACE)

▼6人タッグマッチ
稲葉大樹/吉岡世起/児玉裕輔
vs
鈴木鼓太郎(フリー)/立花誠吾(ACE)/頓所隼(ACE)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×